「バルトロメオス1世を全正教会の最高指導者とは認めない」とロシア正教会のモスクワ総主教キリル1世

 

カトリックとプロテスタントと並ぶ3大教派の一つ、1054年の東西教会の分裂(大シスマ)で西方教会(カトリック)と分かれた東方正教会で大きな対立が起きている。

モスクワ総主教キリル1世(写真:kremlin.ru)

世界キリスト教情報(CJC)によると、ロシア正教会のモスクワ総主教キリル1世(72)は昨年12月30日、全世界の正教会で最も高い権威を持つコンスタンチノープル(現イスタンブール)総主教庁のエキュメニカル総主教バルトロメオス1世(78)に書簡を送り、「全正教会の最高指導者とはもはや認めない」と通告した。ロシア正教会は世界の正教会でも半数を占め、最大の信徒数を誇る。

エキュメニカル総主教バルトロメオス1世(写真:Pvasiliadis)

コンスタンチノープル総主教庁が、ロシア正教会に次いで信徒数の多い(全世界の正教会の16%)ウクライナの正教会の独立を承認したことが発端。それまで3世紀にわたってウクライナの正教会を管轄下に置いてきたロシア正教会は激しく反発し、コンスタンチノープル総主教庁との交流断絶を表明していた。

そうした中、コンスタンチノープル総主教庁のエキュメニカル総主教バルトロメオス1世は昨日5日、ウクライナの正教会に「独立正教会」の地位を付与するという「トモス」(宗教上の決定文書)に署名し、ウクライナ正教会のトップであるエピファニー総主教に授与した。イスタンブールにあるコンスタンチノープル総主教庁で執り行われたその儀式には、ウクライナのポロシェンコ大統領とその家族も出席した。

ウクライナは、北東をロシアに接する東ヨーロッパの国。1686年、永遠平和条約によってロシアとポーランドがウクライナを分割し、東部はロシアに併合されるとともに、ウクライナの正教会はコンスタンチノープル総主教庁からモスクワ総主教庁に移された。1991年、ソ連崩壊に伴ってウクライナは独立。コンスタンチノープル総主教庁は10月、当時の文書の効力を取り消し、ウクライナの正教会を独立させる手続きが始まった。2014年にロシアがウクライナ南部クリミア半島を編入して以降、両国の関係は悪化している。

Share

Related Posts

None found

  1. 負傷したパレスチナ人を救うために 「アハリー・アラブ病院を支援する会」

  2. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在① 福音派の危機の核心(後編)

  3. 教皇訪日は来年11月後半、3泊前後と前田万葉枢機卿が見通し

  4. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】12月25日からが本当のクリスマス(対訳)

  5. コロナ禍で緊縮に迫い込まれるバチカン財政

  6. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】牧師の誘惑──罪は目に見えるが、その根は見えない(対訳)

  7. 聖書全巻翻訳が700番目の言語にまで到達 2020年9月8日

  8. エルサレムでパレスチナ人とイスラエル当局が連日衝突

  9. 上智学院ソフィア・アーカイブズ 教皇フランシスコ来校1周年記念のオンライン企画展開催

  10. 精神科医の田中哲さん講演 子どもたちに教会コミュニティーができること

  11. 【米CT】福島の地震から10年。余震が続く中で日本の教会が学んだこと。(2)

  12. 飯謙氏、「聖書協会共同訳」について語る(1)

  13. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団、指導層トップに女性を起用

  14. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】この夏の大ヒット映画は、世代間で知恵を伝えることの重要性を示す(前編)

  15. バチカンがコロナ禍で赤字拡大の見通し 2021年2月22日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。