「人」 一覧

元日本基督教団総会議長の後宮俊夫さん、召天 96歳
元日本基督教団総会議長の後宮俊夫(うしろく・としお)さん(日本基督教団隠退牧師)が12月23日、老衰のため召天した。96歳。葬儀は12月26日、セレマ草津シティホールで行われた。喪主は長男で日本基督教団・霊南坂教会主任牧師の後宮敬爾さん。
広島キリスト教会名誉牧師の植竹利侑氏、召天 87歳
植竹利侑(うえたけ・としゆき)氏(単立・広島キリスト教会名誉牧師)が26日に召天した。87歳。前夜式は29日午後7時、葬儀は30日午後1時から広島キリスト教会(広島市南区北大河町39-1)で執り行われる。
【インタビュー】青山学院院長の山本与志春さん 「地の塩、世の光」となるサーバント・リーダー育成を目指す(後編)
青山学院は幼稚園から大学・大学院までを擁し、キリスト教信仰に基づく建学の精神で「人と社会のために何ができるか」を考え、実践し続けている。昨年7月に院長に就任した山本与志春(やまもと・よしはる)さんに話を聞いた。後編はこれまでの歩みなど。
【インタビュー】青山学院院長の山本与志春さん 「地の塩、世の光」となるサーバント・リーダー育成を目指す(前編)
青山学院は幼稚園から大学・大学院までを擁し、キリスト教信仰に基づく建学の精神で「人と社会のために何ができるか」を考え、実践し続けている。昨年7月に院長に就任した山本与志春(やまもと・よしはる)さんに話を聞いた。前編は青学の教育方針について。
ドキュメンタリー映画「牧師といのちの崖」の加瀬澤充監督、煙草谷有希子プロデューサーに単独インタビュー
ドキュメンタリー映画「牧師といのちの崖」が来年1月19日から劇場公開される。自死する人が後を絶たない場所で牧師として働く藤藪庸一さんに密着したドキュメンタリーだ。監督の加瀬澤充さんと、プロデューサーの煙草谷有希子さんに話を聞いた。
元「週刊文春」編集長、ジャーナリストの宮田親平氏召天 87歳
宮田親平氏(みやた・しんぺい=ジャーナリスト、元「週刊文春」編集長)が18日午後2時16分、肺炎のために召天した。87歳。葬儀は21日午後1時半から日本同盟基督教団・中野教会(東京都中野区東中野2の21の7)で執り行われる。
聖書事業功労者賞は宮原守男氏、日本福音功労賞は吉持章、藤井圭子、星野富弘の3氏
第29回「聖書事業功労者賞」表彰式(主催:日本聖書協会)が6日、日本基督教団・銀座教会(東京都中央区)での日本聖書協会クリスマス礼拝の中で行われた。虎ノ門法律事務所代表(弁護士)で教文館会長の宮原守男氏(90)が受賞した。
童謡「サッちゃん」の作曲家、大中恩(めぐみ)さん召天
童謡「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」などで知られる作曲家の大中恩(おおなか・めぐみ)さんが3日午後9時40分、菌血症のため東京都港区の老人ホームで召天した。94歳。葬儀は8日正午、日本基督教団・霊南坂教会(東京都港区赤坂1の14の3)。
グアテマラでエホバの証人が殺害された事件について齋藤篤牧師に聞く
中米グアテマラで4日、日本人のエホバの証人の女性が殺害された事件で、亡くなったのは神奈川県出身のフルート奏者、木本結梨香さん(26)であることが分かった。元エホバの証人で、現在、日本基督教団・深沢教会牧師の齋藤篤さんに話を聞いた。
【インタビュー】ジャズ・ピアニスト出口誠さん、美樹子さん夫妻(後編) 出会いはアメイジング・グレイス
ジャズ・ピアニストの出口誠さん(49)がアルバム「Ave Maria」(ライフ・クリエイション)をリリースした。後編では、出口さんと妻の美樹子さんに、これまで歩んできた道のりについて話を聞いた。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.