ワールド・ビジョン・ジャパン事務局長の木内真理子さんに聞く(後編) 「自分にはできない」と思ったとき、神への祈りが出てくる
「すべての子どもに豊かないのちを」というビジョンを掲げる国際NGO「ワールド・ビジョン」は、米国人宣教師ボブ・ピアスによって創設された。ワールド・ビジョン・ジャパン(東京都中野区)事務局長の木内真理子(きない・まりこ)さんに話を聞いた。
資金規模52億円、ワールド・ビジョン・ジャパン事務局長の木内真理子さんに聞く(前編) 「すべての人々に『何もかも』はできなくとも、誰かに『何か』はきっとできる」
「すべての子どもに豊かないのちを」というビジョンを掲げる国際NGO「ワールド・ビジョン」は、米国人宣教師ボブ・ピアスによって創設された。ワールド・ビジョン・ジャパン(東京都中野区)事務局長の木内真理子(きない・まりこ)さんに話を聞いた。
東京キリスト教学園名誉理事長の吉持章氏の合同葬 多くの献身者を生み出した豪傑にして繊細な伝道者
東京キリスト教学園名誉理事長の吉持章(よしもち・あきら)氏の合同葬(同学園と遺族)が24日、東京基督教大学(千葉県印西市)で行われた。日本同盟基督教団、日本福音同盟、いのちのことば社の理事長も歴任した吉持氏は、先月14日、83歳で召天した。
【「AMOR」との共同インタビュー】イエズス会日本管区長補佐・山岡三治神父 イエズス会を語る(後編)
イエズス会日本管区長補佐の山岡三治神父に話を聞いた。プロテスタントからカトリックに「転会」した自身の信仰歴とイエズス会のこと、教皇フランシスコが来日するのに先駆けイエズス会総長であるアルトゥーロ・ソーサ神父が来日することについても話が及んだ
【「AMOR」との共同インタビュー】イエズス会日本管区長補佐・山岡三治神父 イエズス会を語る(前編)
イエズス会日本管区長補佐の山岡三治神父に話を聞いた。プロテスタントからカトリックに「転会」した自身の信仰歴とイエズス会のこと、教皇フランシスコが来日するのに先駆けイエズス会総長であるアルトゥーロ・ソーサ神父が来日することについても話が及んだ
東京キリスト教学園と遺族による吉持章氏の合同葬
東京キリスト教学園と遺族による吉持章(よしもち・あきら)氏の合同葬が7月24日午後1時~午後2時30分(受付開始11時半)に執り行われる。その後、「お別れの時」が東京基督教大学チャペル他(千葉県印西市内野3-301-5)で開かれる。
【インタビュー】新しく牧師になった中島共生さん 自分が与えられたものを分かち合う時、信徒は応えてくれる(後編)
新しく日本福音ルーテル教会の教職として任命される「教職受任按手式」が3日、日本福音ルーテル東京教会(東京新宿区)で行われた。ルーテル学院大学で6年間学び、4月から牧師として遣わされる中島共生さん(30)に話を聞いた。
【インタビュー】新しく牧師になる中島共生さん 「これが最後」とあきらめた時に神様の出来事が(前編)
新しく日本福音ルーテル教会の教職として任命される「教職受任按手式」が3日、日本福音ルーテル東京教会(東京新宿区)で行われた。ルーテル学院大学で6年間学び、4月から牧師として遣わされる中島共生さん(30)に話を聞いた。
元上智大学教授の増田祐志氏、帰天 55歳
増田祐志(ますだ・まさし)元上智大学教授が9日、同大内のSJハウスにて帰天した。55歳。通夜は13日午後7時半から、葬儀・告別式は14日午後1時半から、カトリック麹町(聖イグナチオ)教会主聖堂で。
元日本基督教団総会議長の後宮俊夫さん、召天 96歳
元日本基督教団総会議長の後宮俊夫(うしろく・としお)さん(日本基督教団隠退牧師)が12月23日、老衰のため召天した。96歳。葬儀は12月26日、セレマ草津シティホールで行われた。喪主は長男で日本基督教団・霊南坂教会主任牧師の後宮敬爾さん。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.