「訃報」 一覧

童謡「サッちゃん」の作曲家、大中恩(めぐみ)さん召天
童謡「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」などで知られる作曲家の大中恩(おおなか・めぐみ)さんが3日午後9時40分、菌血症のため東京都港区の老人ホームで召天した。94歳。葬儀は8日正午、日本基督教団・霊南坂教会(東京都港区赤坂1の14の3)。
理辺良保行上智大学名誉教授、帰天 80歳
上智大名誉教授でイエズス会司祭の理辺良保行(りべら・ほあん)さんが5日午後1時(現地時間)、滞在中のスペインで肺がんのため帰天した。80歳。追悼ミサは26日午後1時半からカトリック麹町教会(聖イグナチオ教会)主聖堂で執り行われる。
近江兄弟社を再建した岩原侑氏、召天 84歳
「メンターム」で奇跡の復活を遂げた近江兄弟社元代表取締役の岩原侑(いわはら・すすむ)氏が18日午前4時39分、腎不全のため滋賀県近江八幡市内の病院で召天した。84歳。前夜式は19日、告別式は20日に日本基督教団・近江八幡教会で執り行われた。
上智大学元学長の土田將雄氏、帰天 95歳
上智大学第10代学長でイエズス会司祭の土田將雄(つちだ・まさお)氏が26日午前8時38分、老衰のため、ロヨラハウス(東京都練馬区)で帰天した。95歳。87年4月から93年3月まで、同大学長を2期6年務めた。
日本バプテスト連盟元副理事長の金子千嘉世さん、召天 60歳
日本バプテスト連盟・郡山コスモス通りキリスト教会の牧師で元・日本バプテスト連盟副理事長の金子千嘉世(かねこ・ちかよ)さんが20日、天に召された。60歳。東北で被災者支援の働きをしていた金子さんは2014年正月「読売新聞」にも取り上げられた。
西南学院大学神学部教授の天野有氏、召天 62歳
西南学院大学神学部教授の天野有(あまの・ゆう)氏が17日午前7時55分、召天した。62歳。前夜式は19日午後7時から、告別式は20日午前10時半から、福岡バプテスト教会(福岡市中央区荒戸2-5-16、092・741・6256)で行われる。
関西学院大名誉教授、元東京女子大学学長の船本弘毅さん召天、83歳
船本弘毅氏(ふなもと・ひろき=関西学院大名誉教授、元東京女子大学学長)が20日午後0時42分、胆管がんのため、東京都狛江市の自宅で召天した。83歳。告別式は25日正午から日本基督教団・阿佐ケ谷教会で行われる。喪主は妻の恵(けい)さん。
日進館・万座温泉ホテル会長の黒岩堅一(泉堅)氏、召天
日進舘・万座温泉ホテル会長の黒岩堅一氏が12日、出張先の京都のホテルで体調を崩し、午前9時1分、搬送された病院で急性心不全のために召天した。69歳。48歳でシンガー・ソングライター「泉堅(いずみ・けん)」としてメジャーデビューもしている。
関西学院大学准教授の榎本てる子氏、召天
関西学院大学神学部准教授の榎本てる子(えのもと・てるこ)氏が4月25日、急性肺炎のため召天した。55歳。病気療養中だった。前夜式は27日19時から、告別式は28日(土)11時から、日本基督教団・京都葵教会(京都市左京区下鴨下川原町30)で執
日本人初のWCC会長で国際基督教大学名誉教授の武田清子氏、召天
思想史学者で国際基督教大学(ICU)名誉教授の武田清子(たけだ・きよこ、本名・長清子=ちょう・きよこ)氏が4月12日、老衰のため召天した。100歳。故人の意思により、葬儀は家族で執り行われた。後日、偲ぶ会を開くが、日取りなどは未定。連絡先は
 新着
2018.12.10
【CHRISTIANITY TODAY】クリスチャンは飲酒できるのか──プロテスタント教会出席者1000人の考え(対訳)
2018.12.09
神さまが共におられる神秘(29)稲川圭三
2018.12.09
日本聖書協会が記者会見 31年ぶりに『聖書協会共同訳』を発行 原典に忠実で、読者に分かりやすく
2018.12.08
聖書事業功労者賞は宮原守男氏、日本福音功労賞は吉持章、藤井圭子、星野富弘の3氏
2018.12.07
被爆体験を語り続けるのは道義的な責任 サーロー節子さん講演会
2018.12.06
童謡「サッちゃん」の作曲家、大中恩(めぐみ)さん召天
2018.12.06
キリスト生誕の博多人形、福岡のハンバーガー店で17年ぶり展示
2018.12.05
レーナ・マリア コンサートの夕べ in 常盤台 神様に愛されている喜びを
2018.12.04
【CHRISTIANITY TODAY】サンディ・パティを救ったバイブル・スタディー・フェローシップ(対訳)
2018.12.03
『聖書 聖書協会共同訳』が銀座・教文館などで発売開始
2018.12.03
【CHRISTIANITY TODAY】あなたの天職は一人では見つけられない(対訳)
2018.12.02
エホバの証人女性が襲われたグアテマラとは
2018.12.02
神さまが共におられる神秘(28)稲川圭三
2018.12.01
牧会あれこれ(3)賀来周一
2018.12.01
国会クリスマス晩餐会2018 中嶋常幸さん、スランプと祈りの中で見つけたもの

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

今週のテーマはいのちのみことば

わたしは自分では何もできない。ただ、父から聞くままに裁く。わたしの裁きは正しい。わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おうとするからである。」

「もし、わたしが自分自身について証しをするなら、その証しは真実ではない。

わたしについて証しをなさる方は別におられる。そして、その方がわたしについてなさる証しは真実であることを、わたしは知っている。

あなたたちはヨハネのもとへ人を送ったが、彼は真理について証しをした。

わたしは、人間による証しは受けない。しかし、あなたたちが救われるために、これらのことを言っておく。

ヨハネは、燃えて輝くともし火であった。あなたたちは、しばらくの間その光のもとで喜び楽しもうとした。

しかし、わたしにはヨハネの証しにまさる証しがある。父がわたしに成し遂げるようにお与えになった業、つまり、わたしが行っている業そのものが、父がわたしをお遣わしになったことを証ししている。

また、わたしをお遣わしになった父が、わたしについて証しをしてくださる。あなたたちは、まだ父のお声を聞いたこともなければ、お姿を見たこともない。

また、あなたたちは、自分の内に父のお言葉をとどめていない。父がお遣わしになった者を、あなたたちは信じないからである。

あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している。ところが、聖書はわたしについて証しをするものだ。

(ヨハネによる福音書 5:30-39)

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.