クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】フィリピンのカトリック教会、爆発により20人死亡(対訳)

投稿日:2019年2月1日 更新日:

Print Friendly, PDF & Email

 

フィリピン南部の、イスラム教徒が多いホロ島。そこにあるカトリック大聖堂が、日曜日のミサの最中、テロリストによって攻撃された。少なくとも20人の信徒と兵士が死亡し、フィリピンのクリスチャンは彼らを殉教者として悼(いた)んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Filipino Christians are mourning at least 20 churchgoers and soldiers as martyrs after terrorists attacked a Catholic cathedral during Sunday mass in a heavily Muslim island in the southern Philippines.

爆発が起きた教会内部(写真:フィリピン軍)

「カルメル山の聖母マリア大聖堂」で、二つの爆弾が数分の間に続けて爆発した。1回目は前列の信徒席を爆破し、2回目は、逃げようとした信徒と、毎週教会の外で警備にあたっていた警備兵が入り口から狙(ねら)われた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Two bombs went off at Our Lady of Mount Carmel in Jolo within minutes, the first blasting through rows of pews and the second shooting from the entrance to kill scrambling parishioners as well as the guards positioned outside to protect the church week after week.

スルー州の首都の町で、広場に面した象徴的な青い窓の正面玄関は粉々になり、通りは静まり返った。人が集まれば次の爆発の危険があると、当局者が住民に警告したのだ。イスラム教による暴力に悩まされているこの地域では、これが大聖堂への最初の攻撃ではないが、今回は最も致命的な打撃を受けた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Mount Carmel’s iconic blue-windowed façade, facing the provincial capital’s town square, was shattered and the streets quiet as officials warned residents against large gatherings in the wake of the bombing. In a region plagued by Islamist violence, it’s not the first attack on the cathedral—but it is the deadliest.

モロ・イスラム解放戦線の兵士(写真:Mark Navales)

フィリピン軍と、分離独立を主張するモロ・イスラム解放戦線との衝突を終わらせるため、イスラムが拠点としている土地に自治区を作るか否かの投票がなされ、それから1週間も経たないうちに悲劇が起こった。ミンダナオ島にバンサモロ自治区を作ることについて、ホロ島のイスラム教徒は大反対していたが、とにかく投票は行われた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sunday’s tragedy comes less than week after surrounding islands voted to form an autonomous region among the Muslim strongholds in an effort to end ongoing clashes between Philippine forces and separatists. Muslims in Jolo largely opposed the new Bangsamoro Autonomous Region in Muslim Mindanao (BARRM), but were voted into it anyway.

少なくとも15人の一般市民と5人の兵士が殺害され、ホロの大聖堂の中で最低90人が負傷した。地元の司祭は、「毎週朝8時のミサに出席している信徒が被害者になった」と説明する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The terrorists killed at least 15 civilians and wounded at least 90 inside the Jolo church, in addition to the 5 soldiers guarding the service who died. A local priest described the victims as regulars at the 8 a.m. mass.

「彼らは、イスラムによる脅威と不安の中、勇敢にもホロにとどまった。彼らはキリスト信仰のために死んだと私は思っている。亡くなった人の中には、私の個人的な友人や指導者もいる」とロメオ・サニエル氏

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“They bravely stayed in Jolo in spite of the threats and insecurities. I believe they have died for their Christian faith,” said Romeo Saniel, the city’s apostolic administrator, who noted that personal friends as well as congregational leaders, including the former head of the Parish Pastoral Council, were among the list of those confirmed dead so far.

「私たちが直面している悲しみや痛みを言葉で言い表すことはできない。神様のタイミングで正しい裁きが下りますように。被害者の友人たち(イスラム教徒とクリスチャンの両方)が今日、喪に服しており、たいへん深い悲しみを感じている」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“No words can describe the sorrow and pain that we feel these days. May they be given justice in God’s time. I know that the friends of the victims (both Muslims and Christians) are mourning and in deep sorrow today.”

世界中の多くのクリスチャンが彼らの悲しみと連帯を共有するため、教会のフェイスブック・ページに投稿した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Parishes from all over the third-largest Catholic country in the world by population posted to Mount Carmel’s Facebook page to share their grief and solidarity.

フィリピンの人口の約80%がカトリック教徒だが、スルー州のホロ島に住んでいるのは3%未満だ。「カトリック通信」によると、3万人あまりのカトリック教徒のほとんどが首都に住んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Though the Philippines is around 80 percent Catholic, Jolo’s province, Sulu, is less than 3 percent. Most of the 31,000 Catholics on the island live in the capital, according to the Catholic News Agency.

ある人はフェイスブックに次のように投稿した。「この教会は、警備兵によって警護されながらミサを守る唯一の教会だったが、今日の午前8時ごろ、みんなの恐れが現実のものになってしまった」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
One visitor posted on Facebook that Mount Carmel was the only church she’d been to where soldiers surrounded the church, ready for any threat. “Today around 8 a.m., the fear of all had arrived,” she wrote.

イスラム教のテロリスト・グループ「アブ・サヤフ」は数十年間、ホロ島で活動しており、「自分たちが爆破テロをした」と主張するイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」への忠誠を誓っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Islamist terrorist group Abu Sayyaf has been operating on the island for decades and pledged allegiance to ISIS, which claimed responsibility for Sunday’s attack.

アブ・サヤフは何年にもわたって、キリスト教宣教師を含む何十件もの誘拐を行ってきた。また、1997年には大聖堂の外でホロの司教を暗殺し、2001年にも大聖堂を爆破した

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Over the years, Abu Sayyaf conducted dozens of kidnappings, including of Christian missionaries; Abu Sayyaf also assassinated the bishop of Jolo outside of Mount Carmel in 1997 and bombed the cathedral in 2001.

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領の首席法律顧問、サルバドール・パネロ氏は次のように述べる。「国家の敵は、市民の安全を確保しようとする政府に大胆にも挑戦している。フィリピン軍はその挑戦に立ち向かい、これらの犯罪者を粉砕する」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The enemies of the state have boldly challenged the capability of the government to secure the safety of the citizenry in that region,” said Salvador Panelo, spokesman for President Rodrigo Duterte. “The armed forces of the Philippines will rise to the challenge and crush these godless criminals.”

ドゥテルテ大統領は、事件翌日の月曜日に大聖堂を訪れた。

フィリピンのカトリック司教協議会会長は政府の懸念を共有し、ロムロ・バレス司教が声明を発表した。「わが国で暴力の文化がどのように広まっているかを見てきた。ホロへの爆撃は確たる証拠であり、我々の国の道徳の骨組みを破壊している」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The head of the Catholic Bishops Conference of the Philippines shared the government’s concerns for the region, with Bishop Romulo Valles stating they have “observed how the culture of violence has gradually prevailed in our country, and the bombings in Jolo is a further evidence to the cycle of hate that is destroying the moral fabric of our country.”

2年前、ミンダナオ島のバンサモロ自治区に対する反発によって起こった歴史的事件にフィリピン軍がどのように対応したか、「クリスチャニティー・トゥデイ」は報告した。それがこの地域でカリフ(イスラム共同体を政治と宗教の両面で率いる指導者)の支配権を確立しようとする現れだと専門家は恐れた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Two years ago, CT reported on how Philippine forces faced historic opposition on Mindanao, where the Maute group—which stems from a movement called the Moro National Liberation Front—had targeted Christians in an island-wide campaign to kill and capture. Experts feared it was an indicator of efforts to establish a caliphate in the region.

1月21日の国民投票によって、フィリピンにあるイスラム教徒が多く住む5つの地区に自治権が与えられる恩恵を、モロ・イスラム解放戦線は受けられると言われている。「バンサモロ」とは本質的にモロ国家を意味する。この地区は2022年に独自の政府へと完全に移行し、イスラム教徒ミンダナオ自治区(ARMM)に取って代わるだろうと期待されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Moro National Liberation Front is said to benefit from the January 21 referendum to bring autonomy to a region of five majority-Muslim provinces in the Philippines; its name, Bangsamoro, essentially means Moro Nation. The area is expected to transition fully to its own government in 2022, replacing the Autonomous Region of Muslim Mindanao (ARMM).

「人口約430万人の自治区が軍隊を維持したり、他のフィリピン人の参入を制限したりすることはないだろう。フィリピン政府はイスラム教徒に地域統制権を十分与えることで、60年代から彼らがそのために戦ってきた自治区を手に入れられると考えている。我々はこの動きを支持し、反政府勢力と政府軍との戦いや民間人を巻き込む戦いをやめさせ、住民を経済的に成長させることを望んでいる」と「ボイス・オブ・アメリカ」は書いている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Though the region of roughly 4.3 million people won’t keep its own army or restrict entry by other Filipinos, the government is expected to give it enough local control so that Muslims get a sense of the autonomy they have fought for since the 1960s,” explained Voice of America. “Proponents of the move hope the sense of self-rule might in turn stop fighting between armed rebels and government troops, battles that sometimes catch civilians in their net, and let the population develop economically.”

反対派には、クリスチャンや、特にアブ・サヤフからのさらなる暴力を恐れているホロ島の人々が含まれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Opponents include Christians and those on the island of Jolo in particular, fearing further violence from Abu Sayyaf.

執筆:ケイト・シェルナット

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2019/january/philippines-jolo-cathedral-bombing-bangsamoro-abu-sayyaf.html

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

類似している記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.