速報

教皇フランシスコ、日本訪問の詳細日程発表

 

バチカン・ニュースによると、教皇フランシスコのタイ王国と日本への公式訪問の具体的なスケジュールがバチカン広報局より発表された。

教皇フランシスコは、タイ王国を11月20日から23日まで、日本を23日から26日まで訪れる。4日間の訪日期間を通じて、教皇は東京を滞在拠点としつつ、訪問2日目の24日に長崎と広島に赴く。

教皇の日本訪問の日程は次のとおり。

11月23日(土)、タイの首都バンコクを、現地時間の午前9時半、日本に向け出発し、日本時間の同日午後5時40分、東京の羽田空港に到着。同空港で教皇は歓迎式に臨む。この後、教皇は都内のローマ教皇庁大使館で日本のカトリック司教団と会う。

24日(日)午前7時、飛行機で長崎に向かい、午前9時20分に長崎空港に到着。その後、爆心地公園で核兵器をめぐりメッセージを述べる。続いて、西坂公園の日本二十六聖人記念碑を訪れ、殉教者にオマージュをささげる。ここで教皇は挨拶(あいさつ)を述べ、お告げの祈りを唱える。司教の家で昼食のあと、ビッグNスタジアム(長崎県営野球場)でミサを司式、説教を行う。

同日午後4時35分、長崎を後にして、空路で広島へ。午後5時45分に到着予定。教皇は広島市内の平和記念公園で平和のための集いを行い、この中でメッセージを述べる。午後8時25分、飛行機で出発し、東京羽田空港に午後10時10分到着。

25日(月)午前中、東日本大震災被災者との集いをベルサール半蔵門で行い、この席で言葉を述べる。続いて皇居を訪問し、天皇との会見に臨む。その後、東京カテドラル聖マリア大聖堂(カトリック関口教会)で青年との集いを開催し、講話をする。

午後、教皇大使館で教皇使節団と昼食のあと、東京ドームでミサを司式し、この中で説教を行う。この後、官邸を訪問し、安倍首相と会談。同じく官邸で開かれる要人および駐日外交団らとの集いで講話を行う。

26日(火)早朝、上智大学のクルトゥルハイム礼拝堂で、イエズス会員らと私的にミサをささげる。次いで、イエズス会SJハウスでイエズス会員と朝食をとり、病気や高齢の司祭を見舞う。この後、上智大学を訪問。そして、最後の公式行事である羽田空港での送別式を経て、同日午前11時35分、日本を後にしてローマへの帰路につく。ローマのフィウミチーノ空港には現地時間同日午後5時15分に到着予定。

教皇来日のための特設サイトでは、長崎(応募締め切り10日まで)と東京(同15日まで)で行われるミサの参加申し込みを受け付けている。

Print Friendly, PDF & Email
よかったらシェア
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-速報
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.