教皇フランシスコ「公式な招待状が届けば、北朝鮮に行くことはできる」

 

ヨーロッパを歴訪している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日正午過ぎ、バチカン(ローマ教皇庁)で教皇フランシスコと会談した。そこで北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長からの訪朝要請を伝え、「金委員長が招待状を送ってもいいか」と尋ねたところ、教皇は、「公式な招待状が届けば、行くことはできる」と応じた。

フランシスコ教皇(写真:Jeffrey Bruno)

カトリック信者の文大統領は先月、平壌(ピョンヤン)で行われた南北首脳会談で、「教皇は朝鮮半島の平和と繁栄について強い関心を示している。一度会ってみては」と提案すると、金委員長が「教皇が平壌を訪問すれば、熱烈に歓迎する」と受け入れたという。

教皇の訪朝については、2000年の南北首脳会談でも、当時の金正日(キム・ジョンイル)総書記が金大中(キム・デジュン)大統領による教皇ヨハネ・パウロ2世の訪朝招請に同意したが、実現しなかった。教皇フランシスコの訪朝が実現すれば、初めてのことになる。

もともと平壌は、1945年までの日本統治時代、宣教師から「東洋のエルサレム」と称されるほどキリスト教が盛んで、多くの神学校や教会が設立され、朝鮮宣教の中心地だった。しかし現在、バチカンと北朝鮮の間には国交がなく、北朝鮮では5~7万人ものクリスチャンが強制収容所などで拘束されていると言われているため、早期実現は難しいと見られている。

Share

Related Posts

  1. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在④ 教会の目的は、世界をより良い場所にすること?(後編)

  2. グアテマラでエホバの証人の女性二人が死傷

  3. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】クリスチャンでいるのが困難な国トップ50(前編)

  4. 米国の国家朝餐祈祷会でトランプ大統領がスピーチ

  5. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】N・T・ライトへのインタビュー「パンデミックの悲しみを過ぎ越し希望を」(対訳)

  6. 史上初の米朝首脳会談 韓国の牧師はどう見ているか

  7. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】2019年レントに何を我慢する? ツイッターのトップ100の考察

  8. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】若者が教会を離れるいちばんの理由(後編)

  9. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ノートルダム大聖堂、早く訪れた聖金曜日(対訳)

  10. WCCアブオム議長ら 〝深刻な危機〟に教会の役割振り返る 2020年11月11日

  11. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】南部バプテスト連盟は性的虐待の危機に立ち向かう(対訳)

  12. シャルル・ド・フーコー神父ら7人が「聖人」に

  13. 【CHRISTIANITY TODAY】新型コロナに見舞われた2020年、最も読まれた聖句は「恐れるな」(対訳)

  14. 【米CT】郵送投票と祈りで勝利したバイデン次期大統領(1)

  15. 主流派教会は激減、福音派は成長── 神学的・道徳的危機が教会の閉鎖を招く

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。