国際

「迫害下にある教会のための日曜日」に北朝鮮クリスチャンのために祈る

 

6月16日の日曜日は、世界中で迫害されているクリスチャンのために祈る「迫害下にある教会のための日曜日」として、ブラジルのキリスト教会では全国的規模で祈りの時を持った。

(写真:ゴスペルプライム提供)

今年は特に北朝鮮のクリスチャンのために祈った。北朝鮮は、クリスチャンが世界で最も激しい迫害下にある国とされている。

この働きは、迫害されているキリスト者の支援団体オープン・ドアーズの創立者ブラザー・アンドリューによって始められたもので、全世界でおよそ2億4500万人にも及ぶ迫害下にあるクリスチャンために祈っている。今年は、「死に至るまで忠実であれ。そうすれば、あなたに命の冠を授けよう」(黙示録2章10)をテーマ聖句として掲げている。

オープン・ドアーズのホームページでは、北朝鮮の現状についてのビデオ(英語)も閲覧できる。

本記事は、ブラジルのキリスト教メディア「ゴスペル・プライム」に掲載された記事より翻訳し、編集しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.gospelprime.com.br/domingo-da-igreja-perseguida-2019-coreia-do-norte/

Print Friendly, PDF & Email
よかったらシェア
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-国際
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.