クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】トランプ大統領へ 私たちは難民を求めている(対訳)

投稿日:2020年2月17日 更新日: -

 

米国の41州と86の地方自治体が連邦政府に対して、ドナルド・トランプ大統領と政府に伝えるよう書簡を出した。それらの州などは、米国難民評議会がまとめたリストに従って、管轄区域で難民の再定住を受け入れ続けるという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Forty-one states and 86 local governments have filed letters with the federal government telling President Donald Trump and the administration they will continue accepting refugee resettlements in their jurisdictions, according to a list compiled by the Refugee Council USA.

トランプ大統領は昨年9月、州政府や地方自治体に対し、難民の再定住について選択を義務づける大統領命令に署名した。難民を支援するキリスト教団体が恐れていた官僚的な追加条項は、「外国人を歓迎する」ことを難しくする可能性がある。その締め切りはクリスマスと思われていたが、詳細をめぐって多くの混乱があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Trump signed an executive order in September requiring state and local governments to opt-in to refugee resettlement, an additional layer of bureaucracy that Christian ministries to refugees feared could make it harder to “welcome the stranger.” The deadline was thought to be Christmas Day, but there has been a lot of confusion around that detail.

難民の再定住を推進する組織(その多くが信仰に基づく)は、1月21日までに連邦政府に手紙を送らなければならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Resettlement organizations, most of which are faith-based, have until January 21 to file the letters with the federal government. In the meantime, Church World Service; Lutheran Immigration and Refugee Service; and HIAS (a Jewish-American nonprofit group) are taking the Trump administration to court to stop the executive order.

難民支援

多くの州と地方自治体は難民支援を表明するため、手紙を書いた。「難民は私たちの地域社会を強化します。彼らは医師であり、バス運転手です。また起業家であり、警察官です。生徒であり、教師です。彼らは私たちの隣人です」とミネソタ州のティム・ワルツ知事は書いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Many state and local governments used their letters to express support for refugees. “Refugees strengthen our communities,” wrote Minnesota Gov. Tim Walz. “Refugees are doctors and bus drivers. They are entrepreneurs and police officers. They are students and teachers. They are our neighbors.”

ミネソタ州のティム・ワルツ知事(写真:United States Congress)

ある知事たちは、「難民が地元社会に恩返しをしてくれる」という個人的なエピソードを語った。また、ほかの知事たちは、難民が地域社会にもたらしてくれる経済的恩恵を評価している。それでも、原則に従って声明を出した知事もいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Some governors told personal stories of local refugees giving back to their communities, and others extolled the economic boon of refugee communities’ contributions to the local economy. Still others made their statements on principle.

ヴァージニア州のラルフ・ノーサム知事(写真:Craig)

ヴァージニア州のラルフ・ノーサム知事はこう書いている。「合衆国は長い間、避難所として自らを示してきました。私たちは、建国の礎(いしずえ)である『解放と自由』という理想を促進します。しかし、この理想を海外にも広げるためには、難民がここにやって来ることを許可しなければなりません。私たちは、自分たちが説き勧めてきたことを実践しなければならないのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The United States has long presented itself as a haven,” Virginia Gov. Ralph Northam wrote. “We promote the ideals upon which this country was founded, of liberty and freedom. But to uphold those ideals abroad, we must allow access to them here at home. We must practice what we preach.”

テネシー州のビル・リー知事(写真:Lynn Freeny)

しかし一部の知事たちは、難民受け入れを継続することに同意しつつも、大統領命令への支持を表明した。テネシー州のビル・リー知事は同意書を提出し、再定住については州や地方自治体の同意が必要とした。しかし、「ワールド・リリーフ」のマシュー・ソアレンスによれば、再定住は常に地方自治体と協力して行われている。大統領命令はそれを変えるものではない。もしそんなことをすれば、それは行政を複雑にし、そのプロセスをより困難にしてしまう。たとえその国境内の都市がそのプロセスに対処できたとしても、それは難民受け入れを望んでいない州にその口実を与えるようなものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Some governors, however, expressed support for the idea of the executive order, even as they consented to continue accepting refugees. Tennessee Gov. Bill Lee filed a letter of consent, but in it agreed that state and local consent to resettlement should be required. World Relief’s Matthew Soerens told CT, however, that resettlement has always been done in cooperation with local governments. The executive order doesn’t change that. It does create administrative complications, making the process harder, and provides cover for states no longer wishing to receive refugees, even if the cities within their borders do wits to do so.

ウィスコンシン州のトニー・エヴァーズ知事

ウィスコンシン州のトニー・エヴァーズ知事は次のように書いた。「難民の再定住に関わる人々にとって過度にわずらわしく不適切なプロセスを作ったことに失望しています。州全体で労働力が不足しているにもかかわらず、避難所と、より良い生活を求める才能あふれた勤勉な人々に障害を課すとは無責任です」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Wisconsin Gov. Tony Evers wrote that he was “disappointed that the administration has created an overly cumbersome and inappropriate process for those involved in refugee resettlement.” Evers added that “At a time when we are seeing labor shortages across our state, it is irresponsible for the administration to place obstacles in the path of talented and hard-working folks seeking refuge and a better life.”

知事に対する福音派の支援

共和党の知事たちがその決定を検討する際、難民を受け入れるよう求める強硬派から感じる圧力に対して、福音派クリスチャンが最強の政治的対抗姿勢を示したとAP通信は報じたが、実はエヴァンジェリカル・イミグレーション・テーブルは昨年12月9日、福音派クリスチャンが署名した請願書を15人の知事に提出している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As GOP governors weighed their decision, the Associated Press reported that evangelical Christians presented the strongest political counterpoint to the pressure those governors felt from immigration hardliners. The Evangelical Immigration Table delivered petitions signed by evangelicals to 15 governors on December 9.

テキサス州のグレッグ・アボット知事(写真:World Travel & Tourism Council)

テキサス州のグレッグ・アボット知事に出した手紙にはこう書いてある。「米国の再定住プログラムによって再定住した多くの難民は、私たちの憲法が保障する信教の自由のない国々で迫害されたクリスチャンか、少数の他宗教者です。難民はその背景に関係なく、神の似姿として創造された人間であり、固有の尊厳と可能性を持っています。彼らがテキサス州に到着したことを私たちは祝福してきました。私たちはキリスト教信仰の実践として、彼ら新たな隣人に愛を伝え続けたいと願っています」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Evangelical Immigration Table letter to Texas Gov. Greg Abbott said, “Many refugees resettled by the US refugee resettlement program are Christians or other religious minorities who were persecuted for their faith in countries without our country’s constitutional commitment to religious freedom.” It continued, “Regardless of their background, refugees are human beings made in God’s image, with inherent dignity and potential, and we have been blessed by their arrival in Texas; we desire to continue to be able to extend love to these new neighbors as an exercise of our Christian faith.”

ワールド・リリーフやカトリック・チャリティーなど信仰に基づく組織は、6カ月間の支援調整期間に難民が再定住するのに大きな役割を果たしている。ノース・カロライナ州のロイ・クーパー知事とコネチカット州のネッド・ラモント知事は、難民の再定住に関して、信仰を持つ組織が果たした積極的役割について言及した。ネバダ州のスティーブ・シソラック知事の手紙には、いくつかのそうした組織の名が言及されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Faith-based organizations such as World Relief and Catholic Charities play a large role in helping refugees resettle during their six months of supported adjustment. North Carolina Gov. Roy Cooper and Connecticut Gov. Ned Lamont referenced the active role played by faith groups in refugee resettlement. Nevada Gov. Steve Sisolack’s letter referenced several of the organizations by name.

エヴァンジェリカル・イミグレーション・テーブルがロビー活動を行った15州のうち、11州の知事がその同意書にサインした。サインしなかった4州は、テキサス州、サウスカロライナ州、フロリダ州、ジョ-ジア州だ。難民は米国の合法的な居住者であるため、彼らは引き続きこれらの州で自由に生活できるし、さらに多くの人がそれらの州に落ち着くだろう。しかし再定住支援機関は、新たな難民が米国での生活に適応するための援助資金を受け取ることができなくなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In 11 of the 15 states that the Evangelical Immigrant Table lobbied, governors signed consent letters. Four—Texas, South Carolina, Florida and Georgia—did not. Refugees will continue to be free to live in those states, as they are legal residents of the US. More will also be able settle there. The resettlement agencies, however, will not able to receive funds to help the newcomers adjust to life in America.

カリフォルニア、ニューヨーク、イリノイ、メリーランド、ペンシルバニア、コネチカット、マサチューセッツ、ヴァージニア、オレゴン、ミネソタ、ニュージャージー、ワシントンの司法長官による準備文書は、「大統領命令が家族の再会に混乱をもたらす」と指摘している。家族の再会は、米国における難民再定住の主要な目標の一つであり、大統領命令は、近親者に一定の優先順位を与えることを要求しているが、司法長官たちはそれに警鐘を鳴らしている。「大統領命令によって家族の再会に例外が作られることで、文化的つながりと雇用、その他の支援されている無数の難民コミュニティーに否定的な影響を及ぼすでしょう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
An amicus brief filed by the attorneys general of California, New York, Illinois, Maryland, Pennsylvania, Connecticut, Massachusetts, Virginia, Oregon, Minnesota, New Jersey, and Washington contends that the executive order will disrupt family reunification. Family reunification has been one of the primary goals of refugee resettlement in the US, and while the order still calls for some priority to be placed on immediate family, the attorneys general claim “the narrow family reunification exception in the Executive Order” will negatively affect “myriad established refugee communities with cultural connections and resources for employment and other support.”

準備文書に署名したいくつかの州は、同意書を作成していないか、それらの書簡を公表していない。しかしこれは、大統領命令で要求されていることだ。同意プロセスをめぐっては多くの混乱があったが、準備文書は、それが明確さを欠いていると批判している。ニューヨーク州は同意書を送っていないが、「同州は再定住を拒否するのではないか」と疑う声もある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Several states that have signed onto the amicus brief have not produced letters of consent, or have not made those letters available to the public, which is required by the executive order. There has been a lot of confusion around the consent process, which the amicus brief criticizes for its lack of clarity. New York has not sent a letter of consent, but advocates doubt the state will be refusing resettlement.

テキサス州で最大の影響

新しい政策が文字どおり施行された場合、難民の再定住に最も大きな変化が起きるのはテキサス州だ。同州は同意書を提出していない。テキサス州は今に至るまで、合衆国で最も多くの難民を受け入れてきた。そのためテキサス州は、フェデラル・ファンド(米国の市中銀行が連邦準備銀行に預けている資金)から1700万ドルを失うこととなる。これは、政府機関から難民に給付され、地域経済で消費される金額だ。これはテキサス州の予算の中ではごくわずかだが、地方自治体や学区への影響は大きいだろう。テキサス州ベクサー郡やダラス郡は、新たな難民を受け入れることができない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Should the new policy go into effect as written, the largest change to refugee resettlement will be in Texas, which did not submit a letter of consent. The state has, until now, received the largest numbers of refugees in the country. Texas will lose about $17 million in federal funds, which agencies distribute to refugees, who spend the money in their local economies, according to the New American Economy, an immigration and economics research and advocacy group. While this is a tiny fraction of Texas’s state budget, the impact on local governments and school districts could be more noticeable. Consenting counties like Bexar and Dallas Counties in Texas will not be able to receive refugee newcomers.

財政的な現実や、地方自治体の難民への開放性、そして福音派からの擁護があったにもかかわらず、難民の再定住に同意するようアボット知事を説得することはできなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The financial realities, the local government’s openness to refugees, and the advocacy of evangelicals were not enough to persuade Abbott to consent to resettlement.

ワシントン州のジェイ・インスリー知事(写真:Office of the Governor of the State of Washington)

ワシントン州のジェイ・インスリー知事はその声明にこのように書いた。「私たちの州は他州の代わりを務めます。難民の家族をその管轄に受け入れることができないか、受け入れることを望まない州に送られた難民を、私たちの州が受け入れます。彼らはワシントン州で歓迎されるでしょう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Washington Gov. Jay Inslee wrote that his state would take up the slack and accept refugees who would have been sent to states that are “unable or unwilling to accept refugee families into their jurisdiction.” According to Inslee, “they will be welcomed in Washington State.”

しかし2020年には、他州の代わりを務める余裕はないかもしれない。同意にもかかわらず、トランプ政権によって2020年には再定住上限が歴史的に低くなるため、すべての州で難民の再定住が急激に減少するかもしれない。一部の知事は書簡の中でこの大きな問題に言及している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
However, there may not be any slack to take up in 2020. Regardless of consent, all states could see a sharp decline in refugee resettlement because of the historically low resettlement cap placed by the Trump administration for the coming year. In their letters, some governors mentioned this larger issue.

イリノイ州のJ・B・プリツカー知事(写真:Lt. Col. Bradford Leighton)

イリノイ州のJ・B・プリツカー知事はこう書いている。「行き場を求めている2500万人の難民も含め、強制移住を強いられている人々が7000万人もいます。こういうグローバルな人道上の危機にあって、合衆国は引き続きリーダーシップを発揮し、諸外国とも連携して難民に受入れ先を提供すべきです。20年度の大統領の決定によってその数は1万8000人に制限されますが、それを明らかに大きく上回る受け入れ能力を私たちの国家は持っているのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Illinois Gov. J. B. Pritzker wrote that “With a global humanitarian crisis of more than 70 million forcibly displaced individuals, including 25 million who are refugees seeking asylum, the United States should continue to provide leadership, in partnership with other countries, to offer resettlement for refugees. Our nation has the capacity to admit significantly more than the 18,000-person limit set by the presidential determination for FY20.”
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Opening arguments in the lawsuit filed by Church World Service, Lutheran Immigration and Refugee Service, and HIAS were set to be heard in federal court in Maryland on Wednesday.

執筆者:ベカ・マクニール

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2020/january/refugee-resettlement-letters-consent-states-trump-policy.html

クリスチャンプレス は、FELLOW WORKER(同労者)同士が手をつなぐために記事を配信しています。ぜひシェアしてご活用ください。
Tweet 20

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.