• HOME
  • 記事
  • 宣教・教会・神学
  • 最新『宗教年鑑』、首位の東京はクリスチャンが86万9443人、最下位の福井は2234人 県別ランキング

最新『宗教年鑑』、首位の東京はクリスチャンが86万9443人、最下位の福井は2234人 県別ランキング

 

最新の文化庁編『宗教年鑑』(令和元〔2019〕年版)によると(42~43頁)、クリスチャンの多い都道府県のランキングは以下のとおり(括弧内は18年、17年、16年度の人数。は増、は減)。2019年10月1日の都道府県の推計人口と人口ランキングも参考のために併記した。

1位(1)東京
86万9443(86万3708 85万6646 85万9603)全国のクリスチャンのうち約45%
1394万2856(1384万3403)1位

2位(2)神奈川
30万3530(30万3759 30万4358 30万7161)約16%
920万2523(917万983)2位

3位(3)大阪
7万3654(7万3356 7万3549 7万4999)約4%
882万5588(882万4566)3位

4位(4)長崎
6万4174(6万4758 6万5099 6万5598)約3%
132万5205(133万9438)29位

5位(5)兵庫
5万9007(6万1716 6万1653 6万2075)約2%
546万3609(548万3450)7位

6位(7)福岡
4万6791(4万5883 4万6481 4万7110)約2%
511万113(511万1494)9位

7位(8)愛知
4万6200(4万5485 4万5567 4万5121)約2%
755万2873(753万9185)4位

8位(6)北海道
4万5655(4万6353 4万6007 4万6304)約2%
527万3681(528万5430)8位

9位(9)埼玉
3万8999(3万8766 3万8659 3万7985)約2%
733万7330(732万2645)5位

10位(10)千葉
3万6209(3万6750 3万5684 3万6185)約2%
627万9026(626万8585)6位

北海道が698人減って、908人増えた福岡、715人増えた愛知に抜かれて6位から8位に。4年間の増減を見ると、1位の東京は9840人、2位の神奈川は3631人、9位の埼玉は1014人、10位の千葉は24人増えている(この首都圏の4都県で、全国のクリスチャンの約65%を占める)。7位の愛知も1079人増えている。一方、3位の大阪は1345人、4位の長崎は1424人、5位の兵庫は3068人、6位の福岡は319人、8位の北海道は649人減っている。

東京は断然多く、都民の約6%はクリスチャン。カトリックの多い長崎は県民の約5%。神奈川は県民の3%。11位の沖縄は県民の約2%。大阪は府民の1%弱になり、全国平均に近くなる。

次に、信者の少ない都道府県ランキングを見よう。

1位(1)福井
2234(2148 2097 2123)
76万7742(77万3731)5位

2位(3)富山
2700(2924 3160 3038)
104万2998(105万246)11位

3位(2)島根
2710(2722 2673 2730)
67万3891(67万9626)2位

4位(4)鳥取
3200(3142 3162 3223)
55万4855(56万517)1位

5位(5)徳島
3242(3502 3428 3428)
72万8633(73万6475)4位

6位(6)高知
3875(4001 4054 4077)
69万6293(70万5880)3位

7位(7)佐賀
4254(4240 4220 4324)
81万4211(81万9110)6位

8位(8)岩手
4238(4321 4369 4419)
122万6430(124万522)16位

9位(9)秋田
4467(4571 4802 4687)
96万2847(98万694)10位

10位(10)香川
4727(4684 4763 4778)
95万6069(96万1900)9位

11位(11)山梨
4729(4846 4780 4723)
81万933(81万8391)7位

増えているのは、1位の福井が86人、4位の鳥取が58人、7位の佐賀が14人、10位の香川が43人で、香川は11位の山梨と2人差に縮んだ。3位だった富山で224人も減ったため、2位だった島根と順位が入れ替わった。この4年間で最も減ったのが富山の338人、次が秋田の220人で、続いて高知の201人、徳島の186人、岩手の181人。4年間で最も増えたのが福井の111人、次に鳥取の23人。

文化庁文化部宗務課(千代田区霞が関)は1949年以降、統計報告を毎年12月末現在で取りまとめ、単立宗教法人については、それを所轄する都道府県で取りまとめて報告が行われ、毎年、『宗教年鑑』を刊行してきた。この統計は宗教法人を対象として、その関連で非法人宗教団体をとらえているので、非法人宗教団体ばかりの包括宗教団体や単立宗教団体はこの統計の対象外となる。これらの統計は、それぞれ文部科学大臣・都道府県知事所轄の包括宗教法人や単立宗教法人、包括宗教団体からの報告に基づいて作成される。『宗教年鑑』は毎年、文化庁ウェブサイトにてPDFファイルで公表され、95年以降のバックナンバーも見ることができる。

Share

Related Posts