ベルギー代表のロメル・ルカクの証しがSNSで拡散

 

FIFAワールドカップ(W杯)準々決勝でブラジルを2ー1で破り、躍進中のベルギー代表。そのスター・フォワードであるロメル・ルカクはゴールを決めた後、天を指さし、試合後、芝の上で祈りをささげる。敬虔なカトリック信者である彼は、これまでにも何度も信仰について語っている。

試合後に神に感謝をささげるロメル・ルカク(写真:ゴスペル・プライム提供)

ストライカー不在が指摘されている今回のロシアW杯の中で、彼の活躍はその存在感をより強めている。現在、マンチェスター・ユナイテッドで年俸960万ポンド(14億2000万円)を稼ぐ彼のこれまでの歩みは、しかし決して平坦ではなかった。

W杯の開幕直後、彼の幼少時代の証しがSNS上で世界中に拡散した。そこには、プロ選手になる前の貧しかった生活について赤裸々に語られていた。

「私が貧しさを実感したその瞬間の情景はいまだに目に焼きついています。私が6歳の時、家に帰ると、冷蔵庫の前で母が何かをかき混ぜていました。すぐには何をしているのかよく分かりませんでしたが、母は笑みを浮かべながら、普段どおり昼食を持ってきてくれました。あとで、牛乳と水を混ぜて嵩(かさ)増ししていたことに気づきました。

言葉が出ませんでした。母をこれ以上苦しめたくありませんでした。昼食を食べた後、誰かに突然、目の前で手を叩いて起こされたかのように感じ、神様に一つの約束をしました。その時、私は、何をしなければならないかをはっきり理解しました。

サッカーではよくメンタル・タフネスについて話題に上がりますが、私はあなたが出会う中で最もタフな人間です。私は暗がりの中で、母や兄弟たちと一緒に祈り、考え、そして将来を信じていました」

右がロメル・ルカク(写真:ДмитрийСадовников)

そして、彼の夢は13年後に実現した。

「16歳で地元ベルギーのRSCアンデルレヒトとプロ契約し、翌年、ベルギー代表に選ばれました。17歳の私に過剰な期待が寄せられ、多くの批判にさらされました。新聞では、結果が出た時には『ベルギーのストライカー』と呼ばれましたが、プレーに精彩を欠いた時には、『コンゴ人の子孫であるストライカー』とされました」

ブラジルとの試合前のベルギー代表チーム(写真: Эдгар Брещанов)

彼によると、以前に比べてプレッシャーに悩まされることはなくなり、感謝をすることができるようになったという。彼の父ロジェ・ルカクはベルギーのメディアに対して次のように語る。

「彼は非常に敬虔で、よく感謝をささげています。1日に15回も祈っているほどです。そのほとんどは、静けさの中での祈りです。彼はお守りをつけたりすることはありません。ロッカールームで、そして練習場で、トレーニングの途中でも祈ります。ロメルはいつも家族にも感謝しています。信仰と家族を大事にしたクリスチャンとして育ててきました」(Player’s Tribuneより)

(ベルギー代表は10日深夜、日本時間の11日午前3時からフランスと準決勝を戦う)

本記事はブラジルのキリスト教メディア「ゴスペル・プライム」より翻訳、転載しました。

出典URL:https://noticias.gospelprime.com.br/testemunho-lukaku-belgica-copa-do-mundo/

Share

Related Posts

  1. 小堀英郎ピアノ・チャリティー・コンサート 西日本豪雨被災者支援

  2. カナダ「クリエイト映画祭」で『地の塩 山室軍平』上映 「聖書プロジェクト」創始者も登壇

  3. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(20)細川ガラシャを介錯した小笠原秀清の信仰

  4. 元ワーナー・ブラザース映画製作室長・小川政弘さん 『字幕に愛を込めて──私の映画人生半世紀』出版記念会

  5. キリシタン大名・黒田官兵衛の神社が姫路に 「神器」は日本刀と十字架

  6. 【映画評】 変容するドイツと「故郷」 『ハイゼ家 百年』

  7. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(21)ガラシャ没後の細川忠興 その1

  8. 【映画評】 最果ての彼女たち 『17歳の瞳に映る世界』『海辺の彼女たち』

  9. 9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「FEBC」

  10. W杯今大会初ゴールを決めたネイマールの涙の理由

  11. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(3)芦田愛菜が細川ガラシャに配役された理由

  12. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「FEBC」

  13. 【3・11特集】 重なりあう時間たち 『たゆたえども沈まず』『きこえなかったあの日』『二重のまち/交代地のうたを編む』 東日本大震災からの10年

  14. 日本カトリック映画賞は「ブランカとギター弾き」の長谷井宏紀氏

  15. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(18)第一級史料に見る細川ガラシャの最期 その2

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。