インタビュー

墓地の心配から解放されてほしい【インタビュー】エレクシアサポート代表 榊哲夫さん(前編)

投稿日:

Print Friendly, PDF & Email

 

富士霊園(静岡県)と大阪メモリアルパーク(大阪府大東市)にあるクリスチャン共同墓地「園(その)の墓」を運営管理するエレクシアサポート株式会社(神奈川県川崎市)。同社代表を務める榊哲夫(さかき・てつお)さんに話を聞いた。

榊哲夫さん

榊さんは1957年生まれ。大学卒業後、松下電器貿易(現:パナソニック)で4年間働き、フリーの株トレーダーになったが、その時に聖書に出会い、単立ニューライフ・キリスト教会(大坂府三島郡)で洗礼を受けた。86年に電子計測器の会社に入社し、98年には代表取締役に就任するが、2008年に代表を退き、翌年、愛知県にある神学校に入学。10年、聖地旅行でハーベスト・タイム・ミニストリーズ代表の中川健一氏に出会い、ハーベスト聖書塾に入塾した。12年7月に按手を受け、現在、ハーベスト・タイム・ミニストリーズのスタッフも務める。

──エレクシアサポートの働きについて教えてください。

墓地について不安を覚えるクリスチャンのために、安心できる墓地を安価で提供しています。ハーベスト・タイム・ミニストリーズと共同で、設立から今年で7年になります。共同墓地というかたちは決して珍しくありませんが、クリスチャンの共同墓地というのは当時ほかにはありませんでした。

──どのようなきっかけで始められたのでしょうか。

1998年に関西から関東に引っ越してきたのですが、数年の間、所属する教会のない「教会難民」になっていました。その時、「いま自分が死んだら、葬儀は誰がしてくれるのか。お墓はどうなるのか」といった不安がありました。この体験をしたことで、似たような境遇にある人たちのための働きをしたいと思い、設立したのがエレクシアサポートです。墓地を所有する教会に所属していないクリスチャンの方々が、墓地の心配から解放されてほしいと願って始めました。

──墓地の心配とはどういうことがありますか。

墓地を所有しない教会のクリスチャンのほとんどの方も、「仏教式の墓地に入りたくない。キリスト教式の墓地に入りたい」と思っています。自分の墓のために子どもたちが仏教の風習に従った儀式を行い続けることにも心の痛みがあります。

本人がキリスト教式の墓地を建てるという手段もありますが、高額な費用がかかりますし、永続的に親族の誰かに管理維持責任を負わせなければならないというのも大きな気がかりです。また、未信者の家族がおられる場合の心配もあります。

これらの心配から解放されるように造られたのが「園の墓」です。クリスチャンであれば誰でも、またそのご家族もご利用いただけます。継続的な年間管理費もいりませんので、残されたご家族の負担はありませんし、仏教的風習の束縛からも解放されます。

──現在、何人ほどの申し込みがあるのでしょうか。

富士霊園内「園の墓」の申込者はほぼ250人、大阪メモリアルパークのほうは180人近くになりました。その内およそ6割の方が生前予約です。

──そもそも、なぜ「墓地」なのでしょうか。

仏教文化が浸透している日本においては、お墓は大きな影響をもたらしています。クリスチャンになってからも、墓守(はかもり)、法事や法要に縛られている方々が多くおられます。その束縛から解放されることが必要です。

また墓地は、墓参りに来られた親族や友人の方にその人の「証し」を残すことができます。暮石には「私たちの国籍は天にあります」(ピリピ3:20、新改訳)と「わたしは、よみがえりです。いのちです」(ヨハネ11:25、同)という聖句が刻まれ、お一人お一人の名前も彫られています。

納骨式や記念礼拝では、参列する未信者の親族や友人の方々によい伝道の機会になるという確信もあります。葬儀や納骨式は、人間の命について真剣に向かい合う場であり、キリスト教式のそれを通して、もっと日本に福音が広く伝えられることを願っています。(明日へ続く)

-インタビュー
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
坂本直子(さかもと・なおこ)

坂本直子(さかもと・なおこ)

善隣キリスト教会(東京都足立区)会員。これまで主にミッションスクールや福祉関係を中心に取材を行いつつ、聖書の観点から美術展や音楽会などの紹介も。

今週のテーマはいのちのみことば
Print Friendly, PDF & Email

わたしは自分では何もできない。ただ、父から聞くままに裁く。わたしの裁きは正しい。わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おうとするからである。」

「もし、わたしが自分自身について証しをするなら、その証しは真実ではない。

わたしについて証しをなさる方は別におられる。そして、その方がわたしについてなさる証しは真実であることを、わたしは知っている。

あなたたちはヨハネのもとへ人を送ったが、彼は真理について証しをした。

わたしは、人間による証しは受けない。しかし、あなたたちが救われるために、これらのことを言っておく。

ヨハネは、燃えて輝くともし火であった。あなたたちは、しばらくの間その光のもとで喜び楽しもうとした。

しかし、わたしにはヨハネの証しにまさる証しがある。父がわたしに成し遂げるようにお与えになった業、つまり、わたしが行っている業そのものが、父がわたしをお遣わしになったことを証ししている。

また、わたしをお遣わしになった父が、わたしについて証しをしてくださる。あなたたちは、まだ父のお声を聞いたこともなければ、お姿を見たこともない。

また、あなたたちは、自分の内に父のお言葉をとどめていない。父がお遣わしになった者を、あなたたちは信じないからである。

あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している。ところが、聖書はわたしについて証しをするものだ。

(ヨハネによる福音書 5:30-39)

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.