• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT
  • 【米CT】SBCが呼び名変更?「大宣教命令バプテスト」とは ― SBC代表インタビュー(2)

【米CT】SBCが呼び名変更?「大宣教命令バプテスト」とは ― SBC代表インタビュー(2)

前記事より続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Why did you select the theme “We Are Great Commission Baptists” for the 2021 SBC annual meeting?
The Great Commission is what unites Southern Baptists, the reason we come together. We are more excited about going forward into 2025 than looking back to 1845. What unites us now is not a shared Southern heritage but a desire to see the gospel get to the ends of the earth. Our mission fields and, increasingly, our membership are outside the South. By every metric, Great Commission better captures the spirit of our convention than does Southern.
The convention officially voted on using this term in 2012 primarily to help churches and planters outside the Southeast. Today we are seeing a movement of churches and leaders in the Southeast putting this into practice at the grassroots level. Churches are free to use whichever term best serves their membership and the people they are trying to reach.
As our IMB [International Mission Board] president often says, “When the Great Commission isn’t the lead topic of conversation in our convention, the other topics divide us.” … Utilizing Great Commission Baptists is simply one more step to make clear we serve a risen Savior who died for all peoples, whose mission is not limited to one people living in one time at one place. Our Lord Jesus was not a white Southerner but a brown-skinned Middle Eastern refugee. Every week we gather to worship a Savior who died for the whole world, not one part of it. What we call ourselves should make that clear.

CT::2021年のSBC年次総会テーマとして「私たちは大宣教命令バプテスト(We are Great Commission Baptists)」を選んだのはなぜですか。

グリア:大宣教命令(Great Commission)は南部バプテストを団結させるものであり、私たちが連なる理由です。
私たちは1845年を振り返るよりも、2025年へ進みゆくことに関心があるのです。今の私たちを結びつけているのは、南部のもつ過去ではなく、福音が地球の果てまで届くことを見届けたいという願いです。
私たちの使命が向いている先、また私たちの会員が在籍する範囲は米南部エリアの外に拡がっています。どの面から見ても、私たちの連盟をよりよく象徴するのは南部(と言う地域名)ではなく、大宣教命令なのです。

SBCは、主にアメリカ南東部の外にある教会や新規で設立される教会を支援するためにこの呼び名を使うことを、2012年に決議しました。
今起こっているのはアメリカ南東部の教会や指導者が草の根レベルでこの呼び名を使用するという運動です。SBC加盟教会は、それぞれの宣教に最も適した呼び名を自由に使うことが出来ます。

私たちの国外宣教部代表、このようによく言います。「大宣教命令によって私たち連盟の話し合いが導かれなければ、他のテーマによって私たちは分断されます」
大宣教命令バプテストという呼び名を採用するのは、すべての人々のために死に、復活した救い主に私たちが仕えることを明確にするための方法です。
その使命は一定の時代や一定の地域、一部の人に限定されるものではありません。私たちの主イエスはアメリカ南部に住む白人ではなく、褐色の肌をした中東人難民でした。
私たちは毎週、世界の一部ではなく全世界のために命を投げうった救い主を崇拝するために集まります。私たちの呼び名は、そのことを明確に表す必要があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
CT:What do you hope will be the result of an annual meeting with this theme?
I would love to see our convention defined by the gospel and the Great Commission. The early church saw an influx of Jews and Gentiles, and much of the Epistles was written to help unite them around the things that mattered, those things of “first importance.” The church’s unity is not based in shared ethnic heritage, shared stylistic preferences, or shared political perspective. It’s found in the gospel. That’s also where our power is.
By God’s grace, nearly 20 percent of our churches are led by pastors of color. NAMB [the North American Mission Board] announced that leaders of color planted 63 percent of our new churches last year. For all three years of my presidency, one of my two vice presidents has been African American and the other Hispanic. By God’s grace, we are diverse and becoming increasingly more so.

CT:このテーマで持つ年次総会がどのような結果になるよう望んでいますか?

グリア:私はこの連盟が「福音と大宣教命令」によって定義づけられるものであることを見たいと望んでいます。創成期の教会ではユダヤ人や異邦人の流入が起こりました。そしてパウロ書簡の多くは重要なもの、「何よりも大事なもの」に基づいて人々を団結させる目的で書かれています。

教会における団結とは、民族意識や物事のやり方における一致、政治指向に基づいた一致のことではありません。それは福音にあるのです。私たちの力となるものも福音の中にあります。

神の恵みにより、連盟加盟教会の約20%は有色人種の牧師によって率いられています。
北米宣教会(NAMB)は昨年作られた新規教会のうち63%が有色人種の牧師たちによるものだった、と発表しました。
私が代表になってからのこの3年間でも、一人のアフリカ系アメリカ人、一人のヒスパニック系アメリカ人が副代表を務めました。
神の恵みを受けて私たちは(人種的に)多様化してきましたし、それはこれからも続くことでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Did you have any reticence to use this theme because of potential criticism? If so, why did you decide to proceed with it?
Well, as noted, this is not a new action but rather embracing what the convention officially adopted in 2012. Its recovery has been a grassroots movement. President Bryant Wright championed it in 2012, and President Jack Graham before him in 2004. Recently, I saw First Baptist Church, Charleston’s pastor, Marshall Blalock, and their church’s announcement that they wanted to use the term. This is significant because of its history as the earliest Baptist church in the South, the very definition of a Southern Baptist church. Since then we have seen that many prominent South Carolina pastors are doing it as well. I know of many churches in North Carolina, Georgia, Alabama, Texas, and other southern states. Danny Akin, president of Southeastern Baptist Theological Seminary, has publicly announced that the school will use the descriptor as well.
Furthermore, I can’t see how any Baptist would be against saying “We are Great Commission Baptists.” Some have asked whether in doing this we are seeking to minimize our past sins—attempting to hide our past or avoid doing the hard work of changing our culture. That is not the intent. We are committed to being a convention defined by the gospel and the Great Commission—not a shared ethnic heritage, stylistic preference, or political perspective.


CT:批判を受ける可能性を考えて、このテーマを掲げることに躊躇(ちゅうちょ)したことはありますか?(もし躊躇したことがあるのなら)なぜそのような決断をしたのですか?

グリア:先ほどお話したように、これは新しいものではなく、2012年総会における公式採択を受け入れるものであり、草の根運動による(呼び名の)復活なのです。
ブライアント・ライト代表(2012年)や、その前任者ジャック・グラハム代表(2004年)もこの呼び名を擁護しました。
先日、私はチャールストン第一バプテスト教会(マーシャル・ブラロック牧師)において、この教会が「大宣教命令バプテスト」という呼び名を使用するという発表を聞きました。
南部でも最初期のバプテスト教会であるこの教会でそのことが決められたのは、歴史的にも重要です。

以来、サウスカロライナの著名な牧師たちもそれに続いています。
ほかにもノースカロライナ州やジョージア州、アラバマ州、テキサス州など他の南部の州にある多くの教会が続くことも分かっています。
サウスイースタン・バプテスト神学校のダニー・アキン校長も、学校としてこの呼び名を採用することを公式に発表しています。

そもそも、なぜ自分たちのことを「大宣教命令バプテスト」と呼ぶことに反対するバプテスト派信徒がいるのか分かりません。
名称変更によって私たちが「過去の罪を最小限に抑えよう」「過去を隠そう」とか、「文化を変えるという大仕事を避けよう」としているかのように言う人もいますが、そのような意図はありません。
私たちの連盟は、福音と大宣教命令によって定義されたものであり、民族意識や物事のやり方における一致、政治指向に基づいたものではないのです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
You mentioned in Baptist Press that you had received emails from around the country asking about using the descriptor Great Commission Baptists. How many such emails have you received, and why do the senders feel now is the time to begin employing the moniker Great Commission Baptists?
We did not count the number, but we did notice that starting in July, seemingly out of nowhere, people began writing to us and reaching out about this subject. Most mentioned what the convention voted on in 2012, that their church was doing it, and had questions about if our associations, state conventions, and national entities were using the name.

CT:あなたはバプテスト・プレス誌で、「全国各地から大宣教命令バプテストという呼び名に関する問い合わせメールを受け取った」と述べています。
そのようなメールは何通くらい届きましたか?また、そのメールを書いた人たちがこのタイミングで「大宣教命令バプテスト」という呼び名を採用しようと思い始めたのは何故だと思いますか?

グリア:メールの数は分かりませんが、前触れもなく7月からこの件に関する問い合わせが増えました。

ほとんどの問い合わせは2012年の決議内容に触れつつ、自分たちの教会でもこの呼び名を採用しようと思っているので関連教会や関連団体、州や国レベルのグループに重複する名称の団体がないか、質問するものでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
At your church, what does it mean practically that you will start to use the descriptor Great Commission Baptists?
It means how we refer to the churches and entities we partner with as calling them Great Commission Baptists. This fits the heartbeat of our church, a sending church, and we believe the heartbeat of every Christian. Jesus’ final command must be our first priority. Legally, the convention still bears the name Southern Baptist Convention.

CT:自分の教会で「大宣教命令バプテスト」という呼び名を使うことは、実際にはどのような意味を持つのでしょうか?

グリア:私たちは加盟教会や団体を「大宣教命令のバプテスト」として呼ぶようになります。この呼び名は私たちの教会や母教会、すべての信徒の信条に沿ったものであると信じています。
イエスが最後に下した命令は私たちの最優先事項でなければなりません。法的には、組織としての南部バプテスト連盟の名称は変わりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Do you think the SBC should reconsider an official name change, or is employing the already-approved moniker sufficient for now?
I don’t know enough of the context surrounding the task force’s 2012 decision, so I can’t speak to the official name change challenges. Our church’s official name, for instance, is still legally Homestead Heights Baptist Church, even though we’ve been “doing business as” The Summit Church since 2003. If churches still want to refer to themselves as SBC, that’s fine. Whether in our name or only in our aspirations, we are all Great Commission Baptists. It’s why we come together.

CT:SBCは正式な名称の変更を再検討する必要があると思いますか、それとも(採決された)呼び名として採用するだけで十分だと考えていますか?

グリア:どのような状況で2012年の決定が下されたのか、私は十分に理解していないため、正式な名称変更の課題についてはお話することができません。たとえば、私たちの教会も2003年からは「サミット教会」として「事業」を行っていますが、正式な名称は元の「ホームステッド・ハイツ・バプテスト教会」のままです。それぞれの教会がそのままSBCと名乗ることには何の問題もありません。活動の精神において(あるいは名称において)私たちは皆「大宣教命令バプテスト」です。
それが私たちの連なる理由なのですから。

執筆者のデビッド・ローチは在ナッシュビルのライター。
本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。
出典URLhttps://www.christianitytoday.com/news/2020/october/southern-baptist-name-great-commission-greear.html

Share

Related Posts

None found

おすすめ