オーストラリア新首相はヒルソング・チャーチのメンバー

 

オーストラリアの与党である自由党の党首選に勝利したスコット・モリソン氏が24日、第30代首相に就任した。最初の記者会見で「信念と価値観を共有し、国民に寄り添う」と語り、自身が所属する自由党の変革を主導したことを高らかに宣言した(モリソン氏は、党首選に不出馬の意向を示したマルコム・ターンブル前首相の後継候補だった)。

スコット・モリソン氏(写真:Clrdms)

モリソン氏はシドニーにあるヒルソング・チャーチ(ペンテコステ派)のメンバーで、クリスチャンホームに育ち、教会で妻ジェニーさんと知り合った。自身を「献身者」と位置づけている。

5月に50歳になったモリソン氏は、「娘の誕生は神の奇跡」と述懐している。「14年間に及ぶつらい不妊治療の末、妻ジェニーの主への信頼に対して、奇跡をもって祝福してくださった」

首相としての最初の演説でモリソン氏は、「幼少時より信仰にコミットしてきた」と断言した。「イエス・キリストへの個人的な信仰は、取り組むべき政治的課題ではない。リンカーン米元大統領の言うように、我々の任務は、神が我々と共におられることではなく、我々が神と共にいることを熱心に祈ることだ」。そして、ヒルソング・チャーチのブライアン・ヒューストン牧師や多くのリーダーからの支援に感謝を述べた。

また、自身の信仰が批判の対象になっていることを理解し、次のように述べた。

「信仰は個人的なものだが、社会的なものでもある。社会的責任は、クリスチャンとしてのメッセージの核心部分だ。しかし、社会生活で自ら『ファンダメンタリスト』と表明する人々を否定的に捉える傾向があり、そのような信仰はこの国の政治的議論の場では認められていない。この現状は、私のような者にとってはきわめて大きな挑戦だ。オーストラリアは世俗的な国家ではない。個々人がそれぞれの信条に従うことができる自由な国なのだ」(デイリーメールより)

本記事はブラジルのキリスト教メディア「ゴスペル・プライム」に掲載された記事より翻訳、転載しました。

出典URL:https://noticias.gospelprime.com.br/scott-morrison-primeiro-ministro-da-australia-e-evangelico/

Share

Related Posts

  1. 【米CT】新型コロナウィルスは信仰にどのような影響を与えたのか 14カ国での調査結果

  2. 【緊急インタビュー】 「死海文書」断片の発見をどう見る 手島勲矢×山森みか×加藤哲平 「見たことない写本がまだ眠っている」

  3. 米朝首脳会談についてカトリックとプロテスタントの代表者がコメント「対立的なレトリックから和解的な言葉へ」

  4. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】教会への入場制限条件をカジノと同水準にする要求を退けた米最高裁判所の判決

  5. 共産党監視下に中国で急増するキリスト教徒 2020年12月21日

  6. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】降誕だけでなく再臨も待つアドベント(対訳)

  7. フィリピンのカトリック教会でミサ中に爆発 イスラム過激派によるテロか

  8. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】米朝首脳会談は北朝鮮のクリスチャンを救済するか(対訳)

  9. パンデミックに沈む街に差し込むイエスの光(1)

  10. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】新型コロナ・ウイルスのため韓国の教会が初めて礼拝を中止に(対訳)

  11. 【米CT】Xマスっていう呼び方ってどうなの? 実はキリスト教に深くつながる起源。

  12. 米福音ルーテル教会がローラー牧師をトランスジェンダー初の監督に選出

  13. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】狭い信仰理解から解放されるために──福音派クリスチャンの成長(前編)

  14. マイク・ペンス副大統領はどのようなクリスチャンか 副大統領候補の討論会

  15. バチカン、性的虐待対処の手引き発表=教皇が作成要請 2020年7月21日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。