• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT
  • 【米クリスチャニティ・トゥデイ】新型コロナ・ウイルスのため、礼拝を中止すべきか──二つのツールを使って判断(前編)

【米クリスチャニティ・トゥデイ】新型コロナ・ウイルスのため、礼拝を中止すべきか──二つのツールを使って判断(前編)

 

いま私は重い気持ちでこの記事を書いている。私はレント(受難節)の第2日曜日(8日)の朝を、リビングルームで礼拝のライブ配信を妻と一緒に見ながら過ごした。ワシントン州のキング郡公衆衛生局が5日、諸宗教の団体に対して「50人以上の集会をすべて中止するように」と勧める通知を送ったため、教会には誰もいなかった。シアトル地域のほぼすべての教会は、礼拝を含め、ほとんどの教会活動を停止している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As I write this, my heart is very heavy. I just spent the second Sunday morning of Lent in my living room with my wife, watching a livestream of the worship service from my church. The church was empty because this past Friday, the King County Public Health Department in Washington state sent a notice to faith-based organizations, recommending that they cancel all gatherings with 50 or more people. Pretty much all churches in the Seattle area have already stopped their in-person worship services along with most other church activities.

ワシントン州のジェイ・インスリー知事(写真:Office of the Governor of the State of Washington)

私が通う福音派の教会では、毎週日曜日に4度の礼拝が行われ、のべ1500人以上の礼拝者がいる。(危険を避けるために)私たちは礼拝をオンラインでのライブ配信に切り替えて行うことにした。この記事を準備している間にも、ジェイ・インスリー知事(ワシントン州)は、新たに3つの都市圏で、250人を超える集会の禁止を発表し、11日には世界保健機関(WHO)が新型コロナ・ウイルスを世界的な「パンデミック(大流行)」と見なせると表明した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Since the evangelical church that I attend has over 1,500 worshipers in four services each Sunday, we livestreamed our worship services. As this article was being prepared for publication, Gov. Jay Inslee took it further, banning gatherings larger than 250 people in three metro counties, and WHO declared COVID-19 a global pandemic.

(集まって礼拝することは私にとって喜びだが、)私の心が重いのは、ほかの人たちと一緒に礼拝できなかったからではない。新型コロナ・ウイルスの流行が私たちをどこに連れて行こうとしているのか、社会や教会の多くの人々は知らないままでいるが、私にはそれが見えている。それが私の心を重くさせているのだ。17年前、SARS(サーズ)の流行が中国で発生したとき、私は北京のWHOで働いていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But my heart is not heavy because I could not gather with others to worship (as much as I appreciate corporate worship). It is heavy because I can see where the COVID-19 epidemic is going to take us, while most of those in our society and churches do not. Seventeen years ago, I was working for the World Health Organization (WHO) in Beijing when the SARS coronavirus epidemic broke out in China.

中国に対するWHOの支援任務に放り込まれ、その流行を食い止めるため、3カ月間24時間、無休で働いた。中国で人々が受けたSARSの影響、政府が行った大規模な「人との距離を確保する対策」、そしてその努力によって社会が支払った代償をこの目で見てきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I was thrust into leading much of WHO’s support to China and worked 24/7 for over three months to help contain that epidemic. I saw firsthand the effects of SARS on the people of China, the extraordinary social distancing efforts undertaken by the government, and the cost that the society paid to contain that epidemic.

WHOから中国のビル&メリンダ・ゲイツ財団に移って勤務した後、妻と私は2015年にシアトルに移り住み、いくつかの国で結核の状況を監視する財団の活動に携わった。四半世紀にわたり、私はキリストの弟子としての召しに応えて、病気の蔓延(まんえん)を食い止め、根絶する働きに従事してきた。ここで私は、主にある兄弟姉妹に対して、この病気の対策をしっかり取るように呼びかけたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
After working for WHO and then the Bill and Melinda Gates Foundation in China, my wife and I moved to Seattle in 2015 to lead the foundation’s work to control tuberculosis in several countries. For a quarter of a century, I’ve answered a calling as a follower of Christ to stop the spread of diseases and work to eliminate them, and now I heed that calling to speak to my brothers and sisters in Christ to take this epidemic seriously and respond.

新型コロナ・ウイルスが1月に中国で最初に発見されたとき、シアトル地域のほとんどの教会にとって、それは大した問題ではなかった。しかし春節(中国の旧正月の祭り)の時期になると、大量の信徒が中国と往復するために、シアトルの中国教会では多くの不安の声が上がった。教会員は、中国に旅行した人からの感染を非常に心配し、日曜日の礼拝者の数は半減した。福音派の中国系メンバーが多い教会の指導者から、現場対応を支援する依頼が私のもとにも届いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When COVID-19 first surfaced publicly in China in January, this was not an issue for most churches in the Seattle area. But it generated a lot of anxieties among local Chinese churches because Chinese Spring Festival was happening and their members were going to and coming from China. Church members were extremely concerned about being infected by a traveler from China, and the number of Sunday worshipers declined by half. The leadership of a large majority–ethnic Chinese evangelical church asked me to help guide their church’s local response.

私が所属する大きな福音派教会は広域から人が集まるが、そこでも同様の依頼を受けた。また、(ボーイ/ガール)スカウトや育児、青少年活動などの奉仕プログラムを通じて地域に深く関わっている地域の小規模教会からも依頼があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Subsequently, the large American evangelical church I attend, which draws congregants from a wide geographic base, made the same request, along with a smaller neighborhood church deeply engaged in its local community through service programs like Scouts, childcare, and youth work.

神の国のためにさまざまなアプローチを取る諸教会と協力する中で私は、「教会が十分な対応を取るためには、新型コロナ・ウイルスが広がる経路、自分自身やほかの人を感染から守る方法、各地域にあるリスクを適切に読み取る方法を理解することが必要だ」と信じるに至った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
From working with these churches, each with diverse approaches to kingdom engagement, I learned that a robust church response requires a proper understanding of how COVID-19 spreads and harms, how to protect ourselves and others from being infected, and how to properly assess the risks we face in our communities.

新型コロナ・ウイルスがどう広がり、被害を出すかの理解

新型コロナ・ウイルスが誰にも気づかれず私たちのコミュニティーに効果的に侵入できたのには、いくつかの要因がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Several factors have come together to help the COVID-19 effectively and stealthily invade our community without notice.

(写真:GabboT)

一つ目の要因は、症状だけでは新型コロナ・ウイルスなのか風邪なのかを知ることは困難なことだ。新型コロナ・ウイルス患者の80%には、発熱、咳(せき)、鼻水、倦怠感(けんたいかん)など、普通の風邪と同じような症状が出る。つまり、自分でも気づかないうちにウイルスを運んでいる可能もあるということだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
First, it is hard to know whether you have COVID-19 or just the common cold. Eighty percent of people with COVID-19 have mild symptoms like fever, cough, runny nose, and general tiredness, which matches the common cold. This means a person may be carrying and transmitting the virus without knowing it.

二つ目の要因は、感染者が近くにいなくても感染する可能性があることだ。感染した人が咳をして、その飛沫(ひまつ)が近くの物体の表面に付着するかもしれない。ウイルスが手についていれば、扉を開けようとドアノブを握るだけで感染を広げることもある。新型コロナ・ウイルスは物質の表面に付着すると、少なくとも数時間は生き続けるため、手を介して鼻や目に移れば、感染する可能性がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Second, you don’t have to be around an infected person to get infected. Infected people can cough and generate respiratory droplets, which then land on nearby surfaces. Or people with the viruses on their hands can deposit the viruses onto a door handle when they open the door. Because these viruses can stay alive on surfaces for at least several hours, people who touch a surface with the viruses on it and then touch their nose or eyes can become infected.

三つ目の要因は、感染した約20%が重症を起こし、入院が必要になることだ。致死率は感染者のうち3%だが、このウイルスは高齢者や基礎疾患を持つ人々に対して特に攻撃的で、その死亡率は数倍高くなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Third, about 20 percent of infected people develop a more severe illness and may need to be hospitalized; 3 percent of all those infected die. However, the virus is particularly aggressive among the elderly and those with chronic illnesses, resulting in a death rate several times higher for these vulnerable individuals.

そのせいで、このウイルスに感染している大多数の人は問題を過小評価してしまう。病原菌は人から人へ感染していき、最終的には体の弱っている人に大きな害を引き起こす。その制御は困難だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Therefore, this virus is particularly difficult to control because it causes complacency among the vast majority of people who have the infection, which facilitates its transmission from person to person while causing the greatest harm to the most vulnerable individuals.

さらに事態を難しくしているのは、現在、この感染を診断するためのキットの数が十分ではないことだ。現在、シアトルでは、肺炎で入院した人たちのための検査キットはほとんどない。間もなく追加のキットが到着する予定ではあるが、シアトルにいる誰でも診断を希望すれば受診できるようにする必要がある。受診が行われて初めて、この疫病が実際にどこまで広がっているのかが分かる。その情報なしに感染を封じ込めるのは不可能だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Adding to the difficulty is the fact that we currently do not have enough test kits to diagnose this infection. Right now in Seattle, there are barely enough tests for those admitted to the hospital with pneumonia. Though more tests should become available soon, we need to make testing so widely available in Seattle that anyone who wants the test can get it. Only then can we shine a light on the real size of this outbreak, which is what is needed to contain it.

イラン、テヘランの病院の新型コロナ・ウイルスの患者(写真:Mohsen Atayi)

新型コロナ・ウイルスから自分とほかの人の身を守る方法

今あなたは、「何か良い知らせはないのか」と思っているのではないだろうか。幸いなことに、良い知らせはいくつかある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
By now, you are probably looking for some good news. Fortunately, there is some.

まず、自分自身やほかの人を感染から守ることは可能であることが分かっている。その方法はあまりにも普通すぎて、見くびられがちだ。それは頻繁に手を洗うこと、顔に触れないようにすること、仲の良い人でも握手は控えること、病人から距離を取ること、病気になったら家で休むことだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
First, we know it is possible to protect ourselves and others from being infected. However, the approaches are so ordinary that we underestimate how effective they can be: Wash your hands frequently, avoid touching your face, be friendly but don’t shake hands, keep away from sick people, and stay home when you are sick.

近くで誰かが咳をしても、別に恐れる必要はない。その人があなたから約2メートル以内の距離であなたに向かって咳をしているのでなければ、咳に含まれる小さなつばにウイルスは含まれて地面に落ちるので、あなたに届くことはない。ウイルスは浮遊せず、空中を循環することもない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
You don’t have to be afraid when you hear someone coughing near you. If that person is not coughing directly in your direction and is within six feet, the viruses can’t get to you because they are in large respiratory droplets that fall to the ground. The virus does not float and circulate in the air.

二つ目の良い知らせは、ウイルスは撃退可能ということだ。新型コロナ・ウイルスが入り込んだものの、拡散しなかったコミュニティーの例はいくつもある。それは、そこの人々が基本的な公衆衛生のルールを守ったからだ。感染例の特定と感染者の隔離について、特別なことは何もない。一般的な対処がよく効くのだ。ただしそれには、最初から積極的かつ効果的に対処する必要がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Second, the virus can be beat. All around the world, there are many examples of COVID-19 entering a community and then never gaining a foothold—all because people apply basic public health principles. There is nothing sexy about rapidly identifying and isolating infectious cases and their contacts. But it works. However, it needs to be applied aggressively and effectively right at the start.

残念なことだが、対応が遅いケースがあまりにも多い。ウイルスがコミュニティーで拡散する前に撃退するには、もっと積極的な「人との距離を確保する対策」が必要だ。多くのコミュニティーにおいて、このウイルスはすでにしっかりと根を張っていることが予測される。それでも多くの教会は行動を起こすのを恐れている。中国や韓国、イタリア北部のように、疫病の拡散が制御不能になる前に、都市や地域を封鎖するような極端な「人との距離を確保する対策」を取ることが必要だ。しかし、そのような極端な「人との距離を確保する対策」によって引き起こされる社会的・経済的な代償は大きい。(後編に続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Unfortunately, what we see over and over is that the response is late. By the time the virus gains a foothold in the community, beating it requires much more aggressive social distancing. I believe this virus is already firmly established in many of our communities. Even so, many churches are reluctant to act. By the time an outbreak spirals out of control—like the ones in China, South Korea, and northern Italy—extreme social distancing measures, like locking down cities or regions, become necessary. But the social cost of such extreme distancing will be high, not to mention the economic cost.
Share

Related Posts