今日は何の日?

9月2日はトールキンが亡くなった日

 

今日9月2日はトールキンが亡くなった日です。「基本的には宗教的でカトリック的作品」と自ら述べた壮大なファンタジー『指輪物語』(評論社)が「ロード・オブ・ザ・リング」の3部作「旅の仲間」「二つの塔」「王の帰還」として2001~03年に実写映画化され、アカデミー賞で17のオスカーを獲得しました。

トールキンは早くに両親を亡くし、カトリック司祭に育てられました。8歳のとき、母親がバプテストからカトリックに改宗したことにトールキン自身も大きな影響を受け、生涯、忠実なカトリック信徒として歩みました。

オックスフォード大学を卒業後、第一次世界大戦に従軍。トールキンは辛うじて生還できたものの、親友たちは戦場で次々と命を落としました。この壮絶な体験が『指輪物語』執筆の背景にあるといわれます。

1916年、従軍中のトールキン(当時24歳)

『指輪物語』は、指輪という重荷(十字架)を背負った主人公フロド、再臨した王である旅の仲間アラゴルン、死からよみがえった仲間ガンダルフなど、聖書的な出来事や考えが散りばめられています。トールキンが信仰に導いた親友C・S・ルイスの『ナルニア物語』とともに、クリスチャン文学にかぞえられています。

作品の知名度に比べ、その素顔についてはあまり知られていないトールキンですが、その少年期と青年期を描いた伝記映画「トールキン 旅の始まり」が8月30日から公開されています。

Print Friendly, PDF & Email
よかったらシェア

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-今日は何の日?
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.