9月25日はグレン・グールドの誕生日

 

今日9月25日はグレン・グールドの誕生日です。20世紀の最も優れたピアノ演奏家の一人といわれ、特にバッハに傾倒し、さまざまなバッハの鍵盤作品について大胆な再解釈を行い、多くの業績と録音を残しました。低い椅子に座り、猫背で演奏するスタイルと、弾きながらハミングする癖でもよく知られています。惜しくも50歳で脳卒中により急逝しました。

(写真:Hl)

1932年、カナダ・トロント生まれ。父方がメソジスト、母方が長老派に属し、25年にはそれらが合同してカナダ合同教会(カトリックに次いでカナダで大きいプロテスタント教派)になりました。両親共に信仰深く、グールドも子ども時代は両親について日曜礼拝に熱心に通っていたといいます。

18歳頃から、教派や教義によって分けられる宗教を拒絶するようになり、教会に行かなくなります。しかし晩年、「日曜の晩の礼拝を、ステンド・グラスを通してはいり込む陽光と祈祷を、『主よ、この世の与えられぬ平安を与え給え』で結ぶ牧師の姿とともにはっきりと覚えている」とその頃の思い出を語っています。

世界にその名を広めたのは、デビュー盤であるバッハの「ゴルトベルク協奏曲」(56年)。ルイ・アームストロングの新譜を抑えてチャート1位を獲得したこのアルバムは、クラシック界に大きな衝撃を与えました。愛読書が夏目漱石の『草枕』であるなど、日本への造詣(ぞうけい)も深く、再録音した「ゴルトベルク協奏曲」(81年)では日本製のピアノが使われました。

Share

Related Posts

None found

  1. 神さまが共におられる神秘(74)稲川圭三

  2. 5000人超の足跡を収録 教文館『日本キリスト教歴史人名事典』刊行 日本キリスト教史研究の「里程標」 〝教会ウォッチャー〟八木谷涼子さんが編集の舞台裏を直撃取材 2020年9月21日

  3. 日本福音ルーテル教会、感染拡大が見込まれる地域では礼拝中止を積極的に選択すべき

  4. 6月14日「義と聖と贖いに」

  5. 日本のキリスト教化に失敗したマッカーサー元帥

  6. 【Road to えきゅぷろ2022】 コロナ禍に翻弄された1年

  7. 一足お先にサンタクロースの日!? 〜聖ニコラウスの祝日〜

  8. 2020年11月3日「その独り子をお与えになったほどに」

  9. 【今日は何の日】教皇なんて気にしない!〜ナポレオンの戴冠式〜

  10. 九州南部豪雨 警戒続く 熊本、岡山、広島から「全国」へ 被災支援での教訓とつながりを 2020年7月11日

  11. コンサートがなくなり困窮するクリスチャン・アーティストを支援しよう クラウド・ファンディング実施中

  12. 5月2日「イエスが、お叱りになると」

  13. 【インタビュー】内藤淳一郎さん 信仰は、キリストの言葉を聞くことから始まる(後編)

  14. 【今日は何の日】1886年11月1日 萩原朔太郎の誕生日

  15. 世界初の殉教者は「天使のような」イケメン! 〜聖ステパノの記念日〜

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。