9月4日はブルックナーの誕生日

 

今日9月4日はブルックナーの誕生日です。

生涯を通じてとても敬虔なカトリック信徒で、10歳になる頃には父に代わって教会でオルガンを弾き、ザンクト・フローリアン修道院の聖歌隊に入りました。

ザンクト・フローリアン修道院(写真:Bwag)

「すべては主の最大の誉れのために」作曲した後期ロマン派の宗教曲の最高峰「テ・デウム」をはじめ、「ミサ曲」第1番、第2番、第3番、「ミサ・ソレムニス」、「レクイエム」など、数多くの宗教曲を残しています。

中でも力を注いだのは交響曲です。後年、ブルックナー自身、破棄するに忍びないと、「第1番」のあとに「第0番」とつけた交響曲も含め、全部で10曲あります。ベートーベンが築いた交響曲の形式を受け継ぐとともに、カトリック信仰による宗教的色合いも持っています。「交響曲第0番」の第2楽章では「ミサ曲」第2番の「グローリア」、第4楽章では「アヴェ・マリア」の旋律が聞かれます。また「第2番」の第4楽章には、「ミサ曲」第3番の「キリエ・レイソン」の旋律が奏されるなど、自作の宗教曲を組み入れ、世俗的な交響曲にも敬虔な祈りが込められています。

日本人指揮者では朝比奈隆が1970年代に「ブルックナー交響曲全集」を録音しました。中でも、75年に大阪フィルとの演奏旅行の際に、ブルックナーの眠るザンクト・フローリアン修道院での演奏を収録した「交響曲第7番」のライブ盤は伝説的な名盤となっています。

Share

Related Posts

  1. 【今日は何の日】1869年10月2日 マハトマ・ガンジーの誕生日

  2. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(92)稲川圭三

  3. 西日本福音ルーテル教会、地域差があることから教会役員会の判断を優先 礼拝を中止した教会も

  4. 【インタビュー】キリスト教カウンセリング・センター理事長・大塩光さん 「牧師」の枠を取り払って、一人の人として(後編)

  5. 2020年8月27日「つまずき、それをもたらす者は不幸である」

  6. 【毎日連載・最終回】思い出の杉谷牧師(18)下田ひとみ

  7. 【今日は何の日】1492年10月12日 コロンブスがアメリカ大陸を「発見」

  8. 【教会では聞けない?ぶっちゃけQ&A】 義父母に教会へ行くことを止められている… 西岡まり子

  9. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(82)稲川圭三

  10. 3月24日「キリスト・イエスを通して、明らかになるでしょう」

  11. カトリック仙台教区、すべてのミサなどは行わないが、聖体は小教区で授与することが可能

  12. 日本基督教団隠退牧師の石川和夫さん、召天 89歳

  13. 【連載小説】月の都(5)下田ひとみ

  14. カトリック札幌教区は公開のミサを中止 仙台教区と新潟教区の新型コロナ・ウイルスへの対応

  15. 神さまが共におられる神秘(68)稲川圭三

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。