今日は何の日?

9月6日は妹の日

投稿日:2019年9月6日 更新日: -

 

今日9月6日は妹の日。漫画家の畑田国男が1991年に制定しました。乙女座(8月23日~9月23日)の中間日ということです。ちなみに、姉の日は12月6日(貧しい3姉妹を救った聖ニコラウスの祝日で、妹の日の3カ月後)、兄の日は6月6日(ふたご座の中間日)、弟の日は3月6日(兄の日の3カ月前)です。

左からニクソン米大統領とカーペンターズの妹カレン、兄のリチャード

聖書を見ると、「妹」は旧約に59回出てきます。有名なのは、アブラハム(アブラム)が妻サラ(サライ)をファラオなどに妹と偽ったエピソード(創世記12章、20章)、イサクと結婚するラバンの妹リベカ(24章。26章ではイサクも父と同じ嘘をつく)、ヤコブがラバンの二人の娘である妹ラケルと結婚してヨセフが生まれる(29~30章)など、妹をめぐってさまざまな物語が出てきます。雅歌では、花嫁を「妹」(4~5章)と呼んでいます。

「マルタとマリアの家のイエス」(ハインリヒ・ホフマン)

新約には「妹」は出てきませんが、「姉妹」(ギリシア語の「アデルフェ」は英語のシスターと同じで、年上か年下か分からない)としてイエスの姉妹(マタイ13:56、マルコ3:32)やマルタの姉妹マリア(ルカ10:39、ヨハネ11:1)、母マリアの姉妹(ヨハネ19:25)、パウロの姉妹(使徒23:16)などが登場します。

イエスは、「だれでも、わたしの天の父の御心を行う人が、わたしの兄弟、姉妹、また母である」(マタイ12:50)と言われ、肉親の情をクリスチャン同士の交わりへと相対化しました。そのため教会では互いを「兄弟姉妹」と呼ぶのです。

年老いた婦人は母親と思い、若い女性には常に清らかな心で姉妹と思って諭しなさい。(1テモテ5:2)

Print Friendly, PDF & Email
よかったらフォローお願いします。
よかったらシェア
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-今日は何の日?
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.