クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】キリスト教の中国化を求める中国──政府の抑圧か、中国教会の主体的発展か(後編)

 

歴史的背景──党支配下にある教会

宗教の中国化は、単なる共産主義の目標の一つではない。宗教的慣習から外国人の影響を取り除きたいという願望は、西洋文化とのファースト・コンタクト以来、中国社会のテーマだった。キリスト教に限らず、中国への宗教的接触はすべて、それが国の意図とどう一致しているかに応じて、支持や容認、禁止されてきた歴史がある。そして、国の意図に沿わない宗教は禁じられ、迫害された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The sinicization of religion is not merely a Communist goal; the desire to free religious practice from foreign influence has been a theme in Chinese society since its earliest encounters with the West. Throughout its history, every Christian or religious advance into China was supported, tolerated, or prohibited depending on how it aligned with imperial objectives. Religions that did not fit were proscribed and persecuted.

かねてより中国の知識人は、自国の宗教(道教と儒教)の保護に注力していた。1920年代には、プロテスタント宣教団来訪のピークに相まって、反キリスト教運動が起こった。1900年の「義和団の乱」(欧米に対する反乱)のように、外国の宗教に反対する運動が公式に容認されたものもあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
From the beginning, Chinese intellectuals worried about preserving indigenous religions (Taoism and Confucianism). The 1920s brought an anti-Christian movement that coincided with the peak of Protestant missions. There were also officially tolerated initiatives directed at foreign religions, such as the Boxer Rebellion in 1900.

義和団の乱で北京の壁をよじ登る米軍(ポスター)

1949年に共産軍が勝利し、中華人民共和国が設立されると、外国人のクリスチャンは追放され、「三自愛国運動」全国委員会を通した党の支配のもとに中国の教会は置かれることとなる。この委員会の名前自体も、中国化の試みを反映している。新しい中国の教会は、外国の影響を受けない「経済的自立」「伝道的自立」「政治的自立」を持つべきとされたのだ。政府の認証を受けた教会は今でも「三自」教会と呼ばれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Following the Communist victory and the establishment of the People’s Republic of China in 1949, foreign Christians were expelled and Chinese churches were brought under party control through the Three-Self Patriotic Movement Committee. The name of this committee itself reflects a sinicization attempt: Churches in the new China were to rid themselves of foreign influence and be self-funding, self-propagating, and self-governing. Registered churches are still today referred to as “Three-Self” churches.

それ以来、中国独自の神学を発展させ、促進するための草の根的な努力が重ねられた。これは西側諸国でも必要と考えられている「土着化」の働きだ。『抑圧をくぐり抜け再建される教会──中国本土キリスト教徒の社会学的考察』の著者である中国本土の学者リー・マー氏によれば、政権が統制を厳しくするたびに、政治の世界では「西洋思想による侵略」という大衆受けする疑惑を煽(あお)って排他主義的感情を変動させるという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Since then, grassroots efforts have emerged to develop and promote Chinese theology—an indigenization effort that most in the West would see as necessary. But, according to Mary Ma, a mainland Chinese scholar and author of the book Surviving the State, Remaking the Church: A Sociological Portrait of Christians in Mainland China, “in the political realm, whenever the regime decides to tight up authoritarian control, it resorts to the need for sinicization, and in the political realm, anti-foreign sentiments fluctuate with popular suspicion against the invasion of western ideologies.”

言い換えれば、宗教を党(社会主義)の価値観に適合させること自体が目標になったことはこれまでなかった。(宗教への)支援や推進は、国家の求めに応じて増減するもので、今も国家の求めに応えるかたちで支援が引き下げられている状態だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In other words, conforming religion to party values (socialism) has never not been a goal. Enforcement and implementation wax and wane depending on the needs of the party-state. The needs are higher now, so it has been trotted back out.

見方によっては、中国の文化的価値観へ適合させるための話し合いというのは、ポジティブなことと映るかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In some ways, the talk about conforming to Chinese cultural values might be seen as a positive.

西洋の宣教学で評価されている「土着化」や「文脈的適合」と見なすこともできるだろう。この問題は教会の中で議論され、形成されていく必要性があるし、それは現実的に起きている。ただ、教会と国家の分離を前提としている西洋人から見て違和感や不快感を覚えるのは、無神論主義の一党制国家によってその動きが起こされており、宗教を含む社会や文化のあらゆる側面を国家が管理する権限を自らに与えているからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
We might even attach the labels of indigenization or contextualization, which are highly valued in Western missiology. But we also see the need for the issue to be debated and formed within the church, and there is evidence of that happening. What makes this different, and so off-putting, at least to Westerners who start with the assumption of the separation of church and state, is that it is being led by an atheistic party-state that starts with the assumption that it has the right to control every aspect of society and culture, including religion.

中国人の反応

中国の公認教会と非公認教会の間ではさまざまな反応が出ているが、宗教活動の中国化という流れに非公認の家庭集会はほとんど影響を受けていない。それは、彼らが政府の監督下にないからだ(政府から見れば、それが問題の根源なのだが)。知名度の高い家庭集会や指導者たちに対する嫌がらせや迫害を受けて、中には声を上げることを選択した人もいる。政府に宛てて書かれた2018年9月の書簡には、これまでに中国全土の20以上の省から400人以上の牧師が署名している。他のクリスチャンはこの抵抗活動を良しとせず、その代わりに、政府の圧力が高まっても礼拝と信仰生活を続けるための独創的な方法を見つけている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A variety of responses have emerged among registered and unregistered churches in China. In many ways, the sinicization of religion campaign has little impact on the unregistered house churches, since they are not under government supervision (from the government’s perspective, that’s the crux of the problem). In the wake of the harassment and persecution faced by high-profile house churches and leaders, some have chosen to speak out. A September 2018 letter to the government has now been signed by over 400 pastors from over 20 provinces across China. Other Christians disagree with this pushback and instead find creative ways to continue to worship and practice their faith despite increasing government pressure.

公認教会の牧師は、会議への出席や、地方自治体や中央政府の役人とのやりとりなどで多くの時間を費やす必要があるため、より直接的に影響を受ける。しかし、中国化に関する政府の見方と牧師の見方との間には溝がある。政府は、支配下に置くことや社会主義との整合性を保つことを目的としているが、牧師はそれを教会にとっての好機と捉えているからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Pastors in registered churches are more directly affected, as they are required to spend inordinate amounts of time attending meetings and interfacing with local government and party officials. But there’s a disconnect between how the government views sinicization and how the pastors view it. The government aim is control and alignment with socialism, while pastors see it as a positive opportunity for the church.

中国で12年間過ごし、公認教会についての著作を書くため、さまざまな牧師にインタビューしてきたカルヴィン大学元教授のウェイン・テン・ハームセル氏はこう語る。「彼らにとってこれは、人々の目をキリスト教に向けさせることを意味するのです。これまで宣教師たちが長い時間をかけて訴えてきた『文脈的適合』と何ら変わりません。中国の歌を歌ったり、中国の故事や物語を説教のたとえに使ったり、現代社会の文化や課題に取り組むために教会の教えや宣教を整えたりするなど、基本的なことばかりです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“To them, it means putting a Chinese face on Christianity. It means much the same as contextualization, something missionaries have advocated for a long time,” said Wayne Ten Harmsel, a former Calvin College professor who spent 12 years in China and interviewed pastors for a book about registered churches. “It has to do with such basics as singing indigenous songs, using Chinese examples and stories as sermon illustrations, tailoring the church’s teaching and preaching to address the problems and culture of contemporary society.”

私たちの応答

中国の教会は、政府による宗教統制によって何十年もの間、妨害と抑制を強いられてきたにもかかわらず、創造的な方法で成長し続けてきた。状況には変化も見られるものの、妨害と抑制はますますイデオロギー的なものになり、信念と価値観の領域に焦点を当てたものになっている。同時に、技術的進歩(ビッグデータ、人工知能、顔認識)によって、政府が個人レベルまで宗教活動を統制できる選択肢と権限が大幅に増加されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Because of the government’s efforts at controlling religion, the church in China has faced decades of opposition and restrictions; yet it has grown and flourished in creative ways. Things have begun to change, though, and opposition and restrictions are increasingly ideological and focused on the realm of beliefs and values. At the same time, due to technological advances (big data, artificial intelligence, facial recognition), the power and opportunity of the party-state to control religious activities down to the individual level have vastly increased.

今後数年間は、これまで発表されてきた政策がどのように実施されるのかを注視し、中国の兄弟姉妹が同国の教会史の新しい時代を築くために共に祈りをささげる重要な時期だ。信者たちのために次のことを祈る必要がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The coming years will be an important time to see how these stated policies will be implemented and to stand in prayer with our brothers and sisters in China as they write a new chapter of Chinese church history. We see the need for believers to pray:

・中国の神学者と思想的指導者が聖書的な応答をするための知恵が与えられるように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
That Chinese theologians and thought leaders would have wisdom in considering biblical responses.

・政府の圧力に対して、教会と指導者たちがそれぞれ根本的に異なるアプローチを神から示される時、一致がもたらされるように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
For unity among churches and church leaders who may be called by God to take radically different approaches in their response to government pressures.

・中国のクリスチャンが、柔軟な対応ができる事柄と、譲れない最低ラインがある事柄を知ることができるように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
That Chinese Christians would know where they can be flexible and where there are bottom lines that cannot be crossed.

・人々が新しい伝道のかたちを模索する中で、神が中国で教会を立て続けられるように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
That God will continue to build his church in China, as some look to new models of outreach.

最近の中国の発展に不安を感じている西洋の私たちだが、あるクリスチャンの兄弟からのメッセージを最後に紹介したい。「中国人クリスチャンにとって現代が厳しい冬のようだと見る人もいるかもしれません。しかし、冬なのはペンテコステ以来、同じであり、私たちは常に春を待ち望んでいるのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
For those of us in the West who are alarmed about recent developments in China, a reminder from a Christian brother is in order: “Some people view this time to be a winter for Chinese Christians. In fact, it has been winter since Pentecost, but we are always looking forward to spring.”

執筆者のケリー・ショッテンコーブ氏はチャイナ・ソース社長、ジョアン・ピットマン氏は上級副社長。同社の「ZGBリリーフ」ニュースレターは、中国の教会に関する最新情報を提供している。

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2019/march/sinicization-china-wants-christianity-churches-more-chinese.html

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.