社会

浜矩子さんと福嶋揚さんとの対談「金と神──経済学と神学の対話」
経済学者の浜矩子(はま・のりこ)さんと神学者の福嶋揚(ふくしま・よう)さんの対談「金と神──経済学と神学の対話」(共催:日本基督教団出版局)が16日、日本基督教団・西片町教会(東京都文京区)で開催され、103人が集まった。
「紛争変革」による平和構築に尽力したメノナイトのジョン・ポール・レデラック氏に庭野平和賞
平和主義を掲げるメノナイトのクリスチャンで、米ノートルダム大学名誉教授のJ・P・レデラック氏(63)が18日、第36回庭野平和賞に決まった。賞状と顕彰メダル、賞金2000万円が贈られる。贈呈式は5月8日、レデラック氏の記念講演も行われる。
性的虐待に対応するための全世界の司教協議会会長会議 日本でもさまざまな対応
聖職者による性的虐待と隠ぺい問題への対応を協議するため、全世界のカトリック司教協議会会長による会議が、21日から24日まで4日間、バチカンで開かれる。プロテスタントでも性的虐待事件が起きており、主要な教団でセクハラ対策がなされている。
靖国神社に出会った若きキリスト者は何を感じたか NCCエキュメニカル・ユースの集い
「NCCエキュメニカル・ユースの集い──靖国神社に行っちゃおう!」(主催:NCC青年委員会)が9日、日本基督教団・富士見町教会(東京都千代田区)で開かれた。さまざまな国と教派の青年24人が集まり、天皇の代替わりを前に思いを分かち合った。
帯広聖公会の旧双葉幼稚園園舎 保存活用に向けて卒園生らがNPOを設立
日本聖公会北海道教区(本部・札幌市)が所有する国の重要文化財、旧双葉幼稚園(北海道帯広市)の園舎が保存・活用されることになった。卒園生らが1月22日、NPO法人「双葉の露(つゆ)」の設立総会を開き、約20人が参加した。
英国人宣教師が開く被災者のためのサロン「んだっ茶屋」
宮城県名取市閖上(ゆりあげ)は、仙台駅から南東に14キロのところにある港町。東日本大震災の津波で700人以上が犠牲になった。その町で英国人宣教師(日本福音キリスト教会連合・仙台福音キリスト教会)のトマス・ロッドさん(64)がサロン「んだっ茶
帯広の「女性入植者のさきがけ」渡辺カネの聖書など、浦幌町立博物館で初公開
浦幌(うらほろ)町立博物館(北海道十勝郡)は昨年12月末、帯広の「女性入植者のさきがけ」でクリスチャンの渡辺カネに関する未公開資料9点を初公開した。カネが横浜で入手した英語と日本語の聖書や、米国人宣教師ジョージ・ピアソンからのクリスマス・カ
日本キリスト教協議会 「2・8独立宣言、3・1独立運動100周年の声明」を発表
日本キリスト教協議会(NCC)は30日、「2・8独立宣言、3・1独立運動100周年の声明」(18日付)を公式ホームページで発表した。日本統治下の朝鮮が「2・8独立宣言」と「3・1独立運動」を行ってから今年が100周年にあたる。
キリシタン大名・黒田官兵衛の神社が姫路に 「神器」は日本刀と十字架
黒田官兵衛とゆかりの深い広峯神社(兵庫県姫路市)の境内に「官兵衛神社」が建立される。神社の本殿裏に社殿を建て、8月下旬には完成の予定だ。官兵衛が軍師でありキリシタン大名でもあったことから、社殿に安置する「神器」に選ばれたのが日本刀と十字架。
フィリピンのカトリック教会でミサ中に爆発 イスラム過激派によるテロか
フィリピン南部スルー州ホロ島にあるカトリック教会で27日午前、ミサの最中、聖堂内部で爆発があった。兵士や警官らが駆けつけたところ、屋外の駐車場でオートバイも爆発した。ミサ出席者12人と兵士5人、沿岸警備隊員1人が死亡、83人がけがをした。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

サポーター情報


個人情報取扱いについて

※スクロール式個人情報取扱いについての文面
このテキストボックスは、高さが200px以上になるとスクロールバーがつきます。












































(最下行)

個人情報取扱いについてご同意いただく必要があります。



Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.