社会

9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「福音の光」
キリスト教ラジオ番組「福音の光」(近畿福音放送伝道協力会)。近畿で聴けるABCラジオで土曜日・日曜日の午前4:30〜5:00放送。内容は、近放伝の協力教会(近畿2府8県、約500教会)の紹介や聖書のメッセージ、信仰体験談、賛美。
9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「FEBC」
キリスト教放送局・日本FEBC(Far East Broadcasting Company)のラジオ番組は、午後9:30~10:45の75分間、AMラジオ(1566kHz)かホームページで聴くことができる。
大人の都合ではなく、その子に対して犠牲を払う 子どもの自死を考える「9月1日問題」 久保木聡牧師に聞く
夏休み明けの9月1日は、他の日に比べ、子どもの自死率が高い。自ら死を選ぼうとする子どもに教会は何ができるだろうか。多くの子どもや青年に寄り添ってきた日本ナザレン教団・鹿児島教会牧師の久保木聡さんに話を聞いた。
9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「世の光」
キリスト教ラジオ番組「世の光」はAMラジオだけでなく、パソコンやスマホでも聴ける。「世の光」(5分番組・デイリー)や「さわやか世の光」(10分番組・デイリー)、「世の光いきいきタイム」(15分番組・ウィークリー)などの番組がある。
9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「ライフ・ライン」
プロテスタントのキリスト教テレビ番組「ライフ・ライン」。第1週は「ライフ・ラインのつどい in 青森」。第2週 と第3週は「Footprints──あしあと」ユーオーディア管弦楽団・合唱団。第4週と第5週は「こころのよるごはん」宮葉子さん。
祈りに被災者が涙 ナイトdeライトによるチャリティー・コンサートで西日本豪雨ボランティア報告
ナイトdeライトが24日、西日本豪雨のためのチャリティー・コンサートをシオン・キリスト教団・蒲田教会で開催した。日本聖約キリスト教団・南輝聖約キリスト教会牧師の吉岡創さんと町田聖書キリスト教会牧師の山尾研一さんがボランティア報告を行った。
「ハンガーゼロ」と日本国際飢餓対策機構が団体名とロゴを刷新
日本国際飢餓対策機構による記者会見が6日、開かれ、団体名を「ハンガーゼロ」に統一すると発表した。同時に新しいロゴも発表された。新デザインを手がけたのは、ロゴス・デザインの長尾優氏。今後も、世界の飢餓に苦しむ国々を支援する働きに変わりはない。
【終戦記念日】広島で被曝した荒木寛二牧師に聞く
終戦から73年。広島で被爆した荒木寛二さん(日本バプテスト教会連合・上福岡バプテスト教会牧師)は、その体験を近隣の子どもたちを中心に伝え続けている。「クリスチャン青年の中から、平和を強く主張する政治家が起こされることを願っています」
オウム事件でキリスト教会がなすべきこと 和賀真也牧師に聞く
オウム真理教事件について、カルト集団からの脱会支援をしている和賀真也氏に話を聞いた。「『自分たちはそんな集団と関係ない』と言って、自分たちの集団の中だけに閉じこもって過ごすようなことがあれば、『それでも真の宗教者なのか』と私は思います」
8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「キリストへの時間」
プロテスタントのキリスト教ラジオ番組「キリストへの時間」。同じタイトルだが、それぞれ違う番組を、関西地方のラジオ関西、四国地方の高知放送と南海放送、そして東海地方のCBCラジオで放送している。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.