クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】性的虐待で揺れる南部バプテスト連盟、改革推進派と慎重派で分かれる(対訳)

投稿日:2019年3月9日 更新日: -

 

南部バプテスト連盟(SBC)のJ・D・グリアー会長による「新しい方針と提案」に対し、一部の教会指導者から反対意見が出て、被害者や支持者、牧師たちは不意打ちをくらった。先日発表された修正案(SBCの説明責任を改善するもの)の成立に暗雲が立ち込めている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Conflicting statements from Southern Baptist Convention (SBC) leaders on the denomination’s approach to addressing sexual abuse have left victims, advocates, and pastors themselves with a sense of whiplash—and called into question the fate of proposed reforms to improve accountability among SBC churches.

「ECワークグループの性的虐待レポートはさまざまな反応を引き起こす」と伝える南部バプテスト連盟のホームページ

ヒューストン・クロニクル」紙と「サンアントニオ・エクスプレス・ニュース」がSBC内の何百件もの虐待事例を報道したことを受けて、先週、米国最大のプロテスタント教派であるSBCのJ・D・グリアー会長が、「後悔している」「方針転換の大胆な計画」という声明を出したが、数日後、SBC執行委員会の一部メンバーによってそれが拒否される事態となった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Those concerned about abuse within America’s largest Protestant body—including the hundreds of cases reported by the Houston Chronicle and San Antonio Express-News—cheered repentant statements and bold plans for policy changes from SBC president J. D. Greear last week, only to see his recommendations largely turned down by part of the SBC’s Executive Committee days later.

年次総会を執り行う意思決定機関である執行委員会(EC)に対してグリアー氏は、虐待疑惑のある教会に、より厳格な方針を取り入れるよう求めた。具体的には、最近の調査で示唆された10の教会を調べて、連盟の基準を満たしているかどうかを確認したいというものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Greear called on the Executive Committee (EC), the decision-making body tasked with addressing convention business between annual meetings, to take a harder line against churches that mishandle abuse allegations. Specifically, he wanted the SBC to look into 10 particular churches implicated in the recent investigation to see if the churches still meet denominational standards.

これまで連盟による各教会への細かな詮索はなかったが、グリアー会長と、倫理と信教の自由委員会(ERLC)のラッセル・ムーア委員長らを含むSBC指導者は、「各教会単位では、虐待を防止し、対処する責任を取ることはできない」と主張した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Though Southern Baptists have generally resisted top-down oversight, several prominent SBC leaders, including Greear and Ethics and Religious Liberty Commission president Russell Moore, had begun to say that a commitment to church autonomy could not supersede their responsibility to prevent and address abuse.

それに対して執行委員会の内規調査グループは、問題となっている10教会のうち7つの教会について、「調査機関を信頼できず、捜査方法が不正であり、それらの教会はさらなる調査には値しない」と結論づけた。また、有罪判決のない事例や、教会が故意に被疑者を受け入れていたという証拠がないまま質問を要求することにも異議を唱えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But when it came to the 10 churches in question, the executive committee’s bylaws workgroup declared that 7 did not have credible claims of wrongdoing to investigate in the first place, reasoning that the churches didn’t merit further review and admonishing SBC leaders against calling for inquiries without criminal convictions and evidence that churches had knowingly permitted predators in their midst.

倫理と信教の自由委員会のメンバーで、虐待被害者の支持者でもあるレイチェル・デンホランダー弁護士はツイッターにこう投稿した。「SBC執行委員会(EC)のグリアー氏への対応を悲しく思います。ECは調査する訓練を受けていないにもかかわらず、無関係な基準を選択し、犯罪を体裁よく隠蔽(いんぺい)しています。これは虐待事件に対する大きな問題点を浮き彫りにしています」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I am deeply grieved at the SBC EC response to JD Greear. The EC has demonstrated the exact problems that lead to the abuse of so many—whitewashing the crimes and coverup, choosing largely irrelevant criteria, and investigating issues they have no training to investigate,” tweeted Rachael Denhollander, an attorney and victims’ advocate who was appointed to an SBC presidential advisory group tasked with studying its response to abuse.

「グリアー氏と数名の指導者は、被害者援助の専門家に助けを求め、変革のための確固たる第一歩を進めようとしています。ECはその努力を踏みにじり、破壊しました。彼らの過ちは知識不足のためであり、その要求を撤回し、助けを求め、過ちを正すことを願っています」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“JD Greear and some leaders have been seeking expert/survivor help and moving forward with firm first steps to change. The EC has undermined and destroyed that effort. I hope these mistakes are due to lack of learning and that they will withdraw, seek help, and remedy these errors.”

先週の土曜日(2月23日)、6人からなるEC小委員会は2日間の会議を持った後、グリアー氏の指示に対して異議を唱える声明を発表した。「SBCは、教会が故意に誤った行動をしたという信頼できる情報が得られるまで、調査を開始すべきではない。そうでなければ、教会の宣教活動に混乱をきたすことになる」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
After a two-day meeting, the six-person EC subcommittee released a statement last Saturday tempering Greear’s charge. “The Convention, through its Executive Committee, should not disrupt the ministries of its churches by launching an inquiry until it has received credible information that the church has knowingly acted wrongfully,” the subcommittee concluded.

「性的虐待事件の大半は、残念なことに報告されていないままだが、すべての事件は、教会内の少数の個人により虐待と隠蔽が行われた犯罪行為だった。教会組織としてこれらの行動を把握していることはめったになく、さらに被疑者を支持したり肯定したりしていたとは認められなかった」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Although the overwhelming majority of sexual abuse cases remains tragically unreported, in virtually all reported cases, the abuse and cover-up of abuse were criminal acts undertaken by a few individuals within a church,” the group wrote. “The church body rarely knew about these actions and even more rarely took any action to endorse or affirm the wrongful acts or the actors themselves.”

(さらに調査が必要とされる3つの教会には、ケンタッキー州ルイビルにあるソブリン・グレース教会が含まれる。C・J・マハニー氏が主任牧師をしていたソブリン・グレース・ミニストリーは虐待の隠蔽が懸念されている)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(The three churches the workgroup deemed to require further inquiry included Sovereign Grace Church in Louisville, where concerns of abuse coverup have swirled around former Sovereign Grace Ministries president C. J. Mahaney for years.)

彼らの発言は、SBC全体(EC小委員会に属していない他のEC委員会員を含む)に波風を立てた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Their remarks sent waves across the SBC, including among fellow members of the executive committee who hadn’t been involved in crafting the response.

ホイートン大学ビリー・グラハム・センター代表で、ライフ・ウェイ・リサーチ元代表でもあるエド・ステッツァー氏は、こんなにも性急に意思決定を行った内規調査委員会に対して「調査に関する高い基準」を求めた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ed Stetzer, executive director of the Billy Graham Center at Wheaton College, called out the bylaws workgroup for hasty decision-making and an “arbitrarily high standard for inquiry.”

「これらの状況を評価するには、通常は数カ月、場合によっては数年かかります。委員会はこんなにも突然に、わずか24時間で6つの教会を検討し、単純明快な結論を出すことができるでしょうか。精査が行われたとはとても思えないことをなぜしたのか、その理由は明らかです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Assessing these situations typically takes months or, in some cases, years. Now, suddenly, a Baptist committee is able to consider six churches in just over 24 hours and declare them all open and shut cases?” wrote Stetzer, former president of LifeWay Research. “You can see why some may not feel that due diligence was done.”

少なくとも3人のECメンバーがオンラインでその声明を批判した。EC副委員長でカリフォルニア州のローランド・スレード牧師、フロリダ州のリック・ウィラー牧師、テキサス州のジャレット・ウェルマン牧師だ。「私は、グリアー氏(@ jdgreear)の『性的虐待に対する10の呼びかけ』を支持するECの一員です。今回、声明を発表した小委員に、性的虐待被害者の声を聞かせたい」とウェルマン牧師はツイッターに投稿した。そして、SBC内の性的虐待被害者が自らの経験と改善のための提言を書き送ってきたメールを示したのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
At least three EC members spoke up online to decry the workgroup’s statement and pledged to advocate for victims before the denominational body: EC vice chairman and California pastor Rolland Slade, Florida pastor Rick Wheeler, and Texas pastor Jared Wellman, who tweeted, “I am a member of the EC who supports @jdgreear’s “10 Calls to Action on Sexual Abuse,” and I want to make sure sexual abuse victims’ voice is heard regarding the recent Bylaws Workgroup report.” They fielded emails from SBC abuse victims about their experience and recommendations for improvement.

南東バステスト神学校の学生だったメーガン・ライブリー氏はツイッターで、ECの声明は「努力を台なしにするもの」であり、「隠蔽と虐待を追放することによって光がもたらされる」と非難した。また、ウェルマン牧師が「被害者からの話を直接聞く」と表明したことに感謝を示した

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
After condemned the EC statement for “undermining efforts” and “dismissing coverups and abuse brought to light,” Megan Lively said she appreciated Wellman for hearing out stories like hers.

ライブリー氏は南東バプテスト神学校に在学中、ペイジ・パターソン元校長にレイプされ、それが表沙汰にならなかった経緯を昨年公にした。パターソン氏は後に学校から解雇されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Lively came forward last year to recount how Southern Baptist leader Paige Patterson discouraged her from reporting an alleged instance of rape while she studied at Southeastern Baptist Theological Seminary; Patterson was later fired from his post as president of another SBC seminary.

執行委員会の内規調査グループの声明は、「連盟が早まった結論を下すのを見たくない」というSBC指導者の懸念を反映している。または、あらゆる疑惑に対して罪悪感を持っていることが推測される。彼らは「支持できないし、非聖書的だ」と言うのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The bylaws working group statement reflects the concerns of SBC leaders who don’t want to see the convention come to hasty conclusions or presume guilt after every allegation, which they say would be “untenable and unscriptural.”

被害者に寄り添い、その話に耳を傾け、一人でも多くの被害者が安心して名乗り出ることができるような被害者中心の扱いを、今回の声明を批判する声は望んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The voices critiquing the statement want to see an approach that centers more around the victims—trusting their stories and enabling them to come forward so abuse can be addressed.

テキサス州のドワイト・マキシック牧師は次のようにツイッターに投稿した。「SBC・ECは、聖書の教えに従わず、政治的な功利主義の前にひざを屈した。彼らの性急で愚かな決定は、被疑者の激怒をなだめるために、犠牲者の痛みを矮小(わいしょう)化し、無視し、繰り返させるものだ。その思考態度は奴隷制、SBC内でのジム・クロウ法(1964年まで南部諸州にあった人種差別的な法律)を補強するだけだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The SBC EC has bowed to political expediency over biblical principles in their hasty & unwise decision to minimize & marginalize & reenact the pain of the victims, in order to assuage the wrath of the accused, alleged violators,” wrote SBC pastor Dwight McKissic. “Same mindset undergirded slavery/Jim Crow in SBC.”

ERLC指導者評議会のメンバーであるディーン・インセラ氏もこうツイッターで皮肉った。「SBC・ECへ。グリアー会長の『何としてでもやり遂げる』という行動への呼びかけに新たに応答するなら、今すぐ手を貸すよ。ぜひやろう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Dean Inserra, a member of the ERLC leadership council, quipped: “SBC EC, I’ll help you out real quick with a new response to President Greear’s calls to action: ‘Whatever it takes.’ Try that.”

グリアー氏の新提案への異議は、SBCが虐待問題にどう対処し改善していくべきかについて、教派内の異なる哲学を反映している。また、そのような分裂によって新しい方針が受け入れられるかどうか、これからの展開が大いに注目される。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The unpopular response to Greear’s recommendations reflects differing philosophies within the denomination over whether or how the SBC could improve its response to abuse. Such a split would whether new policies go forward, including a proposed amendment to explicitly call out churches that harbor abuses as grounds for disfellowshiping. (It has to be approved two years in a row to be ratified.)

SBCのツイッター・アカウント @SBCexplainer は次のように投稿した

「修正案については、オンライン上で意見を交換しながら検討されます。議論は長く続くことでしょう。連盟はみなさんからの意見に従って行動することにします。これから連盟がどのように機能していくかは、みなさんの議論への参加、投票、だれを代表として支持していくかにかかっています。#SBC19」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The amendment will now go to the Messengers for consideration. The debate will ensue. The Convention will act according to the messengers. What we do in years to come will in large part depend on who shows up, debates + votes this, and votes for president in years to come. #SBC19

「最後に、修正案が最終的に通らない可能性があることも視野に入れなければなりません。全メンバーの3分の2の賛成票を得るのは、かなりの数字です。オンライン上での議論により行動を決定する #SBC19運動で敗北した場合、どのような悲劇が待っていることでしょう。議論を今すぐ始める必要があります。みなさん、どうぞこのページにアクセスし、討論に参加してください」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Lastly, it really can’t be understated how possible it is that the Convention fails to pass any amendment whatsoever. The 2/3 vote is a purposefully high threshold. What a shame on us all if we fail to act at #SBC19. Public debate needs to start. We need to get on the same page.

グリアー氏の委任する専門家によって提案されている他の案には、次のような内容も含まれる。SBCに関係のあるあらゆる教会や組織、団体に対して、虐待対策を強化するよう促すこと。教職者などを招へいする場合の選考過程に、身元調査、犯罪者データベースを活用することの検討などだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Other recommendations from the advisory group appointed by Greear include urging churches, associations, state conventions, and entities to strengthen abuse policies; considering background checks for SBC appointees; and weighing the possibility of a database of offenders.

ERLCのフィリップ・ベッテンコート副会長は次のように称賛した。「今週、ボルティモア・バプテスト連盟が『2019年教会内犯罪撲滅と性犯罪者身元調査基金』を設立し、25万ドルを寄付した

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ERLC executive vice president Phillip Bethancourt, a member of the group, praised the Baltimore Baptist Convention this week for approving $25,000 to fund “free criminal and sex offender background checks for every church in our association during the calendar year 2019.”

執筆:ケイト・シェルナット

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2019/march/southern-baptist-abuse-executive-committee-greear-recommend.html

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

サポーター募集中!
メルマガ(無料)登録 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています
日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.