クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】南部バプテスト連盟は性的虐待の危機に立ち向かう(対訳)

投稿日:

Print Friendly, PDF & Email

 

テキサス州の日刊新聞「ヒューストン・クロニクル」と「サンアントニオ・エクスプレス・ニュース」は共同で、南部バプテスト連盟(SBC)における380もの性的虐待疑惑を20州にまたがって集めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Houston Chronicle and San Antonio Express-News collect 380 allegations spanning 20 states in an look at sexual misconduct across the denomination. unprecedented

「信仰の乱用 20年間で700人の被害者──SBC指導者が改革に抵抗するにつれ、性的虐待が広がる」と書かれた「ヒューストン・クロニクル」紙のホームページ

「過去20年に700人を虐待」と非難する、SBCの何百人もの教会指導者の顔写真のコラージュから報道は始まった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Alandmark investigation into hundreds of cases of sexual abuse in Southern Baptist churches opened with a collage of pictures of the offenders, row after row of headshots and mugshots of men who had been accused of abusing a total of 700 victims over the past 20 years.

「ヒューストン・クロニクル」と「サンアントニオ・エクスプレス・ニュース」は2月10日、被害者からの話を掲載した。プロテスタント最大の教派が何十年にもわたってどのような罪を犯し続けていたのか、SBCのどの教会指導者が関わり、有罪判決を受けているかも調査済みだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In Sunday’s report, the Houston Chronicle and San Antonio Express-News were able to do what victims say the nation’s largest Protestant denomination has failed to for years: provide a picture of the extent of the abuse within the Southern Baptist Convention and a database of those found guilty of their crimes.

20州にわたる380人の教会指導者(その大多数は有罪判決か示談となった)に対する容疑であり、これはSBC内では史上最大の性的虐待に関する報告だ。「SBCに属する教会は、各個教会主義に基づき自主的に運営されているので、連盟は虐待に気づけなかった」という長年の弁解に対して、この報道は大胆にも立ち向かっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
With allegations against 380 church leaders in 20 states (a majority of whom were convicted or took plea deals), it’s believed to be the biggest report on sexual abuse among Southern Baptists in the movement’s history. The report confronts the longstanding defense that the organization can only do so much to monitor abuse since affiliated congregations operate autonomously.

ほかにも、被害者の衝撃的な写真が掲載された。今回の調査に応じて、SBCの信徒である数人の女性が、最初に虐待を受けた幼年期の写真をツイッターに公表したのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Another set of pictures captures a sense of the impact of abusers in Southern Baptist congregations. In response to the investigation, Southern Baptist women and fellow Christians shared childhood photos on Twitter from the age when they first suffered abuse.

被害者のジュールス・ウッドソンを含む何十人もの被害者、擁護者、多くのミニストリー・リーダーが、伝道者ベス・ムーアによって創設された女性のための働き「リビング・プルーフ・ミニストリー」に参加した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Dozens joined a thread started by Living Proof Ministries founder and popular Bible teacher Beth Moore, including advocate and abuse survivor Jules Woodson and other ministry leaders.

フィリップ・バッテンコート副委員長(自身のツイッターから)

また、「日刊紙『フォート・ワース・スター・テレグラム』が単立バプテスト教会の400以上の疑惑をまとめた」という昨年12月の報道を受けて、倫理と信教の自由委員会(ERLC)のフィリップ・バッテンコート副委員長は次のように述べた。「ジャーナリストがこのような問題に取り組んでいるなら、SBCにも焦点が当てられて当然でしょう」

そして、ついにその日が来た。「ヒューストン・クロニクル」と「サンアントニオ・エクスプレス・ニュース」は3部シリーズの特集を組み、第1回で、「#Me Too運動」の影響により、SBC内での性的虐待が過去数年間に200以上も明るみに出たという事実を明らかにし、SBCに対して公式回答を求めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
That day has come. TheHouston Chronicle and San Antonio Express-News revealed in the first of a three-part series that more than 200 Over the past couple years, the #MeToo campaign has raised awareness about abuse within the SBC and galvanized official efforts to improve the denomination’s response. Last December, as the Fort Worth Star-Telegram rounded up more than 400 allegations among independent Baptists, the Ethics and Religious Liberty Commission (ERLC) executive vice president Philip Bethancourt wrote, “it would not be surprising if journalists are working on a similar type of story focused on Southern Baptist churches as well.”

1998年以降、SBC内で虐待を行っていた者(受刑中の90人、また性犯罪者として登録された100人を含む)は、有罪判決を受けたか、示談となっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Southern Baptist abusers were convicted or took plea deals for their crimes since 1998, including 90 who remain in prison and 100 who are registered as sex offenders.

さらに、「過去20年間、少なくとも35人の牧師や教会スタッフ、ボランティアが虐待の兆候があると分かっていたのに、そのまま教会で仕事についていた。教会指導者は事実を黙認し、法的手段をとらなかったばかりか、信徒に警告すらしなかった」という事実も明らかにされた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Even worse, “at least 35 church pastors, employees and volunteers who exhibited predatory behavior were still able to find jobs at churches during the past two decades,” the reporters found. “In some cases, church leaders apparently failed to alert law enforcement about complaints or to warn other congregations about allegations of misconduct.”

J・D・グリアー会長(自身のツイッターから)

SBC会長のJ・D・グリアー氏(45)は記者会見で、この問題について率直な話し合いをする重要性、また真相を究明するために厳格な姿勢で調査に取り組むことを表明し、「教会の悔い改めを求める神からの警告だ」と述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In response, Southern Baptist leaders and pastors have spoken even more frankly about the problem of abuse and reiterated their commitment to more rigorous, efforts launched last year to address the issue. SBC president J. D. Greear called the voices in the research-driven article “a warning sent from God, calling the church to repent.”

「バプテストの教義である各個教会主義が、虐待を隠蔽(いんぺい)する理由であってはなりません。教会の自主性は、あらゆる状況で教会がキリストに従い、正しいことを自由に行うこと。虐待を容認することにその自主性を適用することは大きな誤りです。今は嘆き悲しみ、悔い改める時です。変化の時が来ています。変わらなければなりません」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The Baptist doctrine of church autonomy should never be a religious cover for passivity towards abuse. Church autonomy is about freeing the church to do the right thing—to obey Christ—in every situation. It is a heinous error to apply autonomy in a way that enables abuse,” he said in a statement to CT. “As a denomination, now is a time to mourn and repent. Changes are coming. They must.”

アルバート・モーラー校長(写真:james.thompson)

「SBC元会長のペイジ・パターソン氏の虐待スキャンダルがあった昨年、SBCのトップ・リーダーはすでに自身の問題を危惧し始めていました。カトリックが虐待問題で揺れる中、『SBC伝道者も同じような危機に瀕(ひん)するだろう』と人々は言っていましたが、私は『そんなことにはない』と高(たか)をくくっていました。しかし、それは間違いで、神の裁きが来たのです」と南部バプテスト神学校のアルバート・モーラー校長(59)は述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
During the 2018 scandal involving Paige Patterson’s response to abuse claims, top leaders in the denomination had already begun to see the extent of the problem among their own. “When people said that evangelicals had a similar crisis coming, it didn’t seem plausible—even to me,” wrote Southern Baptist Theological Seminary president Al Mohler, comparing the situation within the SBC to the abuse crisis in the Catholic church. “I was wrong. The judgment of God has come.”

ペイジ・パターソン氏(自身のツイッターから)

昨年のSBCの年次総会は、パターソン氏の南西バプテスト神学校校長退任をきっかけに行われ、女性と虐待についての激しい議論が行われた。会長のグリアー氏はSBC内における性的虐待を調査し、その指導者のための方策を向上させるため、倫理と信教の自由委員会(ERLC)と共同で調査グループを結成した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Last year’s annual meeting of the SBC came in the wake of Patterson’s departure and hosted prominent discussions of women and abuse. As incoming president, Greear formed a study group in partnership with the ERLC to examine sexual abuse in the denomination and improve resources for its leaders.

ラッセル・ムーア委員長(写真:Theology147)

SBCの倫理と信教の自由委員会(ERLC)のラッセル・ムーア委員長(47)は次のように述べる。「私たちは、各個教会主義ではあるものの協力的な教会間で、子どもや弱者を性的虐待から守るための方法を確立し、実行しなければなりません。その一方で、法律を遵守するようにし、心に傷を負った人に思いやりのあるケアを提供することです。私たちには司教はいないが、万人祭司主義に立っています。その重要な働きは、キリストの教会の聖(きよ)さと安全の中でキリストの証人であり続けることです。つまり、性犯罪者を認識するために教会を訓練することと、もしそのような者が出現した時にどのように対処するか、教会内での連鎖や他の教会への連鎖を食い止めるための方策を教会は講じなければならないのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Our approach is seeking to encourage policies and practices that protect children and the vulnerable from sexual abuse in autonomous but cooperating churches, all the while promoting compliance with laws and providing compassionate care for those who have survived trauma,” ERLC president Russell Moore wrote.
“True, we have no bishops. But we have a priesthood of believers. And a key task of that priesthood is maintaining the witness of Christ in the holiness and safety of his church. That means training churches to recognize sexual predation and how to deal with charges or suspicions when they emerge, and equipping churches to stop the pattern, in their church or from their church to others.”

SBCは4万7000の所属教会があり、信徒数は1500万以上。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In all, the SBC numbers 47,000 congregations and 15 million members.

「200件であろうが、600件であろうが、虐待事件が起こったということはたいへん遺憾です。私たちが話しているのは犯罪者についてです。教会で犯罪行為が起きているという事実は、悲しみの根源です。それが今起こっているのです。しかしそれは、『私たちが辞任しなければならない』という意味ではありません」と、SBC執行委員会の暫定委員長であるオージー・ボト氏は「ヒューストン・クロニクル」に語った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Still, “it would be sorrow if it were 200 or 600” cases of abuse, Augie Boto, interim president of the SBC’s executive committee, told the Houston Chronicle. “What we’re talking about is criminal. The fact that criminal activity occurs in a church context is always the basis of grief. But it’s going to happen. And that statement does not mean that we must be resigned to it.”

それぞれの教会や牧師は、SBC内での虐待についてはっきりと述べており、それを明るみに出すことを約束した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Individual churches and pastors have described the abuse within the SBC in stark terms and pledged to bring it to light.

「記事からも明らかなように、これらの事件は孤立した事例ではありません。SBC内の最高レベルの指導者の一部にまで及ぶ虐待と隠蔽のパターンを明らかにしています。このように体系的な罪を明らかにした報道にクリスチャンは感謝すべきです。それが、負の連鎖から逃れられる唯一の方法なのだから」と教会ネットワーク「ソジョーン・コレクティブ」は述べる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“It is clear from the article that these weren’t isolated cases. Instead, it reveals a pattern of abuse and cover-up that extends to some of the highest levels of leadership inside the SBC,” wrote the Sojourn Collective, a church network based in Louisville. “Christians should be thankful for reporting like this that exposes systemic sin; it’s the only way it can be purged out of our institutions.”

バート・バーバー牧師(自身のフェイスブックから)

SBCが性的不祥事を認めながらそれを容認していること、教会の評判を守るために虐待を隠蔽したり軽視したりする本質を嘆き、非難したのは、テキサス州にあるSBC所属のファーマーズビル第一バプテスト教会のバート・バーバー牧師だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Texas pastor Bart Barber, who previously proposed a resolution for the SBC to decry sexual misconduct and institutions that tolerate it, has lamented the instinct to cover up or downplay abuse to preserve the church’s reputation.

「昨年6月の総会の時点で、『ヒューストン・クロニクル』によって確認された性的不正行為をしたことのある牧師をまだ雇っており、そのような牧師がSBCを辞任していない場合、その場で排斥されるべきだ。私は立ち上がって、その動きを推進する」とバーバー牧師はツイッターに投稿した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Any church the @HoustonChron has identified as employing a pastor with a history of sexual misconduct, if still employing that pastor in June and haven’t already left the SBC by then, should be disfellowshipped at that meeting,” tweeted Barber, of First Baptist Church of Farmersville. “I’m willing to stand up and make that motion.”

新聞報道によると、既知の性犯罪者を雇用した教会との関係を断つことは「正当なことだ」とSBC執行委員会は述べた。SBC会長のグリアー氏は「ヒューストン・クロニクル」紙に、「虐待やその他の罪深い事柄について隠蔽や無視をする教会はすべて、SBCから除かれるべきだ」と語った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The newspaper reported that the SBC executive committee had previously said it would be “justified” to cut ties with affiliated churches that employed known sex offenders. Greear told the Houston Chronicle that any congregation with a “pattern of sinful neglect—regarding abuse or any other matter” should be removed from the SBC.

SBCの国際伝道局は昨年、2007年の虐待疑惑をどのように処理したかについても独自の調査を始めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Last year, the SBC’s International Mission Board also launched an independent investigation of how it handled a 2007 abuse allegation.

NBCニュースのトーク・ショー「トゥデイ」が海外宣教団体「ニュー・トライブズ・ミッション」における虐待嫌疑を特集して1週間も経たずに、今回のSBCについての報道があった。「クリスチャニティー・トゥデイ」は以前から、海外伝道団体での不正行為を調査する必要性を報告していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Texas newspapers’ investigation comes less than a week after the Today show featuredabuse allegations against New Tribes Mission. CT had previously reported on efforts to investigate misconduct among the missionary organization.

執筆:ケイト・シェルナット

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2019/february/southern-baptist-abuse-investigation-houston-chronicle-sbc.html

関連記事

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.