• HOME
  • 記事
  • 速報
  • 米国最大の南部バプテスト連盟で児童への性的虐待 被害者は700人以上

米国最大の南部バプテスト連盟で児童への性的虐待 被害者は700人以上

米国の南部バプテスト連盟の指導者やボランティア約380人が性的虐待を行っていた疑いがあるとテキサス州の新聞社が報道した。1998年以降の被害者は700人以上に上るという。被害者のほとんどが子どもで、最年少は3歳。南部バプテスト連盟は米国最大のプロテスタント教派で、米国南部を中心に教会が4万7000あり、信徒1500万人を擁する。故ビリー・グラハムやキング牧師、クリントン元大統領などが属している。

(写真:ヒューストン・クロニクル)

Share

Related Posts