クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】南部バプテストで育った子どもがそのまま残る確率は半分(後編)

 

出生と死

教派が増減する4つの要因のうち2つは、南部バプテストの家庭に生まれた子どもが教会に残るか、亡くなる高齢世代に代わるだけの人数が大人になって戻ってくるかに関係している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The last two factors around shifts in the denomination have to do with whether enough children born into Southern Baptist families remain in the church—or return as adults—to offset the eldest generation, which is dying off.

オクラホマ大学の社会学者サミュエル・ペリー氏の研究によると、福音派の出生率が近年低下しているという結論が出た。20~30代の若者が教会から離れたとしても、結婚して子どもができると教会に戻ってくる現象はよく知られている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Recent research by University of Oklahoma sociologist Samuel Perry concluded that evangelical Protestants have seen a decline in fertility in recent years. It’s a well-known phenomenon that young people drift away from church attendance in their 20s and 30s but return when they get married and have children.

「現在、所属している宗教と、どのような宗教のもとに育ったか」をGSSは回答者に尋ねた。その結果、南部バプテストの人々は、親の教派にこだわる人が少ないことが分かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The GSS, which asks respondents about their current religious affiliation as well as what religion were they were raised as, shows that fewer Southern Baptists are sticking with their parents’ denomination.

80年代と90年代の大半、南部バプテストの子どもは南部バプテストの大人に成長する可能性がかなりあった。84~94年まで実施された調査では、10人中7人は南部バプテストに所属していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
For much of the ’80s and ’90s, Southern Baptist kids were pretty likely to grow up to become Southern Baptist adults: Seven in ten maintained their SBC identity into adulthood in surveys conducted between 1984 and 1994.

それが急激に減少している。2015~18年に実施された最新の調査では、南部バプテストで育った人の半分以上がそのままSBCにとどまっていたが、それは、南部バプテストの子どもの半数近くが去り、二度と戻ってこないということだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
That has declined precipitously. In the most recent surveys conducted between 2015 and 2018, just over half of those raised Southern Baptist were still with the SBC. In other words, nearly half of Southern Baptists kids leave and never come back.

特に教派全体が高齢化すると、高齢者の死亡もSBCの規模に大きな影響を与える。年上のメンバーが大部分を占めると、損失は加速するだけであり、それゆえ新メンバーを加え続けなければならないプレッシャーは増え続けることになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The deaths of older members also have a net impact on the size of the SBC, particularly as the denomination as a whole ages. When older members make up a larger share of the movement, those losses will only accelerate and therefore pressure mounts to continue adding new members at an ever-increasing pace.

上のグラフは、南部バプテストの未来を予見するものだ。90年代半ばまで、SBCの平均年齢と一般人口の間に有意差はなかったが、それがもはや当てはまらなくなった。二つのグループ間の年齢差は2000年には3・6歳で、16年には5・4歳まで拡大している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The graph above portends a concerning future for Southern Baptists. Even until the mid-1990s, there was no significant difference in the average age of SBC affiliates and the general population. That is no longer the case. The age gap between the two groups was 3.6 years in 2000 and has now expanded to 5.4 years in 2016.

1984年の南部バプテストの平均年齢は43・2歳。2016年には52・7歳だった。私は以前、これについて書いたことがあるが、米国における白人層は急速に高齢化しており、米国で宗教や社会が大きく転換することは避けられない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The mean age for Southern Baptists in 1984 was 43.2; in 2016, it was 52.7. I have written about this before. White America is aging rapidly, and significant shifts to American religion and society are inevitable.

世代交代

まとめると、これらの結果は、米国で最大の教派が将来どうなるか、前向きな見方を描くものではない。南部バプテストを去る人はほとんどいないが、SBCに改宗する人もほとんどいない。そのため、改宗や転会による全体の大きさの変化は比較的小さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Taken together, these results do not paint a positive picture for the future of the largest denomination in the United States. While very few people actually leave a Southern Baptist church, an even smaller number converts to the SBC. Therefore the changes in overall size due to conversion and defection are relatively minor.

しかし、本当に心配しなければならないことは、米国の人口の世代交代に関連している。80~90年代にかけて南部バプテストでは、教会で生まれ育った子どもの大多数が、成長して献身的で活発な教会員になった。その傾向は、時が経つにつれて失われてきた。今日、南部バプテストで育つ子どもの半数は、そのアイデンティティーを成人になるまで維持することはできないだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
However, where the real worry comes is related to a generational shift in the American population. In the 1980s and 1990s, Southern Baptists could count on a huge majority of the children born and raised in the church to become committed and active members of the congregation as adults. That has eroded over time. Now, it’s likely that half of the children being raised Southern Baptist today will not maintain that identity into adulthood.

その事実をさらに複雑にするのが、南部バプテストの平均年齢が、80年代半ばに比べ、今では10歳近く上がっていることだ。水はこれまでにない速さでバケツから漏れていて、注がれる水の量はぽたぽたと滴(したた)る程度。今後10~20年の間にSBCが深刻な衰退を続けることは間違いないだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Compounding that fact, the average Southern Baptist is now nearly ten years older than they were in the mid-1980s. The water is leaking out of the bucket at an ever-quickening rate and the amount of water that is being added is slowing to a trickle. There is little reason to believe that the SBC won’t sustain serious declines in the next 10–20 years.

これらの結果の中にも明るい兆(きざ)しはある。最年少の南部バプテスト(18~35歳)の半分は、少なくとも週に1回、礼拝に出席している。これは、65歳以上のグループを除いて最高の出席率であり、明るい兆しの強力な根拠だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
If there is any silver lining to be found in these results it is this: Half of youngest Southern Baptists (those between the ages of 18 and 35), attend services at least once a week. That is the highest rate of attendance of any group aside from those 65 and older. This is a strong foundation to build upon.

エド・ステッツァー氏のような研究者はこう示唆する。「米国において信仰から離れるクリスチャンの大部分は『名ばかり』信者。南部バプテストの若者たちは教会にとどまり、特に教会に献身し、信仰を守っていると思われる」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Just as researchers such as Ed Stetzer have suggested that much of the decline in overall Christian affiliation in the US can be attributed to “nominal” believers leaving the faith, it appears that the young Southern Baptists who stick around are particularly committed to their church and their beliefs.

若い頃からSBCに献身し続けている人々にとって、伝統への愛着は強い。問題は、より多くの若い人に南部バプテストにとどまるよう、どう説得するか、あるいは、南部バプテストの会員になる方法をどうやって説得するかだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
For those who stay affiliated with the SBC from a young age, their attachment to the tradition is strong. Now, the question becomes how to convince more young people to stay, or become, Southern Baptists.

SBC会長のJ・D・グリアー氏などの指導者は、すでに若い指導者を通して福音の復活を祈り、働いている。「次の世代に向けての私たちの祈りは、伝道や教会開拓とその活性化であり、また数十年にわたる衰退を止めることです」と語る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Leaders such as SBC president J. D. Greear are already praying and working for gospel revival through the denomination’s young leaders. He stated, “For the upcoming generation, our prayer should be to see an increase in evangelism, church planting and revitalization, and ultimately an end to decades of decline.”

執筆:ライアン・P・バージ

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:
https://www.christianitytoday.com/news/2019/may/southern-baptist-sbc-decline-conversion-retention-gss.html

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.