クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】南部バプテストで育った子どもがそのまま残る確率は半分(前編)

 

南部バプテスト連盟(SBC)は今のところ、自分たちの動きが衰退しつつあり、変化の兆(きざ)しが見えないことを認識している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
By now, Southern Baptists recognize that their movement is in a decline that shows no signs of changing course.

南部バプテスト連盟の受洗者数は、2007年の32万1000人から昨年は24万6000人になり、年ごとに新しい信者を迎え入れることが少なくなっていると感じている

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
By their own measures, they’re not adding as many new believers to their flocks each year—the Southern Baptist Convention (SBC) went from baptizing 321,000 in 2007 to 246,000 last year.

さらに、過去数十年間で1万以上の協力教会が加わったにもかかわらず、教会出席者の数も減少しているのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Plus, despite adding more than 10,000 more cooperating churches over the past couple of decades, church attendance across the denomination is also dropping.

SBCの最新の年次教会概要(ACP)によると、2006年のSBCの会員数は1630万人だったが、現在では1500万人に満たない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In 2006, the SBC had 16.3 million members, now that’s down to less than 15 million, according to the denomination’s most recent Annual Church Profile (ACP).

外部調査でも減少が記録されている。今年発表された新しい調査結果によると、南部バプテストの減少の仕方が、米国最大のプロテスタント主流派である合同メソジスト教会(UMC)の減少傾向により近いことが分かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Outside surveys have also tracked the decline. New findings released this year show the Southern Baptist trajectory more closely resembles the downward trend among the United Methodist Church (UMC), the nation’s largest mainline Protestant body, than fellow evangelicals in non-denominational traditions.

総合的社会調査(GSS)によると、80年代、SBCとUMCはほぼ同じパーセンテージだったが、その後、二つの教派の傾向が分かれ始め、両者とも90年代中頃から、ゆるやかだが確実に減少し続けている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
According to the General Social Survey (GSS), nearly the same percentage of Americans identified with the SBC as the UMC in the 1980s, then the two denominations’ trends began to separate, and both experienced a slow, steady decline from the mid-’90s on.

87年、南部バプテストの米国人は10人に1人だったが、2018年には20人に1人(4・8%)に半減した。米国協同議会選挙研究(CCES)のデータでも、現時点で5・4%と発表されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
While close to 1 in 10 Americans identified as Southern Baptist in 1987, that number has been cut in half to 1 in 20 (4.8%) in 2018. Data from the Cooperative Congressional Election Study (CCES) reinforces this point as well, with 5.4 percent of the sample identifying as SBC.

教派の規模が変わるには、おもに4つの要因がある。まず、他宗教からクリスチャンに改宗する場合。次に、クリスチャン・ファミリーに生まれた子どもが、信仰を持ち続けて成長する場合。逆に、その子どもが他宗教に改宗する場合もある。そして、メンバーが死亡し、それに代わる大人が与えられない場合だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
There are four major ways for a religious denomination to change in size over a longer period of time: They add members through conversions, they keep those born into the faith as they grow up, they shed members through people defecting to other religious traditions, or members die and are not replaced by young adults.

すべての教派は、これらの損失をある程度経験している。それは、バケツから少しずつ水がこぼれるようなものだ。どんなバケツからも、少しの水は必然的に流れ出る。とはいえ、他の水源からもっと多くの水をバケツに入れることは可能だ。補充される水の量より漏れる水が多いと、メンバー全体の減少が起こる。南部バプテスト連盟のバケツは劣化し、毎年、水が漏れ続けているようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Every religious group experiences these losses to some extent—like a bucket that has sprung a few leaks. While some of the water will inevitably trickle out, it’s possible to put more water back in the bucket from other sources. If the amount of water that leaks out is greater than the amount of water that is replaced, then a decline will occur in overall members. The Southern Baptist Convention has a bucket that is aging and springing more leaks every year.

改宗と脱会

南部バプテストは伝道の一環として、改宗によるメンバー増加を重視し、昨年のACPの数字を見ると、およそ25万人が洗礼を受けている。しかし、ほとんどの南部バプテストの会員は、その教派の一員のまま変わらない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As evangelicals, Southern Baptists put particular emphasis on conversion as a potential source of membership growth and celebrated around a quarter of a million baptisms last year, according to ACP figures. However, nearly all Southern Baptists have been part of the denomination for a while.

2010年、12年、14年に9500人の回答者による同じグループを追跡したCCESによると、その間にSBCの会員になった人はほとんどいなかった。14年のサンプルに含まれる476人の南部バプテストの会員のうち、10年には全員(97・9%)がバプテストだった。SBCに改宗した人のうち、2人はカトリック、2人は他宗教からの改宗者、6人は無宗教者だった人だ。これらの数だけでは、他グループからの改宗者について何かを主張するには少なすぎるが、全体的な印象は明らかだ。南部バプテストは、改宗による著しい成長が見られない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
CCES, which tracked the same group of 9,500 respondents in 2010, 2012, and 2014, found few newcomers to the SBC during that time. Of the 476 Southern Baptists in the sample in 2014, close to all of them (97.9%) had also identified as Baptists in 2010. Of those who converted to the SBC, two had been Catholics, two were from other faiths, and six had been religious “nones.” These numbers are too small to make claims about converts from any specific group, but the overall impression is clear: Southern Baptists are not seeing significant growth through conversion.

さらに重要な疑問は、南部バプテストの会員がどれくらい信仰から離れてしまったかだ。CCESのデータによると、2010年にSBCに所属していた人の91・8%が、4年後もSBCに所属していた。サンプルのうち、10~14年の間にSBCを去ったのは37人なので、それほど深刻な数字ではない。そのうち31人は、教派に属さないプロテスタント教会、数名がその他のプロテスタント教会に移り、2人は無宗教者になった。SBCの成長を願っている人にとっては落胆する数字かもしれないが、このサンプルを見る限り、SBCから離れるメンバーはそう多くない。(後編に続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The necessary follow-up question, then is: Are a lot of Southern Baptists leaving the faith? CCES data also showed that 91.8 percent of people who started out as SBC in 2010 were still SBC four years later. Of the 37 people in the sample who left the SBC between 2010 and 2014—not a significant enough portion to extrapolate—31 of them either became a non-denominational Protestant or some other type of Protestant Christian. Just two became “nones.” Obviously, any defection is disappointing for those who want to see the SBC grow, but based on this sample, of the members who do leave, they often don’t stray too far.
Print Friendly, PDF & Email

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.