アドベントの菓子シュトレンとベラベッカ

 

イエス・キリストの誕生を祝うクリスマス。その準備の期間をアドベント(待降節)といいます。今年は来週の日曜日、12月1日がスタート。

教会では、プレゼピオ(馬小屋の模型)が飾られ、アドベントの4本のろうそくの最初の1本に火が灯されます。家庭でも玄関にアドベント・リースが飾られ、アドベント・カレンダーを1日ごと開いてクリスマスを待ち望みます。

シュトレン(写真:Whitney)

このアドベントの時期、ドイツではドライ・フルーツなどを混ぜ込んだパンのようなケーキ「シュトレン」(Stollen)を少しずつスライスして食べる習慣があります。中に練り込まれたフルーツの風味が日ごとに染み込むため、1日1日、味の変化を楽しみながら、クリスマスが待ち遠しくなるというもの。今では日本でもケーキ屋やパン屋、「カルディ」などで販売されています。

アドベントは、イースター前のレント(受難節)と同じように悔い改めの期間です。そのため断食として、バターやさまざまな食品を断ったので、最初の頃、シュトレンは、小麦粉と酵母、油、水のみで作られた、非常に乾燥した固いパンでした。

シュトレン(写真:Alice Wiegand)

今ではシュトレンは、ナッツやレーズン、砂糖漬けのオレンジとレモンの皮がカラフルに中に散りばめられています。白い粉砂糖をまとった楕円形の伝統的な形は、産着にくるまれた幼子イエスを象徴しています。また別の伝説では、上部がデコボコなのは、幼子イエスへの贈り物を持った3博士が乗ったラクダの背中のこぶを表し、砂糖漬けの果物は、博士を飾った貴重な宝石を表しているといいます。

アプリコット、ナツメヤシ、イチジク、ナッツ入りのベラベッカ(写真:Alice Wiegand)

「シュトレン」に続いて、いま注目されているのが「ベラベッカ」(Beerawecka)です。フランス・アルザス地方の言葉で「洋梨のパン」という意味。これも、さまざまなドライ・フルーツやナッツをキルシュ(サクランボの蒸留酒)に漬け込み、イースト生地を加えて焼き上げたものです。寒さの厳しいアルザスで生のフルーツがとれなくなる冬、クリスマスを中心に食べられました。これも時間の経過とともに違う味わいを楽しめます。初めはそれぞれのフルーツの味がはっきりと感じられますが、次第に熟成が進むと、まろやかな味わいに変化するのです。

Share

Related Posts

  1. アバコスタジオに「FOUR TUNE」誕生 試写機能を備えた日本で唯一のコンセプト・スタジオ

  2. 静岡英和学院、中井弘和氏が院長、大橋邦一氏が中・高校長に就任

  3. 光と闇の狭間(はざま)を彷徨(さまよ)って 暴力団員から立ち返った裕樹さん

  4. 【インタビュー】泉バプテスト教会付属いづみ幼稚園園長 城倉啓さん(前編)

  5. キリシタン大名・黒田官兵衛の神社が姫路に 「神器」は日本刀と十字架

  6. 袴田事件、再審取り消し 「救う会」副代表、門間幸枝さんに聞く

  7. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「あさのことば」

  8. 九キ災が九州圏内からの教会ボランティア募集 2020年7月22日

  9. バチカンの性的虐待対策会議 教皇が「総力戦」を訴え、閉会

  10. 戦後75年でNCCがメッセージ「平和のために踏み出そう」 2020年9月1日

  11. 愛知県豊田市の教会でクラスター発生 イースター礼拝が原因か

  12. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「ライフ・ライン」

  13. 地震のあった新潟県村上市へ支援のため急行 神戸国際キリスト教会牧師 岩村義雄

  14. 教会でのイベントによって新型コロナ・ウイルスがフランス全土に拡散した可能性──牧師とその家族が感染

  15. マスクをしたままストローが使える!? 感染リスクを低減する「飲めマスク®」開発

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。