【毎日連載】思い出の杉谷牧師(14)下田ひとみ

 

14 家に帰してあげたかった

雪深い山陰の地にも、やがて春は訪れた。
家庭集会の帰り道だった。私は先生の運転する車にひとり後ろに乗っていた。まっすぐ走れば車はまもなく教会に着くはずだった。
「花見をしてから帰ろうか」
声と一緒に車が突然右に曲がった。
鳥取は街の中央に袋川という川が流れており、その川沿いには桜が植えてあった。春には毎年花が咲き、夜には提灯の灯がともって美しい賑わいを見せている。車はその袋川の土手沿いを、スピードをおとしてゆっくりと進んでいった。
「去年なあ……」
しばらくしてポツンと先生がいった。
「川本さんとここで花見をしたんだよ」
川本さんは老人ホームに入っていた教会の信者だった。この年の2月に亡くなったばかりの人だ。
「ある日、家内と一緒にホームにお見舞いに行ったら、川本さんがどうしても家に帰るってきかんでなあ。家にはもう電話で知らせてあるいうて、あんまりいうんで、ふたりして川本さんの家に連れて帰った。でも家に着くと案の定、家族は、ホームに連れて帰ってくださいというんだ。川本さんは、絶対いやだ、家にいたいというてな。仕方ないから家内とふたりで、なだめてなだめてやっと車に乗せたんだが……。帰り道、桜が満開だった。『川本さん、花見をしてから帰りましょう』いうて、3人でここで桜を見たんだ。川本さん、気の毒でなあ。でも、わしもどうすることもできんし、ただ黙ってこうして花を見とったんだ」
フロントガラスいっぱいに、薄紅色の桜が枝をのばしている。風に散らされた花びらは、歌うように優しく空に舞っていた。
「桜を見ると川本さんを思い出すなあ。亡くなる前、いっぺんでもいい、家に帰してあげたかった。あんなに家に帰りたがっとったのに……」
運転席の先生の顔は見えなかった。ただ声だけがいつもよりいっそう静かで、染み入るように車内に満ち渡った。(つづく)

Share

Related Posts

  1. 【Road to えきゅぷろ2022】 オンライン疲れとその癒やし

  2. 【ヘブル語と詩の味わい③】 「散文と詩文」「詩篇103:1」 津村俊夫(『新改訳2017』翻訳編集委員長・聖書神学舎教師)

  3. 【毎日連載】思い出の杉谷牧師(17)下田ひとみ

  4. 思い出の杉谷牧師(8)下田ひとみ

  5. 【連載小説】月の都(1)下田ひとみ

  6. 神さまが共におられる神秘(62)稲川圭三

  7. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第11回 チーズサンド 齋藤篤

  8. 【クリスチャンな日々】第13回 「STAY HOME」だけじゃありません。 MARO

  9. 【Road to えきゅぷろ2022】 あなたの教会はどうでしょう? 2020年10月21日

  10. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(83)稲川圭三

  11. 【連載小説】月の都(7)下田ひとみ

  12. 【聖書の不思議あれこれ!】第2回 「神」ってナニよ?その2 <とりあえずの解決編>パダワン青木

  13. 【クリスチャンな日々】第22回 ハンバーグにこだわりすぎない 〜幸せの偏食〜

  14. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(100)稲川圭三

  15. アメリカ、コロナ病棟に届くメリー・クリスマス(1) 【アメリカのコロナ病棟から 関野和寛のゴッドブレス】第8回

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。