思い出の杉谷牧師(5)下田ひとみ

 

5 ノルウェーの宣教師

教会にはノルウェーにある本部から、1、2年の任期で宣教師が派遣されてきた。
神戸にある日本語学校を卒業して、そのまま鳥取に赴任となるケースが多く、神戸と鳥取では都市と地方の違いがあり、特に言葉においては方言の問題もあって、宣教師たちには相当な苦労があったことと想像される。
ストラウム先生もそんな中のひとりだった。
当時、ストラウム先生は40代半ばだったが、恥ずかしがり屋で内気な、少女のようなところのある人だった。
先生が生まれたのはノルウェーの小さな島で、兄弟が多く、家は貧しかった。幼い時から教師になりたいと願っていたが、家計を助けるために進学をあきらめ、家を離れて町の工場で働かなければならなかった。
夢を叶(かな)えて教師になったのは30を過ぎてから。宣教師への道はそのあとに拓(ひら)かれた。
その頃の先生は毎日の生活にとても満足していた。やっと教師になれたし、家族と一緒に暮らせるようにもなったのだ。先生の両親はふたりとも信仰深く、特にお父さんは、毎朝祈る納屋の床に膝(ひざ)の跡がつくほどの祈りの人だった。
先生はお父さんを愛し、お父さんが信じているイエスを愛していた。
子供の頃、「明日はベツレヘムに連れて行ってあげよう」といわれ、「イエス様が生まれたベツレヘムに行ける」と、嬉(うれ)しくて眠れない夜を過ごしたこともあったという。しかし、翌日連れて行かれたのは、「ベツレヘム」という名のクリスマス用品を売る店だったのだが。
だから神から宣教師への道を示されても、ずっと抵抗していた。
神様どうして私なのですか。ほかの人ではいけないのですか、と。ようやく訪れた家族との生活を失いたくなかったのだ。
しかし数年して、ついに先生は決心する。
「宣教師にならなければいけないのは、はっきりしていました」
そう先生はいった。
それは明確な神からの啓示だった。
朝も昼も夜も先生はこの思いに苦しめられ、悩ませられた。先生にとって何よりも大切なのは、神に在っての心の平安だった。しかし神に反抗を始めたその時から、この平安が失われてしまったのだ。
闘いに疲れた先生は、ある日とうとう降参する。
「神様わかりました。宣教師になります」
そう告白して初めて、先生は心の平安を取り戻したのだった。
遅いスタートだったので、日本語の習得の困難さが最後まで先生を悩ませた。(つづく)

Share

Related Posts

  1. 【連載小説】月の都(33)下田ひとみ

  2. 【クリスチャンな日々】第22回 ハンバーグにこだわりすぎない 〜幸せの偏食〜

  3. 神さまが共におられる神秘(49)稲川圭三

  4. 【宗教リテラシー向上委員会】 失われた「ひとづくり」の回復を 池口龍法 2021年1月21日

  5. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第11回 チーズサンド 齋藤篤

  6. 牧会あれこれ(4)賀来周一

  7. 【聖書の不思議あれこれ!】第10回 兄弟ケンカの結末は? 泣くな、カイン!(後編) パダワン青木

  8. 【東アジアのリアル】 「私は私でない私」:台湾元総統李登輝逝く 高井ヘラー由紀 2020年10月11日

  9. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第14回 温泉にて

  10. 思い出の杉谷牧師(9)下田ひとみ

  11. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(87)稲川圭三

  12. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(92)稲川圭三

  13. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第10回 教会のかおり 齋藤篤

  14. 神さまが共におられる神秘(52)稲川圭三

  15. 【クリスチャンな日々】第11回 「バカ野郎」になっちゃいましょう  MARO

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。