思い出の杉谷牧師(8)下田ひとみ

 

8 教会の春夏秋冬

教会には1年中いろいろな行事があった。
正月の元旦礼拝。
この日ばかりは日本人らしく、教会にも着物姿の人が目立つ。いつもの日曜より30分遅い午前11時に礼拝が始まり、お昼には持ち寄った餅で雑煮を食べながらの愛餐会が行われる。私たちはそこで年始の挨拶をし、新年の抱負を語り、和やかに時を過ごしていく。
春の復活祭。イースター。
水仙、フリージア、ストック、百合、講壇に活けられた芳香ただようそれらの花々で象徴される、イエスが甦(よみがえ)られた喜びの日。春分後の最初の満月の次の日曜日に、その日はやってくる。
赤や黄に色づけされたゆで卵が配られる、子供たちにとっても楽しみの日である。
夏がきて、夏休みが始まる。
「男の子たちは、キャンプファイヤーに使う枝を庭から集めて。女の子たちは、花壇のお花にお水をやってね」
教会学校の先生の、よく通る声が響く。子供たちの歓声、黒板のチョークの匂い、テーブルの『子ども賛美歌』。
ビニールで作ったプールに、待ちきれない子供が足を入れようとしている。ふざけて向けられたホースの水。水しぶきが七色に光り、幼い叫び声が上がる。
幼稚科の子供たちが昼寝をしている午後に、小学科の子供たちがカレーをつくっている。額の汗、包丁を持つ危なげな手つき、慣れないコンロの火。でもこれも、昼寝から起きだした幼稚科の子供たちの「おいしそう!」のひとことで一気に報われる。そして夏期学校のカレーは、いつもとびきりおいしいのだ。
学んだり、歌ったり、遊んだり、つくったり、そして食べたり、子供も大人も一緒に、みんなで元気いっぱいの、教会学校の夏期学校。
そして秋、特別伝道集会、略して特伝。
これは年に2回、春にも行われ、春の特伝、秋の特伝と、私たちは区別していた。他の教会から講師の先生を招いたり、映画会を催したり、その年その年で内容はさまざま。神様のことを知らない人々にひとりでも多く福音をと、案内の立て看板やポスター描き、ビラ配りにハガキ、電話案内と、忙しくも充実した日々を送る。
11月3日、文化の日のバザー。
幼稚園と共催ということもあって、毎年多くの人が訪れる活気ある日。私たちは幼稚園の保護者と一緒になって、料理をつくり、皿洗いをし、あるいは映画を上映し、本や手芸品を売り、運んだり、計算をしたり、かたづけたりして、1日中立ち働く。
秋が終わり、教会の庭を落ち葉が埋め、迎える冬。

私たちにとって胸ときめく季節がやってきた。11月の終わり、あるいは12月の初め、その年の暦によって違いはあるが、ある日、教会の講壇に4本の蝋燭(ろうそく)が立てられる。アドベント(待降節)に入ったのだ。日曜の聖日ごとに蝋燭の灯は1本ずつともされていく。4本全部がともった週に、クリスマスを迎えるのだ。
教会堂は50人が座れるほどの広さの木造平屋建てで、木の十字架が講壇にかかっているだけの質素な内部だった。
でもこの時季には、講壇にはつやつやとした本物の樅(もみ)の木が飾られ、真っ赤なポインセチアの鉢が並べられる。
そこで私たちは、劇の稽古や歌の練習、衣装や舞台づくりなど、クリスマス会に向けてのさまざまな準備を行った。救い主であるイエス・キリストの誕生を祝って、教会ではいろいろなクリスマス会をするのだ。
教会学校、青年会、中高生会、婦人会、そして各々の家庭集会のクリスマス会等々。(つづく)

Share

Related Posts

  1. コロナが破壊した上部のクリスマス 【アメリカのコロナ病棟から 関野和寛のゴッドブレス】第10回

  2. 神さまが共におられる神秘(34)稲川圭三

  3. 神さまが共におられる神秘(8)稲川圭三

  4. 【クリスチャンビギナーズ】第7回 いまさら聞けない、キリスト教葬儀の基本

  5. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第13回 イスラエルにて

  6. 【宗教リテラシー向上委員会】 共に祈る「オンラインキャンドル」の輝き 與賀田光嗣 2020年10月11日

  7. 【夕暮れに、なお光あり】 私のふるさと 渡辺正男 2020年12月1日

  8. 【聖書の不思議あれこれ!】聖書はヤバい? 歴史的「差別」を助長してないか?(前編) パダワン青木

  9. 【ヘブル語と詩の味わい④】 「二行詩か、四行詩か」 津村俊夫(『新改訳2017』翻訳編集委員長・聖書神学舎教師)

  10. 牧会あれこれ(3)賀来周一

  11. 牧会あれこれ(12)賀来周一

  12. クラファン応援!限定公開【大頭眞一の「焚き火」日記】 石川ヨナ之巻(4) 2020年10月21日

  13. 神さまが共におられる神秘(27)稲川圭三

  14. 【インタビュー】作家・下田ひとみさん 小説の作り手として、万物の造り手である神様のことを思いながら(後編)

  15. キリストの弟子たち(1)ペトロ(12使徒) 編集部

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。