クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】シリアのクリスチャンから米国へのメッセージ「私たちを見捨てないでください」(対訳)

 

トルコ軍は9日、シリアとの国境の町で空爆を開始し、シリア侵攻に踏み切った。その3日前、トランプ政権がシリア国境地帯から米軍を撤退させる指示を出したばかりだった。

シリア内戦とイスラム国(ISIS、Islamic State of Iraq and Syria)の侵略を乗り越えてきた少数派クリスチャンは、シリア北東部などにあるクルド人地域がトルコに乗っ取られることを恐れている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
After surviving a civil war and ISIS attacks, the Christian minority fears a Turkish takeover in Kurdish border region.

トルコ(オレンジ)とシリア(緑)

米国の支援を受けてきたクルド人率いるシリア民主軍(SDF)は、シリア最後のイスラム国の拠点バグズで3月に行われた式典で、イスラム国の敗退を発表した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Kurdish-led and American-backed Syrian Defense Forces (SDF) announced the defeat of the Islamic State in at a ceremony in Baghouz in March.

トランプ米大統領が6日発表した「クルド人支配地域からの米軍撤退」によって、この地域に住むシリア人クリスチャンは危険にさらされるだろうと報道されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Not long after the defeat of the Islamic State in the area, Syrian Christians warn that US military withdrawal from the Kurdish-controlled region, announced yesterday by President Donald Trump, will expose them to danger.

「トルコ軍が侵略を始めて、クルド人組織と衝突する可能性もあり、そうなればこの地域のクリスチャンは退去を余儀なくされるだろう」とシリア・レバノン福音共同体最高評議会のジョセフ・カサブ議長は述べる。「これは、シリアにいるクリスチャンにとって新たな悲劇となるだろう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The expected military invasion [by Turkey] and the possible confrontation with the Kurds might oblige Christians of the region to leave,” said Joseph Kassab, president of the Supreme Council of the Evangelical Community in Syria and Lebanon. “This means one more tragedy to the Christian presence in Syria.”

10月4日、シリア北部で共同パトロールのためにトルコ兵に挨拶する米兵(写真:Andrew Goedl)

トランプ大統領は、「終わりのない戦争」から米国を離れさせるという公約を守るため、トルコとシリアの国境に沿って「安全地帯」を確立するというトルコの主張に屈した。8月以降、米国とトルコは共同でクルド人地域の緩衝地帯パトロールを実施してきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Seeking to honor his campaign promises to extract America from “endless war,” Trump yielded to Turkey’s demand to establish a “safe zone” along its southern border with Syria. Since August, the United States and Turkey administered a joint buffer zone patrol in the Kurdish-majority area.

トルコの方針は2段階に分かれている。まず、トルコに現在居住している(最大)200万人のシリア難民を帰国させ、そこに定住させること。次に、国境にいるクルディスタン労働党(PKK)関係のクルド人戦闘員を撤退させることだ。PKKは、トルコと米国の両政府によってテロ組織と認定されている。トルコのエルドアン大統領は、米国がPKK所属のクルド人戦闘部隊に協力していることに不満を抱き、一方的に20マイル(約32キロ)の「安全地帯」を設置すると発表した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Turkey’s objectives are two-fold. First, to resettle up to 2 million Syrian refugees currently residing in Turkey. Second, to clear the border of Kurdish fighters linked to the Kurdistan Workers Party (PKK), deemed a terrorist entity by both Ankara and Washington. Turkey’s President Recep Tayyip Erdogan had threatened to establish a 20-mile corridor unilaterally, frustrated by US cooperation with Kurdish fighters belonging to the PKK.

おもにトルコ、シリア、イラク、イランに住んでいるクルド人の総人口は約3000万人とされる。クルド人は、国を持たない世界最大の民族の一つだが、イラクの憲法はクルディスタン地域を自治区に指定している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kurds number approximately 30 million, located primarily in Turkey, Syria, Iraq, and Iran. They are one of the largest stateless people in the world, though within Iraq the constitution has designated Kurdistan as an autonomous region.

イラクのクルディスタン福音同盟の元指導者アシュティ・バーロは、クリスチャンや他の少数派信徒の安全について次のように語っている。「米軍の撤退により、この地域からキリスト教が消滅する可能性は非常に高い。あの国(トルコ)が、テロからの解放を口実に侵攻してくるなんて。攻撃を受けるのは、テロリズム組織や『危険分子」だけだろうか。(米国が)十分な注意を払うことなく撤退すれば、それは新たな惨事につながるだろう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“It is very possible that the American withdrawal from the region will lead to the extinction of Christianity from the region,” said Ashty Bahro, former director of the Evangelical Alliance of Kurdistan, in Iraq, noting the safety there for Christians and other minorities.“How can another country [Turkey] enter the pretext of liberation from terrorism? Will the target be only terrorism or ‘undesirable people’? Leaving the area without proper care will lead to another disaster.”

10月10日の爆撃(写真:Orhan Erkılıç)

シリア北東部のクルド人地域は、ユーフラテス川からイラク国境までの300マイル(約384キロ)に及び、推定4万〜10万人のクリスチャンを含む約75万人が住んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Kurdish-controlled area of northeast Syria stretches 300 miles from the Euphrates River to the Iraqi border. Approximately 750,000 people live there, including estimates of between 40,000 and 100,000 Christians.

2011年以降、70万人以上のクリスチャンがシリアから退避している。避難の拡大が警告される中で、より大きな被害を恐れる人々もいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Over 700,000 Christians have fled Syria since 2011. And while some warn of further displacement, others fear a greater threat.

クリスチャン・ブロードキャスティング・ネットワークの報道では、シリア民主軍(SDF)のキリスト教下部組織、シリア軍事評議会は声明を出した。「トルコは私たちを殺し、破壊し、私たちの虐殺を完了させようとしている。ISISから世界を守った私たちのことを、世界が見捨てないことを願う」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Turkey aims to kill and destroy us and to finish the genocide against our people,” said a statement issued by the Syriac Military Council, a Christian component of the Syrian Defense Forces (SDF), as reported by the Christian Broadcasting Network. “We hope and pray that as we have defended the world against ISIS, the world will not abandon us now.”

カーミシュリーでデモを行うクルド民族評議会の支持者(写真:Qasioun News Agency)

シリアとトルコの国境近くにあるクリスチャンが多数派を占める都市カーミシュリーのキリスト教コミュニティーも声明を発表した

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Christian community of Qamishli, on the border with Turkey near Iraq, issued its own statement.

「トルコ政権は、国民や人道に反する武装過激派・急進派で構成されている。この脅威は、この地に住むシリア人の命を危険にさらしている」と、シリア統一党の共同議長サンハリブ・バルサムは述べる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The Turkish regime is based on armed extremist and radical groups that commit crimes against civilians and humanity,” said Sanharib Barsoum, the co-chair of the Syriac Union Party. “Such threats endanger the life of Syriac people in the region.”

2011年のシリア内戦勃発を受けて、クルド人はクルド人民防衛隊(YPG)を結成し、やがてそれを主体としてシリア民主軍(SDF)が結成された。米国はISISと戦うため、16年にSDFと連合し、17年にはYPGを武装させるようになったため、トルコを激怒させた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Following the outbreak of the Syrian civil war in 2011, Kurds created People’s Protection Units (YPG), which eventually became the backbone of the SDF. The SDF coalition was assembled by the US in 2015 to fight ISIS. In 2017, the US began arming the YPG directly, enraging Turkey.

対ISIS軍事作戦はその大部分において成功したが、1万1000人のSDF戦闘員が犠牲となった。SDFは、ヨーロッパ人1000人を含む55カ国2000人のISIS戦闘員を捕虜にしたと語る。トランプ大統領は、「その責任はトルコが負うことになる」と述べている。クルド人は、トルコ侵略に抵抗することを明確に表明しているが、その影響で捕虜の監視を続けることは不可能となっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The largely successful campaign against ISIS cost 11,000 SDF lives. The SDF says it holds 2,000 ISIS fighters from 55 nations, including 1,000 Europeans. Trump has said Turkey will take responsibility for them. The Kurds promise to resist the Turkish incursion, making them unable to continue guarding the prisons.

クリスチャンたちは、クルド人とアラブ人、クリスチャンの間にある独自の和平関係を維持することにも大きな声を上げている。2014年以来、社会憲章により民主的統治、女性の権利、礼拝の自由が確保されてきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Christian voices are also keen to preserve the unique peace achieved between Kurds, Arabs, and Christians. Since 2014 a social charter has ensured democratic governance, women’s rights, and freedom of worship.

2014年、イスラム国によって包囲されたコバニ(写真:VOA)

トルコとの国境近くにある都市コバニには、イスラム教から改宗したクリスチャンによるブレザレン教会があり、約20の家族が礼拝している。牧師ザニ・バクルは、前回のトルコ軍侵攻によって西にあるアフリンに逃げていたが、昨年、この教会に着任した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The town of Kobani, on the Turkish border, hosts a Brethren church composed of converts from Islam. Around 20 families worship there, and the church’s pastor, Zani Bakr, arrived last year from Afrin, displaced by an earlier Turkish incursion.

シリアのキリスト教指導者の一人は、トランプ大統領宛てに嘆願書を書いている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
One Syrian Christian leader issued a plea to President Trump.

「お願いですから、神を求めてください。古くはメソポタミアだったシリアからクリスチャンが根絶やしにされないよう、決断を下す前に神に尋ねてください」

トランプ大統領が2月に「米軍を撤退する」と脅したとき、在米シリア民主評議会の共同議長バサム・イシャクはCBNニュースに語った。「私たちは民族的・宗教的アイデンティティーによって市民権や人権が左右される国を望んではいません。望んでいるのは、すべてのシリア人が平等であることです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Please, seek God, ask God before you make your decision, so that Christianity is not eradicated from Syria, and from historical Mesopotamia,” Bassam Ishak, co-chair of the Syrian Democratic Council Representation in the USA, told CBN News, following Trump’s February threat to withdraw US forces. “We don’t want a country where citizenship and rights are based on ethnic identities or religious identity. We want all Syrians to be equal.”

イシャクとさまざまな信仰を持つ同僚たちは、米国の家族調査評議会の支援を受けている。トニー・パーキンス同会会長はホワイトハウスの福音派顧問だが、トランプ大統領の決定に反対していることをツイッターで表明し、「トランプの決定は、中東における真の宗教的自由を危険にさらすだろう」と警告している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ishak and his colleagues across faiths have received the support of the Family Research Council in the US. Tony Perkins, though an evangelical advisor to the White House, tweeted his opposition to Trump’s decision, warning it would “endanger the prospects of true religious freedom in the Middle East.”

同団体の政策・政府関連担当副代表トラビス・ウェーバーは次のように語る。「この地域は安全な避難所としての機能を持ち、迫害を受けた人々がヨーロッパや米国に避難することを防いでくれるが、米軍の撤退はこの地域の安定性を阻害するばかりでなく、『彼らが築いた信教の自由など、私たち(米国)にとってどうでもいい』と世界に知らせるものだ」と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
His colleague Travis Weber, vice president for policy and government affairs, told the Christian Post that the region can serve as a safe haven, preventing the flight of the persecuted to Europe and the United States.“Not only will our withdrawal destabilize the region,” he said, “but it … signals to the world that we don’t care about the religious freedom they have built.”

米国福音派の評論家ではほかにも、マイク・ハッカビーとパット・ロバートソンが、トランプは「天の使命」を失うリスクがあると警告している。上院共和党のミッチ・マッコーネルとリンジー・グラハムは、民主党下院議長ナンシー・ペロシに加わってトランプの決定を非難した

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Other American evangelical critics include Mike Huckabee and Pat Robertson, who warned Trump risks losing “the mandate of heaven.” Senate Republicans Mitch McConnell and Lindsey Graham joined Democratic House Speaker Nancy Pelosi in condemning Trump’s move.

超党派の米国国際宗教自由委員会は「深い懸念」をツイッターに投稿している。トランプは批判に対して、「(自分には)比類ない知恵」があると言い、「トルコが行き過ぎた行動をすれば、自国の経済は再び破綻するだろう」と警告した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
And the bipartisan US Commission for International Religious Freedom tweeted its “deep concern.” Trump responded to criticism by citing his “great and unmatched wisdom,” warning that if Turkey does anything off limits, he will once again destroy its economy.

2017年5月、共同声明を発表したエルドアン大統領(左)とトランプ大統領(写真:Shealah Craighead)

(以前行った)米国の経済制裁は、テロ関連の罪でトルコに2年間拘留されていたアンドリュー・ブランソン牧師を釈放させるためにトランプが取った対策として大きく取り上げられたことがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
US economic sanctions were part of his high-profile efforts to secure the release of pastor Andrew Brunson, held two years in Turkey on terrorism-related charges.

中東のクリスチャンの保護に取り組む無党派団体「イン・ディフェンス・オブ・クリスチャンズ(クリスチャンの保護)」は、クリスチャンとヤジディー教徒の将来について深い懸念を表明していたが、トランプがトルコに対して行った警告により勇気づけられた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In Defense of Christians, a nonpartisan organization committed to the preservation and protection of Christians in the Middle East, expressed great concern about the future of Christians and Yazidis, but was encouraged by Trump’s threat.

「エルドアン大統領は、経済制裁によって受けた影響を忘れてはいないだろう」と同団体のトゥフィック・バークリニ会長は語った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“President Erdogan has surely not forgotten the economic ramifications of sanctions,” said Toufic Baaklini, president of IDC.

トルコがシリアに軍事侵攻するのは2016年以降、これで3回目となる。トルコ政府は、「現地のクルド人指導者はわが国の支援を高く評価している」と自国の政策を擁護している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
This would be the third Turkish military incursion into Syria since 2016. Turkey defended its policy, saying local Kurdish leaders appreciated the support.

しかしトルコ政府は、国境地帯のクルド人を減らす政策により、意図的に同地域の人口比率を変えてきたと評論家たちは非難している

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But critics accuse Turkey of engineering demographic changes to dilute the Kurdish population on its border.

これまでアラブ系の戦闘員は、クルド人が多数を占めている都市アフリンに居住させられ、クリスチャンヤジディー教徒の礼拝場所は冒とくされてきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Affiliated Arab fighters were previously given residence in Kurdish-majority Afrin, resulting in desecration of Christian and Yazidi places of worship.

国際社会は、シリア難民を(シリアに)再定住させるトルコの計画を支持してはいない。国連はまず、(双方の国家が)包括的な政治合意に至ることを主張し、難民には自分たちの故郷に戻るよう求めている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The international community has not issued support for the Turkish plan for resettling Syrian refugees. The United Nations insists first on a comprehensive political agreement, and for refugees to return to their original locations.

シリア・レバノン福音共同体の最高評議会議長で、ベイルート在住のジョセフ・カサブは言う。「領土の合意が不可欠だ。米政府はとうとうクルド人をトルコの手にゆだねることに決めた。しかし、シリアはシリア人の手にゆだねられるべきだし、この醜い戦争を終わらせる唯一の方法は、国際社会が協調して行動することしかない」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Similarly for Kassab, based in Beirut and overseeing evangelical communities in Syria and Lebanon, territorial integrity is vital. “The US administration finally decided to leave the Kurds in the Turkish hands,” he said. “But Syria must be left in the hands of the Syrians, and a concerted action by the international community is the only way to put an end to this ugly war.”

執筆者:ジェイソン・キャスパー

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2019/october/syrian-christians-kurds-us-withdrawal-turkey.html

Print Friendly, PDF & Email
よかったらシェア
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.