クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】シリアの戦地で支援を続けるクリスチャン(前編)

 

今のところほとんどの戦闘は停止しているが、トルコによるシリア北部(クルド人支配地域)への侵攻は、新たな人道的危機を引き起こしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Though most of the fighting has stopped for now, Turkey’s incursion on Kurdish-controlled northern Syria has left another humanitarian crisis in its wake.

中東のクルド人居住地域(the U.S. Central Intelligence Agency)

シリアの教会や複数のキリスト教団体(オープン・ドアーズ、プリエンプティブ・ラブ連合など)は避難民支援のため、リスクを冒しながら戦地に残る市民のサポートを優先している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Local churches as well as Christian organizations like Open Doors and Preemptive Love Coalition have prioritized caring for the citizens who took the risk to stay behind and helping the displaced return.

10月9日から始まった3日間にわたるトルコによる爆撃の後、シリア北東部にあるカーミシュリーの同盟教会は12日夜、安全のために逃げるか、それとも残って助けるかを話し合うために集まった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Last Saturday night, after three days of Turkish bombing, the Alliance Church of Qamishli met to make a decision. Would they flee for safety, or remain and help?

ある意味、そこに選択の余地はなかった。

2児の父親であるファディ・ハブソウナは、ミサイルが自宅を直撃し、自分の店も塵(ちり)と化した際にけがを負った。妻は危篤状態で、祖父の家も爆弾によって破壊されている。牧師は、教会所有の施設に彼らを収容し、同じような目にあった他の人々を支援するため、そこに留まることを決めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Fadi Habsouna, a father of two, was injured when missiles hit his home and ruined his shop. His wife is in critical condition. His grandfather’s home was destroyed by a bomb. The pastor housed them in church-owned property, and decided to remain to assist the family, and others suffering similarly.

彼の教会の信徒のうち8家族がそこを去ることに決めたが、残りの教会員は牧師にならった。

クルド人の子ども(写真:jamesdale10)

この話をスタッフから伝え聞いたオープン・ドアーズUSAのデイビッド・カリー代表はこう語る。「この教会の人々は、この地域で『地の塩、世の光』になろうとする非常に勇敢な人々です。彼らはイエスの存在を守り、人々に手を差し伸べようとしています」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“These are extremely brave people who want to be salt and light in their communities,” said David Curry, CEO of Open Doors USA, who relayed this story from his field staff. “They want to maintain the presence of Jesus and reach out.”

オープン・ドアーズは、迫害を受けている人々を擁護する活動で知られる。この団体のリスト(ワールド・ウォッチ・リスト)によるとシリアは、クリスチャンが生きづらい地域ランキング11位だ。現地のパートナー団体は、人目につかないように現地調査を行ってきた。しかし、シリアの危機により、その団体も人道支援活動に取り組まざるを得なくなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Open Doors is better known for its advocacy work on behalf of the persecuted; Syria ranks no. 11 on its World Watch List of places hardest to be a Christian. Its local partners keep a low profile in order to provide on the ground assessment. But the crisis in Syria has driven them to humanitarian aid.

これは初めてのことではない。2014年にISISが現れた後、オープン・ドアーズは、トルコとレバノンの国境沿いのキャンプにいる15万人のクリスチャンを支援した。現在、その地域活動グループは、トルコ侵攻のあったシリア北東部の町で食料や医療、衛生品、そして一時的な避難所を提供している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
It is not the first time. Following the rise of ISIS in 2014, Open Doors helped 150,000 Christians located in camps along the Turkish and Lebanese borders. Now their community hubs are providing food, medical care, hygiene kits, and temporary shelter in the northeast Syrian towns affected by the Turkish incursion.

「クリスチャンたちは、『生まれ育った故郷を捨てて内地に逃げるか、死なないですむように願いながら残るか』という厳しい選択を迫られている」とカリーは言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Christians have to make hard choices,” Curry said. “Leave the communities they were raised in, move inland, or stay and hope they are not killed.”

難民化、そして米国とトルコ間の取引

シリア北東部ハサケ県のカトリック大司教ジャック・ベナン・ヒンドはこう話す。「教区にいる信徒の半分、合計5000家族がこの地域から退避しており、近くのカーミシュリーでも同様です」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Jacques Behnan Hindo, Catholic Archbishop of Hasakeh, said half of his diocese, totaling 5,000 families, have fled the area. He reports similar numbers in nearby Qamishli.

国連人道問題調整事務所は、「これまでに146人の民間人が死亡した」と報告した。7万人の子どもを含む16万人以上が避難している。地方のクルド人自治区は、避難民の総数を25万5000人以上としている。シリア北東部に住んでいた300万人のうち、125万人はすでに国連の援助を受けている状態だった。現在、その受益者は180万人に増加し、うち90万人が切迫した状況にある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The United Nations Office for the Coordination of Humanitarian Affairs reported that 146 civilians have died so far. Over 160,000 have fled, including 70,000 children. The Kurdish-led local authority counted the total displaced at over 275,000. Of the 3 million people who lived in the northeast, 1.25 million were already receiving UN aid. Now the number in need has risen to 1.8 million, including 900,000 in acute need.

クルド人の子ども(写真:charlesfred)

さらに悪いことに、トルコの軍事作戦は冬の植えつけ時期に始められた。シリア北東部は国の穀倉地帯といわれており、全国穀物生産の90%を占めている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
And worse, the Turkish military operation began during the winter planting season, and the region—Syria’s breadbasket—provides 90 percent of the nation’s cereal production.

ほとんどのNGOは、危険から身を守るために活動地域から立ち去ることを余儀なくされており、状況が持ち直す前にさらに悪化することが危惧されている。米国とトルコ政府間の取引が支援活動にどのような影響を与えるかはまだ明確ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The situation may get worse before it gets better, especially as most NGOs were forced by the violence to leave the area entirely. It is not yet clear how the deal struck between the US and Turkey will affect operations.

17日に発表された共同声明の内容に基づき、クルド軍が撤退できるよう、トルコ軍は5日間攻撃を停止する。その後、シリアとの国境の大部分、長さ約450キロ(幅約32キロ)にわたる安全地帯をトルコが管理する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Under terms announced in a joint statement announced Thursday, Turkey will pause their offensive for five days, allowing Kurdish troops to withdraw. Turkey will then take control of a 20-mile deep safe zone running 280 miles along much of the border with Syria.

国連は慎重な援助を表明して緊張緩和を感謝したが、「解決までの道のりはまだ長い」と評している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The UN expressed its cautious support, thankful for de-escalation, but admitting there is still a long way to go.

2014年からこの地域で活動してきた団体「マーシー・コープス(憐れみ隊)」のシリア担当、メード・ファーガソンは語る。「激しい砲撃や道路閉鎖があり、さまざまな部隊の兵が絶えず入れ替わるような場所では、効果的に活動することはできません」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We just cannot effectively operate with the heavy shelling, roads closing, and the various and constantly changing armed actors in the areas where we are working,” said Made Ferguson, deputy country director for Mercy Corps, which had been operating in the area since 2014.

「国境なき医師団」のような大きな団体も、移転を余儀なくされている。国連は残っているが、世界保健機関(WHO)の報告によると、2つの国立病院、3つの野戦病院、そしていくつかの医療センターが活動を停止するか制限している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Other major agencies, like Médecins Sans Frontières, have also had to relocate. The UN remains, but the World Health Organization has reported that two national hospitals, three field hospitals, and several health centers are either out of commission or offering limited services.

しかし、中にはそうではない団体もある。

2016年からシリアで活動している団体「プリエンプティブ・ラブ(先行する愛)」の創設者ジェレミー・コートニーは語る。「地域のことやニーズ、そして治安状況をよく知っている地元の人々と協力して働いてきたので、私たちは活動を継続することができました。そうは言っても、非常にリスクの高い状況ではあるのですが」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We’ve been able to continue, because we work with and through locals who know the area, know the needs, and know the security situation extremely well,” said Jeremy Courtney, founder of Preemptive Love, which has been active in Syria since 2016. “That said, this is very much a high-risk environment.”

政府間の取引によって事態が改善されるとは期待しておらず、むしろ悪くなるとさえ思っているという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
And Courtney doesn’t expect the deal will make it any better—but rather worse.

この団体の公式声明にはこう書かれている。「トルコ軍が入ってくる中で、国境地帯の多くの家族はこれからも退避を続けるしかない。すでに避難している人の中には、この一連の政府間の取引によって直接的な被害を被り、帰るべき家が残されていない人もいるかもしれない」(後編に続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“It is likely that families will continue to be displaced from the border zone as Turkish forces move in,” according to their official statement. “Those already displaced may have no home left to go back to, as a direct result of this deal.”
Print Friendly, PDF & Email
よかったらシェア
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.