「クリスチャニティー・トゥデイ」 一覧

【CHRISTIANITY TODAY】牧師の妻──普通の女性が担うちょっと普通でない役割(対訳)
私も、「なぜ私なのですか」、「プレッシャーが重すぎます」、「私は牧師の妻にふさわしいでしょうか」と、疑いや不安を覚えることがある。しかし神は、私がプレッシャーを克服できること、「牧師の妻」という決まった型などないことを示し続けてくださった。
【CHRISTIANITY TODAY】ノーベル平和賞はレイプ被害者の治療にあたるクリスチャン医師に──コンゴの婦人科医デニ・ムクウェゲ氏(対訳)
レイプ被害者の治療に献身してきたコンゴ民主共和国のクリスチャン婦人科医が、2018年のノーベル平和賞を受賞した。ムクウェゲ氏はペンテコステ派の牧師の息子で、父と一緒に、病気の人々のために祈る旅をしたことがきっかけで医学の道を志した。
【CHRISTIANITY TODAY】牧師がうつに苦しむ時(対訳)
私たちは今日、明白な不協和音と戦っている。「もしイエスが勝利しているなら、なぜ私はこんなに悲しいのか。もし神が支配し、被造物を贖(あがな)ってくださるなら、なぜ私は1日が始まる前から希望もなく、疲労困憊(こんぱい)しているのか」
【CHRISTIANITY TODAY】葬儀は私的な場ではなく、神の民が形作られる礼拝(対訳)
葬儀が礼拝ではなくなり、家族以外をシャットアウトした行事になると、それは個人的な好みの問題へと変質してしまう。葬儀は、亡くなった人がこの世に自分の痕跡を残すために最後に悪あがきをする場となり、神の民が形作られる機会ではなくなってしまうのだ。
【CHRISTIANITY TODAY】牧師が信徒のそばにいない「不在のミニストリー」(対訳)
「緊急事態だからすぐに来てほしい」と信徒に呼ばれて牧師が行くことは、多くの牧会者にとって仕事の一部であり、最初に職に就いた時点で分かっていたことだ。しかし、このような状態は健全といえるだろうか。さらに重要なことは、これは聖書的だろうか。
【CHRISTIANITY TODAY】クリスチャンが求めるべきは政治権力ではなく神の国
トランプ米大統領は、「11月の米議会中間選挙で共和党が負ければ、保守的なクリスチャンは迫害にさらされることになり、一切を失いかねない」と警告した。しかし、「政治権力」をクリスチャンが信仰の対象としてしまうことは、重大な問題だ。
【CHRISTIANITY TODAY】なぜクリスチャンの母親は罪悪感を持ち続けるのか
母親たちが必死で家庭と仕事を両立させようとしているこの時代、数字だけ見れば、米国の福音派の母親は子育てに満足しているようだ。それでもなお、全米の福音派の母親たちは、罪悪感や燃え尽き感、子育てのプレッシャーに苦しんでいるという。
【CHRISTIANITY TODAY】伝道への恐れを克服するには──伝道への確信は神の愛から来る
私たちがキリストのことを伝えないなら、それは「初めのころの愛」を失ってしまったからかもしれない。あなたのことをイエスがどう思われるかではなく、人がどう思うかを心配する偶像崇拝を捨て去ろう。そして、神があなたを愛しておられることを思い出そう。
【CHRISTIANITY TODAY】ゴスペル歌手であり続けたアレサ・フランクリンの信仰
困難を乗り越えることができるのは、嵐を生き延びることができるのは、信仰のゆえだ。私たちが先の見えない旅を続ける間、私たちを守り、前へと運んでくれるのは信仰なのだ。アレサ・フランクリンは、苦しみの中でも歌い続け、歌詞の語ることを信じたのだ。
【CHRISTIANITY TODAY】説教者はポスト・キリスト教社会に影響を及ぼせるか
「心の中にある熱意を言葉にすれば、雄弁が生まれるだろう。それは私たちの心を打つに違いない。心の深いところにある感情こそ、雄弁の根本をなすものだ。感情が動くとは、魂の感受性が軋(きし)む音を立て、驚嘆するということなのだ」
 新着
2018.10.19
教皇フランシスコ「公式な招待状が届けば、北朝鮮に行くことはできる」
2018.10.19
特別展「キリシタン──日本とキリスト教の469年」國學院大學博物館で開催中
2018.10.18
西南学院大学神学部教授の天野有氏、召天 62歳
2018.10.18
【CHRISTIANITY TODAY】牧師の妻──普通の女性が担うちょっと普通でない役割(対訳)
2018.10.16
西川重則さん「侵略と加害の歴史を繰り返さないために」 第3回戦争に関する証言集会
2018.10.15
【インタビュー】映画「教誨師」 監督・佐向大さん(後編)
2018.10.14
【インタビュー】映画「教誨師」 監督・佐向大さん(前編)
2018.10.14
神さまが共におられる神秘(21)
2018.10.13
【CHRISTIANITY TODAY】ノーベル平和賞はレイプ被害者の治療にあたるクリスチャン医師に──コンゴの婦人科医デニ・ムクウェゲ氏(対訳)
2018.10.12
3D聖書アニメ「スーパーブック」がテレビ放映中 ネットでも
2018.10.12
東京基督教大学シオン祭 今年のテーマは「あ!」
2018.10.11
ご飯を食べるとき、世界の食卓に思いをはせて 世界食料デー@きりたん大会
2018.10.10
小堀英郎ピアノ・チャリティー・コンサート 西日本豪雨被災者支援
2018.10.09
クリスマス見本市&キリスト教ブックフェア 片柳神父が本屋大賞を受賞
2018.10.08
【CHRISTIANITY TODAY】牧師がうつに苦しむ時(対訳)

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

2018年10月20日 とりなしの祈り(エレミヤ書 14:1-9)

とりなしの祈り

干ばつに見舞われたとき、主の言葉がエレミヤに臨んだ。

ユダは渇き、町々の城門は衰える。人々は地に伏して嘆き
エルサレムは叫びをあげる。

貴族は水を求めて、召し使いを送る。彼らが貯水池に来ても、水がないので
空の水がめを持ち
うろたえ、失望し、頭を覆って帰る。

地には雨が降らず
大地はひび割れる。農夫はうろたえ、頭を覆う。

青草がないので
野の雌鹿は子を産んでも捨てる。

草が生えないので
野ろばは裸の山の上に立ち
山犬のようにあえぎ、目はかすむ。

我々の罪が我々自身を告発しています。主よ、御名にふさわしく行ってください。我々の背信は大きく
あなたに対して罪を犯しました。

イスラエルの希望、苦難のときの救い主よ。なぜあなたは、この地に身を寄せている人
宿を求める旅人のようになっておられるのか。

なぜあなたは、とまどい
人を救いえない勇士のようになっておられるのか。主よ、あなたは我々の中におられます。我々は御名によって呼ばれています。我々を見捨てないでください。

(エレミヤ書 14:1-9)

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.