「クリスチャニティー・トゥデイ」 一覧

説教者はポスト・キリスト教社会に影響を及ぼせるか
「心の中にある熱意を言葉にすれば、雄弁が生まれるだろう。それは私たちの心を打つに違いない。心の深いところにある感情こそ、雄弁の根本をなすものだ。感情が動くとは、魂の感受性が軋(きし)む音を立て、驚嘆するということなのだ」
「先生、教会のために休みを取ってください」
牧師が休暇の計画を立てながら、自分が休みを取る言い訳をしている。そして、ひそかに思う。「教会の働きにしっかり取り組んでいないと思われないかしら」。また、教会員による謝儀で自分は贅沢な生活をしているのではないことを証明する必要をしばしば感じる
なぜ迫害されているクリスチャンよりペットを心配するのか
牧師であり作家であるジョニー・ムーア氏は言う。「イラクではクリスチャンの80%、シリアでは50%が殺害されていることを人々は知らないのではないでしょうか」。彼の願いは、遠い国の出来事としか認識できない西洋のクリスチャンを奮い立たせることだ。
「#MeToo」被害者に、臨床知識に裏づけされた霊的に健全なセラピーを
ハーメイシャ・ホプソンは、聖書的に健全な方法でトラウマに対処することについて語った。「傷ついた人が来たら、『あなたの言うことを信じますよ』、『勇気を出して話してくれてありがとう』と答えてください。言葉には人を生かしも殺しもする力があります」
福音派の3分の1は、礼拝に人を誘う必要性を感じていない
米国のキリスト教調査機関ライフウェイ・リサーチは福音派クリスチャンを対象に、人々を教会に誘うことについての意識調査を行い、このほどその結果を発表した。およそ3分の2は直近半年間、少なくとも一人を教会に誘ったと回答した。
ブラジルのサッカー、W杯で勝ってもイエスに感謝は禁止
「100%イエス」と書かれたヘッドバンドをしたネイマールには、婚外子やよく知られた女性遍歴があるため、物議をかもした。クリスチャンのサッカー・ファンが恐れているのは、選手は自らの行動のせいで、かえってその話の価値を下げてしまうということだ。
2018年 今日の英語圏で最も影響力のある説教者12人
ベイラー大学トゥルエット神学校は、「現代の説教の基準となる説教者」の2018年ランキングを発表した。ジョン・パイパー、ティム・ケラーから、チャールズ・スウィンドル、故ハッドン・W・ロビンソンまで、教派を超えた有力伝道者の名が挙がっている。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.