「クリスチャニティー・トゥデイ」 一覧

【CHRISTIANITY TODAY】2019年レントに何を我慢する? ツイッターのトップ100の考察
レント(受難節、四旬節)に何を我慢するとツイートされているか、リアルタイムで見てみよう。リストのトップに来るのはソーシャル・ネットワークで、続いてアルコール、ツイッター、チョコレート、レント、肉、悪態をつくことが並ぶ。
【CHRISTIANITY TODAY】日本宣教における「マンガ聖書」(対訳)
「マンガ聖書」は日本人によって日本人向けに描かれたにもかかわらず、日本では伝道ツールとしての効果を上げていない。「キリスト教は西洋の宗教組織と見られて、西洋の伝統に何重にも取り巻かれているため、日本人にはイエスを捉えることが難しいのです」
【CHRISTIANITY TODAY】あらゆる手話によって福音を(対訳)
16カ国のクリスチャンがついに、それぞれの国の手話による新約聖書を手にすることになった。約16万人が初めて新約聖書に触れられるのだ。ろう者のための手話訳聖書製作のため、「パッション・カンファレンス」で約50万ドルの献金が集まったおかげだ。
【CHRISTIANITY TODAY】クリスマスはいちばん苦痛な時(対訳)
アドベントは、世の罪を見つめる時期であり、やがて訪れる光を待ち望む時期だった。そこでこのクリスマスを、キリストにふさわしいことをして過ごしてはどうだろうか。不完全で苦難のあるままにし、苦難は平安に変えられると信じてみてはどうだろう。
【CHRISTIANITY TODAY】サンディ・パティを救ったバイブル・スタディー・フェローシップ(対訳)
クリスチャン・シンガーのサンディ・パティは、幼少時の性的虐待、自尊心の低下に苦しんでいた。結婚は破綻しかけ、音楽のキャリアも行き詰まっていく。この激変のさなか、自分の所属教会のバイブル・スタディー・フェローシップのグループに加わった。
【CHRISTIANITY TODAY】ジョニー・エレクソン・タダ──苦難を通じて天の国が見える(対訳)
終わりの時からの視点ほど、困難の捉え方を大きく変えたものはない。首の骨を折った時、神は私から「今の楽しみ」を取り上げられた。その後、麻痺(まひ)が治らないと分かった時は、楽しみどころではなかった。けれども、天の国を生き生きと感じられるように
【CHRISTIANITY TODAY】10月は「牧師感謝月間」だったとご存じでしたか(対訳)
牧師のほとんどは全力で主に仕え、教会を導き、祈り、話を聞き、説教し、愛そうと誠実に努力しています。毎年10月が来ても、牧師感謝月間について何も言わないでしょう。でも、実は気にしています。誰もが時には励ましを必要とします。牧師も同じなのです。
【CHRISTIANITY TODAY】牧師の誘惑──罪は目に見えるが、その根は見えない(対訳)
ヘンリ・ナウエンは著書『イエスの御名で』の中で、イエスがサタンの誘惑にあったことに触れ、現代のクリスチャンの指導者にも同様のことが起こりうると述べている。「石をパンに変えよ」という最初の誘惑は「能力を示すことへの誘惑」だとナウエンは言う。
【CHRISTIANITY TODAY】ユージン・ピーターソン──天に行くのを前にして「さあ行こう」と楽しげだった(対訳)
日本でも『牧会者の神学』『イエスとともに祈る365日』『詩編とともに祈る365日』(日本キリスト教団出版局)、『若者は朝露のように』『信仰の友への手紙』(いのちのことば社)などで知られるユージン・ピーターソンが10月22日、召天した。
【CHRISTIANITY TODAY】牧師の妻──普通の女性が担うちょっと普通でない役割(対訳)
私も、「なぜ私なのですか」、「プレッシャーが重すぎます」、「私は牧師の妻にふさわしいでしょうか」と、疑いや不安を覚えることがある。しかし神は、私がプレッシャーを克服できること、「牧師の妻」という決まった型などないことを示し続けてくださった。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.