「原口建(はらぐち・けん)日本バプテスト連盟・市川八幡キリスト教会会員」 一覧

「ルワンダ虐殺を憶える受難礼拝」大井バプテスト教会で

1994年4月6日に「ルワンダ虐殺」が起こってから25年。「ルワンダ虐殺を憶(おぼ)える受難礼拝」(ルワンダ有志の会、大井バプテスト教会共催)が14日、日本バプテスト連盟・大井バプテスト教会(東京都品川区)で行われ、87人が出席した。

【CHRISTIANITY TODAY】ルワンダ虐殺から25年、赦しの火種を燃え上がらせた女性(後編)

100日間に80万人以上が殺害された「ルワンダ虐殺」が1994年4月6日に発生して25年になる。デニス・ウイマナさんは、虐殺のサバイバー(生き延びた人)に物質・精神の両面でのサポートを提供することを使命とし、フツとツチの和解に尽くしてきた。

【CHRISTIANITY TODAY】ルワンダ虐殺から25年、赦しの火種を燃え上がらせた女性(前編)

100日間に80万人以上が殺害された「ルワンダ虐殺」が1994年4月6日に発生して25年になる。デニス・ウイマナさんは、虐殺のサバイバー(生き延びた人)に物質・精神の両面でのサポートを提供することを使命とし、フツとツチの和解に尽くしてきた。

【CHRISTIANITY TODAY】キリスト教の中国化を求める中国──政府の抑圧か、中国教会の主体的発展か(後編)

中国の教会は、政府による宗教統制によって、妨害と抑制を強いられてきたにもかかわらず、創造的な方法で成長し続けてきた。中国の政策がどう実施されるのかを注視し、中国の兄弟姉妹が同国の教会史の新しい時代を築くために共に祈りをささげる重要な時期だ。

【CHRISTIANITY TODAY】キリスト教の中国化を求める中国──政府の抑圧か、中国教会の主体的発展か(前編)

「宗教への西洋の影響を減らし、『より中国的』にせよ」という政府の政策を中国のプロテスタント教会代表が支持する演説を行った。この動きは、より厳格な政府統制へ向かう一歩だろうか。それとも信仰を土着化させるか、文脈的に捉える機会だろうか。

【CHRISTIANITY TODAY】合同メソジスト教会 同性婚などを認めず、伝統的な結婚を守ることを決定(対訳)

同性間の結婚、また同性愛のパートナーを持つ牧会者というテーマをめぐっては、何年ものあいだ緊迫状況が続いていた。合同メソジスト教会(UMC)は数日間にわたる激しい論争と審議、そして祈りを経て、伝統的なスタンスを保持することを決議した。

【CHRISTIANITY TODAY】なぜ人間の尊厳が福音の問題なのか──インドの女性差別から(対訳)

今もインドの女性たちはサバリマラ寺院に立ち入る権利のために闘っている。女性の参拝が禁じられていたが、昨年、最高裁判所はその禁止を無効とする判決を下した。それから4カ月経っても、寺院に入れた女性は一握りで、夜中、厳重に護衛されてのことだった。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.