「大塚春香(おおつか・はるか)キリストの教会(クリスチャン・チャーチ系、有楽器派)・町田キリストの教会会員」 一覧

1978年、東京都生まれ。 桜美林短期大学英語英文科卒、シンシナティ-・クリスチャン大学聖書学科卒。キリストの教会(クリスチャン・チャーチ系、有楽器派)・町田キリストの教会会員。

【CHRISTIANITY TODAY】とらえどころのない存在② 神への熱愛──偉大な愛を知った人とは(後編)
私たちは、何かを見つけられるのではないかという希望を持って、この退屈から救い出してくれる、この望みを満たすものを探している。しかしそれらは、より本物の、より良い、より美しいものを指し示しているにすぎない。私たちは本物の影を追っているだけだ。
【CHRISTIANITY TODAY】とらえどころのない存在② 神への熱愛──偉大な愛を知った人とは(前編)
神への飢え渇きとは、神のために必死になるということだ。詩編の著者は、神がいなければ空腹になり、喉が渇くと信じていた。命がないという状態が、その必死さに油を注ぐ。たった一粒の米のために這いつくばるように、神を知ることと、その愛を求めた。
【CHRISTIANITY TODAY】とらえどころのない存在① 福音派の危機の核心(後編)
福音派は北米のキリスト教を変えただけでなく、世界中に広がった宣教運動も変えた。この歴史にはたくさんのトラブルもあったが、神はこの運動を用いてくださった。しかし、現代の福音派は深刻な問題を抱え、米国におけるすべてのキリスト教を苦しめている。
【CHRISTIANITY TODAY】とらえどころのない存在① 福音派の危機の核心(前編)
福音派の危機は、伝統的なキリスト教の危機でもある。両者ともに「現代性」の精神に陥って、神学が厳格になり、聖書を文字どおりに捉え、神秘については冷たい態度を取り、「疑問を持って生きる」より「答えを宣言する」ことに興味を持ってしまったのだ。
【CHRISTIANITY TODAY】教会成長の格差──大きい教会はより大きく、小さな教会はより小さく(後編)
教会が健康的かどうかを深く探るために、さらに多くの研究がなされてきました。しかし、会堂に集まる人の数、献金額、回心者の数を見て観察するという手法は、今でも役に立ちます。戦略やプログラム、大まかな方針も、教会成長の軌道によって異なります。
【CHRISTIANITY TODAY】教会成長の格差──大きい教会はより大きく、小さな教会はより小さく(前編)
米国で教会出席人数が増える傾向にある教会は全体の10%、すでに250人以上の出席のある教会だ。ライフウェイ・リサーチ社による新しい調査の結果、プロテスタント教会の10分の6で礼拝出席数が頭打ちになっているか減少していることが分かった。
【CHRISTIANITY TODAY】エリック・クラプトン──主の臨在の中で(対訳)
4歳の息子コナーが高層マンションの窓から転落死したことから、エリック・クラプトンの名曲「ティアーズ・イン・ヘヴン」が生まれた。信仰を得てアルコール依存症から回復した軌跡を『自叙伝』から「クリスチャニティー・トゥデイ」が紹介する。
【CHRISTIANITY TODAY】若者が教会を離れるいちばんの理由(後編)
大学進学か就職によって実家を離れると同時に、日曜礼拝を欠席するようになる者が多い。ただ、一度離れた若者も、3分の2はその後、教会に戻ってくる。しかし近年、若いクリスチャンが教会から離れる理由に、政治的・霊的懸念が挙がるようになった。
【CHRISTIANITY TODAY】若者が教会を離れるいちばんの理由(前編)
大学進学か就職によって実家を離れると同時に、日曜礼拝を欠席するようになる者が多い。ただ、一度離れた若者も、3分の2はその後、教会に戻ってくる。しかし近年、若いクリスチャンが教会から離れる理由に、政治的・霊的懸念が挙がるようになった。
【CHRISTIANITY TODAY】ロシアより愛をこめられず──ウクライナ正教会の独立(対訳)
ウクライナ正教会がロシア正教会から独立した。「我々は敵の首都に中枢がある教会ではなく、普通の教会がほしいのだ」「ロシアが政治的目的を果たすためにロシア正教を用いた侵略に関しては、ウクライナ政府は国を守るために立ち入らざるを得なかったのだ」
 新着
2019.06.25
6月25日は弘前学院大学の創立記念日
2019.06.24
【CHRISTIANITY TODAY】とらえどころのない存在④ 教会の目的は、世界をより良い場所にすること?(前編)
2019.06.24
6月24日はドレミの日
2019.06.23
神さまが共におられる神秘(57)稲川圭三
2019.06.23
【インタビュー】聖公会神学院校長・佐々木道人さん 実習や共同生活の中で育まれる霊的成長(後編)
2019.06.23
6月23日は沖縄慰霊の日
2019.06.22
【インタビュー】聖公会神学院校長・佐々木道人さん 実習や共同生活の中で育まれる霊的成長(前編)
2019.06.22
6月22日は夏至
2019.06.21
日本基督教団奥羽教区 18年ぶりの新議長に村岡博史氏
2019.06.21
6月21日は村岡花子の誕生日
2019.06.20
地震のあった新潟県村上市へ支援のため急行 神戸国際キリスト教会牧師 岩村義雄
2019.06.20
【インタビュー】JTJ宣教神学校学長・横山英実さん 聖書を学びたいすべてのクリスチャンが学べる神学校(後編)
2019.06.20
6月20日は竹鶴政孝の誕生日
2019.06.19
新潟県で震度6強、山形県で震度6弱 イムマヌエル、バプ連の地元の教会は
2019.06.19
【インタビュー】JTJ宣教神学校学長・横山英実さん 聖書を学びたいすべてのクリスチャンが学べる神学校(前編)

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.