「大塚春香(おおつか・はるか)」 一覧

【CHRISTIANITY TODAY】教会成長の格差──大きい教会はより大きく、小さな教会はより小さく(後編)
教会が健康的かどうかを深く探るために、さらに多くの研究がなされてきました。しかし、会堂に集まる人の数、献金額、回心者の数を見て観察するという手法は、今でも役に立ちます。戦略やプログラム、大まかな方針も、教会成長の軌道によって異なります。
【CHRISTIANITY TODAY】教会成長の格差──大きい教会はより大きく、小さな教会はより小さく(前編)
米国で教会出席人数が増える傾向にある教会は全体の10%、すでに250人以上の出席のある教会だ。ライフウェイ・リサーチ社による新しい調査の結果、プロテスタント教会の10分の6で礼拝出席数が頭打ちになっているか減少していることが分かった。
【CHRISTIANITY TODAY】エリック・クラプトン──主の臨在の中で(対訳)
4歳の息子コナーが高層マンションの窓から転落死したことから、エリック・クラプトンの名曲「ティアーズ・イン・ヘヴン」が生まれた。信仰を得てアルコール依存症から回復した軌跡を『自叙伝』から「クリスチャニティー・トゥデイ」が紹介する。
【CHRISTIANITY TODAY】若者が教会を離れるいちばんの理由(後編)
大学進学か就職によって実家を離れると同時に、日曜礼拝を欠席するようになる者が多い。ただ、一度離れた若者も、3分の2はその後、教会に戻ってくる。しかし近年、若いクリスチャンが教会から離れる理由に、政治的・霊的懸念が挙がるようになった。
【CHRISTIANITY TODAY】若者が教会を離れるいちばんの理由(前編)
大学進学か就職によって実家を離れると同時に、日曜礼拝を欠席するようになる者が多い。ただ、一度離れた若者も、3分の2はその後、教会に戻ってくる。しかし近年、若いクリスチャンが教会から離れる理由に、政治的・霊的懸念が挙がるようになった。
【CHRISTIANITY TODAY】ロシアより愛をこめられず──ウクライナ正教会の独立(対訳)
ウクライナ正教会がロシア正教会から独立した。「我々は敵の首都に中枢がある教会ではなく、普通の教会がほしいのだ」「ロシアが政治的目的を果たすためにロシア正教を用いた侵略に関しては、ウクライナ政府は国を守るために立ち入らざるを得なかったのだ」
【CHRISTIANITY TODAY】独身者にとってのアドベント(対訳)
私の独身時代はいつまで続くのか分からないが、「肉となって、わたしたちの間に宿られた」(ヨハネ1:14)イエスを見上げよう。独身でも、結婚していても、私たちの誰もが何かを待ちわびている。そして、神様の約束はいつも変わらない。
【CHRISTIANITY TODAY】クリスチャンは飲酒できるのか──プロテスタント教会出席者1000人の考え(対訳)
クリスチャンの飲酒についての見解は、プロテスタント教会出席者の間では過去10年間、変化がない。ライフウェイ・リサーチ社の調査によると、プロテスタント教会出席者の41%が「アルコールを摂取する」、59%は「しない」と答えた。
【CHRISTIANITY TODAY】福音派クリスチャンがトランプに投票した2016年大統領選についての調査(対訳)
「投票する理由は複雑です。『81%の福音派クリスチャンがトランプ大統領に投票』というニュースの数字では、なぜ人々が投票したのかという理由やそのニュアンスが伝わりません。持ちうる選択肢の中で、いちばん合うと思う人を選ばざるを得なかったのです」
【CHRISTIANITY TODAY】クリスチャンと教会は災害にどう備えるか(対訳)
自然災害などの緊急事態に対応し、また準備するため、取るべき実用的な手順を述べよう。「いま私たちの心にある、『再びそのような災害に遭ったら、どう向き合うか』ということは、災害の最中に経験した『神様はどのようなお方か』ということにかかっている」

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.