「石原良明(いしはら・よしあき)」 一覧

【CHRISTIANITY TODAY】2018年の聖書考古学上の発見トップ10(後編)
毎年、ほぼ毎日といえる考古学的な発見は、聖書のよりよい理解と、聖書の人物や出来事、文化の詳細を確認するのに役立っている。以下は、2018年に報じられた、聖書の世界と初期キリスト教史についての知識を深めることになった発掘調査結果のトップ10。
【CHRISTIANITY TODAY】2018年の聖書考古学上の発見トップ10(前編)
毎年、ほぼ毎日といえる考古学的な発見は、聖書のよりよい理解と、聖書の人物や出来事、文化の詳細を確認するのに役立っている。以下は、2018年に報じられた、聖書の世界と初期キリスト教史についての知識を深めることになった発掘調査結果のトップ10。
【CHRISTIANITY TODAY】ブック・アワード2019(4)
「クリスチャニティー・トゥデイ」ブック・アワード2019を4日に分けて紹介する。4日日の今日は、宣教・世界教会部門からW・M・ギタウ著『メガチャーチのキリスト教再考』、政治と公的生活部門からエレイン・ストーキー著『人類の傷跡』など。
【CHRISTIANITY TODAY】ブック・アワード2019(3)
「クリスチャニティー・トゥデイ」ブック・アワード2019を4日に分けて紹介する。3日日の今日は、文化と芸術部門からG・ソーンベリー著『なぜ悪魔は良い音楽を持っているのか』、フィクション部門からS・G・ブラウン著『エクストラ・マイル』など。
【CHRISTIANITY TODAY】ブック・アワード2019(2)
「クリスチャニティー・トゥデイ」ブック・アワード2019を4日に分けて紹介する。2日日の今日は、クリスチャン・ライフ部門からR・バッターフィールド著『福音は家の鍵とともにやって来る』、教会部門からJ・D・アーサー著『想起としての説教』など。
【CHRISTIANITY TODAY】ブック・アワード2019(1)
「クリスチャニティー・トゥデイ」ブック・アワード2019を4日に分けて紹介する。初日の今日は、弁証学・福音宣教部門からサム・チャン著『懐疑的な世界における福音派』、聖書学部門からバリー・バイツェル編『レクサム地理的福音書注解』など。
【CHRISTIANITY TODAY】ブック・オブ・ザ・イヤー2019(2)
忙しさに依存的になっている私たちの世界では、仕事と生産の量が私たちの価値とアイデンティティーを決めると考えられている。しかし本書は、聖霊の息吹に私たちを満たす。安息日の聖霊は、キリストにおける神の完全なみわざにおいて、私たちに休息を命じる。
【CHRISTIANITY TODAY】ブック・オブ・ザ・イヤー2019(1)
家族がどう脅かされているかではなく、それが何を提供し、何を可能にするのか。崇拝の対象としてではなく、より驚くべき現実を指し示す道しるべとしてアプローチできるなら、家族は何になりうるのか。福音派の指導者がこのように家族を論じるのは斬新だ。
【CHRISTIANITY TODAY】あなたの天職は一人では見つけられない(対訳)
私たちの天職についての神の呼びかけは、私たちの前に来た偉大な証人の群れ、私たちを取り囲む人々、私たちの後に来る人々との関係として現れる。過去と未来とのつながりとして自らを見るとき、感謝は、神の私たちへの呼びかけを聞く手段となるのだ。
【CHRISTIANITY TODAY】福音派はなぜトランプに投票したのか──81%の正体(対訳)
来月6日の中間選挙を目前にして、2016年大統領選についての統計を調査した。「福音派の白人有権者の81パーセントが2016年大統領選でドナルド・トランプ氏に投票した」という事実ほど、この2年、福音派の内外で議論を巻き起こした統計はなかった。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.