「稲川圭三(いながわ・けいぞう)東京カトリック神学院モデラトール(養成者)」 一覧

1959年、東京都江東区生まれ。千葉県習志野市で9年間、公立小学校の教員をする。97年、カトリック司祭に叙階。西千葉教会助任、青梅・あきる野教会主任兼任、八王子教会主任、麻布教会主任司祭を経て、現在、東京カトリック神学院モデラトール(養成者)。著書に『神さまからの贈りもの』『神様のみこころ』『365日全部が神さまの日』『イエスさまといつもいっしょ』『神父さまおしえて』(サンパウロ)『神さまが共にいてくださる神秘』『神さまのまなざしを生きる』『ただひとつの中心は神さま』(雑賀編集工房)。

クリスチャンプレス は、FELLOW WORKER(同労者)同士が手をつなぐために記事を配信しています。ぜひシェアしてご活用ください。
Tweet 20

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(97)稲川圭三

愛する亡くなられた方々のいのちを、「天国」と名前はつけているけれど、自分たちとは関わりのないところに置いているのであれば、イエスさまはそのいのちとの出会いを封じている石を「取りのけなさい」と言われ、出会いの場所に取り戻してくださるのです。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(96)稲川圭三

イエスによって肉眼の目が見えるようになったというのは「入り口」です。ゴールではありません。今日の物語は、生まれつき目が見えなかった者の目を開いてくださったお方が誰なのか、そのお方に出会っていく物語です。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(95)稲川圭三

サマリアの女は自分のことを誰にも知られたくなかったのです。ところが、「生きた水」であるイエスを飲んで、人間の最も奥底におられる神に向かう礼拝が始まったとき、人々の中に行って、全部をカミングアウトして、「見に来てください」と言っているのです。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(94)稲川圭三

イエスが告げる救いとは、外から私たちを救い上げるようなものではなくて、永遠であるお方が私たちと共におられることに出会い、私たちもそのお方と一緒に生きることを通して救われるというものでした。そのためには死と復活は、なくてはならないことでした。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(93)稲川圭三

イエスさまが私たちから罪を取り除くのに、外側から「罪を取ってあげる」なんておっしゃいません。私たちの中にあって、一緒に生きることを通して、「的外れ」ではなく、「的に向かって」生きるいのちを私たち一人ひとりの中に創ってくださるのです。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(92)稲川圭三

イエスさまは私たちに、負いきれない重荷を負わせる方ではなく、いのちをお与えになる方です。お互いの中に神がおられる真実を見いだして今日も歩むようにとイエスさまは教えておられます。それが「敵を愛しなさい」という教えの意味ではないでしょうか。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(91)稲川圭三

善人にも悪人にも、正しい者にも正しくない者にも、恩を知らない者にも悪人にも、共にいてくださるのが神の義です。この義を受け取って、そこで生きるように。その神の義に信頼を置くのでなければ、決して天の国に入ることができないとイエスさまは言います。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(90)稲川圭三

人間の中にあるのは「神さまが共にいてくださる」という真実です。その真実を生きる「地の塩」。「あなたがたは地の塩である」。そして、人の中に神さまが共にいてくださる真実があることを照らす光。これが「世の光」です。「あなたがたは世の光である」

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(89)稲川圭三

新約ギリシア語の「貧しい」は経済的なことを表すだけなので、神への敬虔という意味を表すために「心の貧しい人々」になりました。神さまが一緒にいてくださる真実を生きた「幸いな人」とはイエスさまです。そのイエスさまが私たちと一緒にいてくださいます。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(88)稲川圭三

イエスの登場とは、「光が現れた」という出来事でした。イエスさまは「世の光」です。まさに暗闇に住む私たちの中に光を差し入れてくださったのです。そして、「悔い改めよ。天の国は近づいた」というメッセージが「光の到来」であったということになります。

 新着
2020.04.02
カトリック鹿児島教区、全小教区において今年の聖週間の典礼は非公開に
2020.04.02
カトリック那覇教区、平常どおりミサを開催するものの、すべての信者の主日ミサにあずかる義務を免除
2020.04.02
日本福音ルーテル教会、感染拡大が見込まれる地域では礼拝中止を積極的に選択すべき
2020.04.02
日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団、礼拝休止中の信徒のコミットメントを求め、献金にも言及
2020.04.02
4月2日は高村光太郎の命日
2020.04.01
日本バプテスト教会連合、礼拝休止への言及はないが、理事会として各教会を支援をすると呼びかけ
2020.04.01
【毎月1日連載】牧会あれこれ(19)賀来周一
2020.04.01
NHK連続テレビ小説「エール」とキリスト教(1)
2020.04.01
4月1日はエイプリル・フール
2020.03.31
日本キリスト教会、各教会ごとに礼拝をどうするか判断を託す
2020.03.31
日本最大のプロテスタント教団である日本基督教団 「礼拝堂での礼拝中止も検討して」と所属教会に
2020.03.31
3月31日はよど号ハイジャック事件が起こった日
2020.03.30
【CHRISTIANITY TODAY】グラミー賞受賞シンガー、ビリー・アイリッシュが教えてくれる10代の不安
2020.03.30
3月30日はノラ・ジョーンズの誕生日
2020.03.29
【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(97)稲川圭三

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.