「稲川圭三(いながわ・けいぞう)」 一覧

1959年、東京都江東区生まれ。千葉県習志野市で9年間、公立小学校の教員をする。97年、カトリック司祭に叙階。西千葉教会助任、青梅・あきる野教会主任兼任、八王子教会主任、麻布教会主任司祭を経て、現在、東京カトリック神学院モデラトール(養成者)。著書に『神さまからの贈りもの』『神様のみこころ』『365日全部が神さまの日』『イエスさまといつもいっしょ』『神父さまおしえて』(サンパウロ)『神さまが共にいてくださる神秘』『神さまのまなざしを生きる』『ただひとつの中心は神さま』(雑賀編集工房)。

【最終回】神さまが共におられる神秘(110)稲川圭三

目に見えない軛を一緒に負ってくださるのはキリストです。でも具体的には、私たちの周りで一緒に歩いてくれる人を通してキリストが現れています。そのことに心を開いて、その人と共に神がおられると認めるようにとイエスさまは教えておられるのだと思います。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(109)稲川圭三

「父や母、息子や娘よりもイエスを愛する」とは、その人の中に神さまが一緒にいてくださることを認めること。それがキリストを愛することであり、本当の意味で家族を愛することだと言えるでしょう。そして、それが自分の十字架を取って従うことだと思います。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(108)稲川圭三

「何でこんなことをしなきゃならないの」と思うけど、イエスさまは隣で淡々と軛(くびき)を負ってくださいます。最初は嫌々負っていても、イエスさまが上手に負ってくださるので、足の運び方も慣れてきて、「このままなら100キロ歩けるかもしれない」。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(107)稲川圭三

神さまが共にいてくださる真実は、聞いただけでは分からない。頭で理解しただけでは出会えない。そこでイエスさまが食べられるいのちとなって私たちの中に来てくださるのです。そうすると、自分の中に神さまが共にいてくださる真実を深く知るようになります。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(107)稲川圭三

神さまは私たちを愛されました。それゆえ、私たち一人ひとりと共におられます。そのことを私たちに分からせるために独り子イエスを送り、私たち一人ひとりの中に復活させ、そしてその出会いを聖霊の働きによって私たちの中に豊かに作っていただきます。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(106)稲川圭三

神さまは共におられます。聖霊によってその真実に気づかせていただいたなら、その良い知らせを人にも告げるようにと私たちは命じられているのです。そのことに出会わせていただいたなら、人にも伝えて生きるいのちになっていくよう、お祈りしたいと思います。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(105)稲川圭三

神さまが共におられることを告げ、告げられた人が誰かにそれを告げるようになるまで祈ることがイエスさまの命令です。そのことがおできになるイエスさまに信頼して、一緒に生きることが弟子になるという意味だと思います。お祈りをしたいと思います。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(104)稲川圭三

「愛する」とは、その人の中に入って、その人と同じ向きで生きること。「愛される」とは、そのお方が自分の中に入って、自分の中で同じ向きで生きてくださること。神さまが私たちの中にいてくださるだけではなく、その中に私たちもいなければならないのです。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(103)稲川圭三

「父が私の内におり、その業を行っておられるのである」と言われるように、イエスさまは父である神さまと一致して私たちの中にいてくださいます。そのようにイエスさまと一緒に生き、父である神さまと一緒に働く者となることを「信じる」というのです。

【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(102)稲川圭三

「イエスという門を通らないで入ってくる者は盗人であり、強盗である」と言われています。私たちがイエスの眼差しで生きないなら、しょせん私たちは人を盗んだり、屠(ほふ)ったり、滅ぼしたりする者になってしまうという意味ではないでしょうか。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.