「雜賀信行(さいか・のぶゆき)カトリック八王子教会員」 一覧

「クリスチャン・プレス」編集長。カトリック八王子教会(東京都八王子市)会員。日本同盟基督教団・西大寺キリスト教会(岡山市)で受洗。1965年、兵庫県生まれ。関西学院大学社会学部卒業。90年代、いのちのことば社で「いのちのことば」「百万人の福音」の編集責任者を務め、新教出版社を経て、雜賀編集工房として独立。

4月19日は聖金曜日
今日4月19日は聖金曜日。キリストは午前9時に十字架につけられ、息を引き取ったのはその6時間後、午後3時のことです。 イエスを十字架につけたのは、午前九時であった。……昼の十二時になると、全地は暗くなり、それが三時まで続いた。三時にイエスは
東京大名誉教授の森謙治(もり・けんじ)さんが16日午前5時12分、心筋梗塞のため東京都文京区の病院で召天した。84歳。葬儀は20日午後0時30分から日本基督教団・西片町教会(文京区西片2-18-18)で執り行われる。喪主は妻の桂子さん。
4月18日は聖木曜日
今日4月18日は聖木曜日。「最後の晩餐」が行われ(マタイ26:26~30、マルコ14:22~26、ルカ22:14~23、1コリント11:23~26)、イエスさまが弟子の足を洗いました(ヨハネ13:1~20)。 カトリック教会では今日から土曜
カトリック聖職者の性的虐待、日本でも調査へ 高見大司教が被害者に謝罪
日本に788あるカトリック教会の課題を協議する日本カトリック司教協議会会長の高見三明(たかみ・みつあき)・長崎大司教(73)が7日、東京・渋谷で開かれた性虐待をテーマにした集会に参加し、国内の聖職者による性的虐待の調査に乗り出すと表明した。
4月17日はなすび記念日
今日4月17日はなすび記念日です。冬春なす主産県協議会が2004年に制定しました。「ヨ(4)イ(1)ナ(7)ス」の語呂合わせ。また、4月が冬春ナスの最盛期であること、ナスが好物だった徳川家康の命日が旧暦の4月17日であることによります。 聖
仏ノートルダム大聖堂で大規模火災 尖塔が崩壊
イースター(復活の主日)を来週日曜日に控える中、フランスのパリ中心部にあるカトリックのパリ大司教座聖堂であるノートルダム大聖堂で15日午後7時ごろ(日本時間16日午前2時ごろ)、大規模な火災が発生し、屋根中央の尖塔(せんとう)が焼け崩れた。
増えている教派、減っている教派
最新の文化庁編『宗教年鑑』(平成30〔2018〕年版)と1995年版を比較してみると、この23年の間にどのような変化があるのだろうか。目立って減少しているのは日本ホーリネス教団などのきよめ派で、日本キリスト教会など長老改革系は伸びている。
4月16日は高田渡の帰天日
今日4月16日は高田渡(たかだ・わたる)の帰天日です。56歳。「生活の柄」などの代表曲があるフォークシンガー。2005年4月3日、北海道で行ったライブ後に倒れて、釧路市内の病院に運ばれ、死の直前、病床洗礼を受けます。洗礼名はパウロ。葬儀はカ
4月14日はパーム・サンデー
今日4月14日から聖週間(受難週)が始まります。3月6日、灰の水曜日から始まったレント(四旬節、受難節)ですが、4月21日のイースター(復活の主日)を前に、レント最後の週をこれから過ごすことになります。 マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4福音
4月13日は喫茶店の日
今日4月13日は喫茶店の日です。鹿鳴館が開いて5年後の1888年のこの日、東京・上野に日本初の本格的なコーヒー喫茶店「可否茶館(かひいさかん)」が開店したことにちなみます。 ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』(八坂書房)には、旧約聖書

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.