「雜賀信行(さいか・のぶゆき)」 一覧

カトリック八王子教会(東京都八王子市)会員。日本同盟基督教団・西大寺キリスト教会で受洗。関西学院大学社会学部卒業。90年代、いのちのことば社で「いのちのことば」「百万人の福音」の編集責任者を務め、新教出版社を経て、雜賀編集工房として独立。キリスト教出版社を中心に書籍や雑誌の編集を数百冊手がけてきた。著書に『人生が変わる聖書のことば60』(いのちのことば社)、『牧師夫人新島八重』『キリシタン黒田官兵衛』『宮沢賢治とクリスチャン』などがある。

教皇フランシスコ「公式な招待状が届けば、北朝鮮に行くことはできる」
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日、バチカン(ローマ教皇庁)で教皇フランシスコと会談し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長からの訪朝要請を伝えたところ、教皇は、「公式な招待状が届けば行くことはできる」と応じた。
西南学院大学神学部教授の天野有氏、召天 62歳
西南学院大学神学部教授の天野有(あまの・ゆう)氏が17日午前7時55分、召天した。62歳。前夜式は19日午後7時から、告別式は20日午前10時半から、福岡バプテスト教会(福岡市中央区荒戸2-5-16、092・741・6256)で行われる。
ノーベル平和賞候補、エジプトのコプト教徒とは
2018年ノーベル平和賞の受賞者が5日に発表されるが、その候補としてエジプトのクリスチャンであるコプト教徒が挙がっている。その理由は、ISなどイスラム過激派から迫害やテロの標的になり続けても復讐をしなかったためという。
江戸禁教期の「キリスト誕生の馬小屋」模型、五島列島から発見
潜伏キリシタンの子孫が「キリスト誕生の馬小屋」の模型と思われる木箱を保管していた。大浦天主堂「キリシタン博物館」が5日、発表した。観音像を聖母マリアに見立てた例はあるが、複数の像を配置して一つの場面を表す馬小屋模型は類例がない。
新しい礼拝・典礼用の聖書『聖書協会共同訳』、12月上旬発行、予約開始
『聖書 聖書協会共同訳』が12月上旬に発行されると、日本聖書協会(東京都中央区)が公式に発表した。すでにアマゾンや教文館イーショップなど、ネットで予約受け付けが始まっており、初刷のみ発売記念価格で数百円安く販売される。
9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「キリストへの時間」
プロテスタントのキリスト教ラジオ番組「キリストへの時間」。同じタイトルだが、それぞれ違う番組を、関西地方のラジオ関西、四国地方の高知放送と南海放送、そして東海地方のCBCラジオで放送している。
9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「喜びへの扉」「光の泉」
キリスト教ラジオ番組「喜びへの扉」。北海道で聴けるHBCラジオで日曜日の午前6:35~50放送。「光の泉」は、FMドラマシティで土曜日の午前10:45~11:00、FMラジオカロス・サッポロで日曜日の午前8:45~9:00放送。
9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「あさのことば」
日本キリスト改革派教会のラジオ番組「あさのことば」。IBS茨城放送(水戸1197KHz)で午前6:12~6:17に放送されているほか、テレフォンメッセージ(03-3291-4604)や「ふくいんのなみ」ホームページでも24時間聴ける。
9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「福音の光」
キリスト教ラジオ番組「福音の光」(近畿福音放送伝道協力会)。近畿で聴けるABCラジオで土曜日・日曜日の午前4:30〜5:00放送。内容は、近放伝の協力教会(近畿2府8県、約500教会)の紹介や聖書のメッセージ、信仰体験談、賛美。
9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「FEBC」
キリスト教放送局・日本FEBC(Far East Broadcasting Company)のラジオ番組は、午後9:30~10:45の75分間、AMラジオ(1566kHz)かホームページで聴くことができる。
 新着
2018.10.20
将来の確信はどこから 救世軍神田小隊120周年
2018.10.19
教皇フランシスコ「公式な招待状が届けば、北朝鮮に行くことはできる」
2018.10.19
特別展「キリシタン──日本とキリスト教の469年」國學院大學博物館で開催中
2018.10.18
西南学院大学神学部教授の天野有氏、召天 62歳
2018.10.18
【CHRISTIANITY TODAY】牧師の妻──普通の女性が担うちょっと普通でない役割(対訳)
2018.10.16
西川重則さん「侵略と加害の歴史を繰り返さないために」 第3回戦争に関する証言集会
2018.10.15
【インタビュー】映画「教誨師」 監督・佐向大さん(後編)
2018.10.14
【インタビュー】映画「教誨師」 監督・佐向大さん(前編)
2018.10.14
神さまが共におられる神秘(21)
2018.10.13
【CHRISTIANITY TODAY】ノーベル平和賞はレイプ被害者の治療にあたるクリスチャン医師に──コンゴの婦人科医デニ・ムクウェゲ氏(対訳)
2018.10.12
3D聖書アニメ「スーパーブック」がテレビ放映中 ネットでも
2018.10.12
東京基督教大学シオン祭 今年のテーマは「あ!」
2018.10.11
ご飯を食べるとき、世界の食卓に思いをはせて 世界食料デー@きりたん大会
2018.10.10
小堀英郎ピアノ・チャリティー・コンサート 西日本豪雨被災者支援
2018.10.09
クリスマス見本市&キリスト教ブックフェア 片柳神父が本屋大賞を受賞

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

2018年10月20日 とりなしの祈り(エレミヤ書 14:1-9)

とりなしの祈り

干ばつに見舞われたとき、主の言葉がエレミヤに臨んだ。

ユダは渇き、町々の城門は衰える。人々は地に伏して嘆き
エルサレムは叫びをあげる。

貴族は水を求めて、召し使いを送る。彼らが貯水池に来ても、水がないので
空の水がめを持ち
うろたえ、失望し、頭を覆って帰る。

地には雨が降らず
大地はひび割れる。農夫はうろたえ、頭を覆う。

青草がないので
野の雌鹿は子を産んでも捨てる。

草が生えないので
野ろばは裸の山の上に立ち
山犬のようにあえぎ、目はかすむ。

我々の罪が我々自身を告発しています。主よ、御名にふさわしく行ってください。我々の背信は大きく
あなたに対して罪を犯しました。

イスラエルの希望、苦難のときの救い主よ。なぜあなたは、この地に身を寄せている人
宿を求める旅人のようになっておられるのか。

なぜあなたは、とまどい
人を救いえない勇士のようになっておられるのか。主よ、あなたは我々の中におられます。我々は御名によって呼ばれています。我々を見捨てないでください。

(エレミヤ書 14:1-9)

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.