「雜賀信行(さいか・のぶゆき)カトリック八王子教会員」 一覧

TCU新コンセプト・ロゴ決定 卒業生ホンダマモル氏がデザイン

東京基督教大学(TCU、千葉県印西市・山口陽一学長)は2日、大学改革のコンセプト「Stand in the Gap 破れ口にキリストの平和を」のロゴ・デザインを決定したと発表した。デザインはTCU卒業生のホンダマモル氏が手がけた。

山本与志春氏が青山学院第15代院長に就任

学校法人青山学院(東京都渋谷区)では7月1日、山本与志春(やまもと・よしはる)氏(60)が第15代院長に就任した。任期は2022年6月30日までの4年。前任は梅津順一(うめつ・じゅんいち)氏。就任式は3日、ガウチャー記念礼拝堂で行われる。

飯謙氏、「聖書協会共同訳」について語る(9)最終回

新しい聖書も、人の心を耕し、信仰に新たな息吹を吹き入れてくれると信じています。これは文字と辞書だけによって翻訳したものではありません。同時代を生きる人の顔を思い浮かべ、祈りながら導かれたわざです。──飯謙氏が聖書協会共同訳について語る。

上智大が関学大、ICUと連携協定を締結

上智大学と関西学院大学は、「キリスト教の精神をもとに、国際性の高い教育研究を展開し、隣人・社会・世界に貢献する」ため、連携包括協定を結んだ。上智大はまた、長老派によって創設された国際基督教大学と「連携及び協力に関する包括協定」を締結した。

飯謙氏、「聖書協会共同訳」について語る(8)

新翻訳で「私はいる、という者である」と訳されている箇所は、「私はあなたと共にいる」を含意します。私たちが向かい合う人と互いに愛し合う中で、すなわち「(神が)共にいる」現実において出会うことの許される神です。──飯謙氏が新翻訳について語る。

飯謙氏、「聖書協会共同訳」について語る(7)

これまでアトランダムな蒐集体と考えられていた詩編の書が、かなり意図的な配列を施した連作的な編集体であるとの認識が生まれました。近年では、この観点から意味を発見する試みが続けられています。──飯謙氏が「聖書協会共同訳」について語ります。

WCC創立70周年に教皇フランシスコがジュネーブ訪問「自らの利害を優先して教会が分裂した」

世界教会協議会(WCC)の創立70周年を祝うため、ローマ教皇フランシスコ(81)は21日、スイスのジュネーブに日帰りで訪問した。ローマ教皇がWCCを公式訪問するのは、カトリックとプロテスタントなどを橋渡しする重要な意義を持つ。

飯謙氏、「聖書協会共同訳」について語る(6)

新翻訳では、テクスト上の枠にこだわり、「東の人々の中で最も大いなる人であった。……彼の苦痛が甚だしく大きいのを見た」と同じ言葉をあてています。人が偉大であるといっても、ここまでのことと、人の神格化を避けるのです。──飯謙氏が新翻訳を語る。

飯謙氏、「聖書協会共同訳」について語る(5)

新共同訳では「お前」という言い方が頻出し、批判を受けていました。新翻訳では、少なくとも、神がその言葉を使うことはないよう申し合わせました。常に相手に敬意をもって向かい合う方と性格づけるということです。──新翻訳について飯謙氏が語る。

カトリック東京教区の幸田和生司教が補佐司教から退任、東北震災支援に専念

カトリック東京教区の幸田和生氏による補佐司教からの退任願いを、23日、教皇フランシスコが受理し、その職から解かれた。幸田氏は14年間にわたって補佐司教の任を果たしてきた。幸田氏は現在、東北震災復興支援専属として仙台教区に派遣されている。

 新着
2020.05.29
【CHRISTIANITY TODAY】いつ、どうやって教会を再開すべきか──公衆衛生と伝道の専門家によるパネル・ディスカッション(後編)
2020.05.29
5月29日は桜美林大学の創立記念日
2020.05.28
カリタス小学校の女子児童らが刺された事件から1年
2020.05.28
【CHRISTIANITY TODAY】いつ、どうやって教会を再開すべきか──公衆衛生と伝道の専門家によるパネル・ディスカッション(前編)
2020.05.28
5月28日は立花隆の誕生日
2020.05.27
純白のワンピースの制服へ 松蔭中学校・高等学校の制服に込められた祈り
2020.05.27
「公開ミサ再開は早くても6月半ば頃まで」 カトリック東京大司教区の菊地功大司教
2020.05.27
米カリフォルニア州、感染者が出ているキリスト教会の再開を許可
2020.05.27
5月27日は中曽根康弘氏の誕生日
2020.05.26
カトリック札幌教区、「緊急事態宣言」解除を受けて都市部は除き分散ミサを検討
2020.05.26
カトリック東京大司教区、「緊急事態宣言」解除後もしばらく公開ミサの再開はせず現状維持
2020.05.26
カトリック高松教区 自粛継続から一転、公開ミサなど教会活動を再開
2020.05.26
カトリック福岡教区、「緊急事態宣言」解除を受けて6月1日から公開ミサを再開
2020.05.26
5月26日はル・マンの日
2020.05.25
【新連載】くめさゆりの DAY BY DAY(1)お義父さんの声の記憶

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.