「坂本直子(さかもと・なおこ)」 一覧

善隣キリスト教会(東京都足立区)会員。これまで主にミッションスクールや福祉関係を中心に取材を行いつつ、聖書の観点から美術展や音楽会などの紹介も。

大西晴樹さん、キリスト教学校の過去・現在・未来を語る 連続講演会「近代日本とキリスト教」
「明治150年」の意味を問い直す連続講演会「近代日本とキリスト教」が7月30日から8月4日にかけて教文館ウェンライトホールで開催された。3日は、明治学院大学教授の大西晴樹(おおにし・はるき)さんが「近代日本と教育」と題して講演を行った。
終戦記念日に町に鳴り響く平和の鐘 常盤台バプテスト教会
日本バプテスト連盟・常盤台バプテスト教会(東京都板橋区)は毎年、6日と9日の広島と長崎の原爆記念日、そして15日の終戦記念日に合わせて教会の鐘を鳴らし、平和の祈りを町の人々に届けている。また、平和祈念会を15日午前11時半から礼拝堂で行う。
「戦争の事実に触れ、絵が心に浮かび、気がついたら絵本に」 みなみななみ「絵本で読む平和展」
みなみななみ「絵本で読む平和展──第五福竜丸、東京大空襲、広島、それぞれの物語」(主催:同展実行委員会)が日本基督教団・銀座教会・東京福音会センターギャラリー・ピスティス(東京都中央区)で開催されている。12日(日)まで。入場無料。
若松英輔さん「真の文学は砕けた心から生まれる」 連続講演会「近代日本とキリスト教」
連続講演会「近代日本とキリスト教」が7月30日から8月4日にかけて教文館ウェンライトホールで開催された。2日には、若松英輔(わかまつ・えいすけ)氏が登壇し、「日本キリスト教文学の誕生──内村鑑三とその文学者たち」と題して講演を行った。
「カトリックは私のような者のための宗教」 大回顧展「没後50年 藤田嗣治展」
日仏を舞台に活躍した画家、藤田嗣治(1886~1968)の画業の全貌を展望できる大回顧展「没後50年 藤田嗣治展」が7月31日から、東京・上野の東京都美術館で開催中だ。晩年、カトリックの洗礼を受け、信仰の証しとして描いた作品も並んでいる。
夫が賜物を用いる勇気を与えてくれた【インタビュー】大嶋裕香さん(3)
大嶋裕香さんの著書『神に愛された女性たち』が刊行された。大嶋さんはキリスト者学生会(KGK)総主事・大嶋重徳さんの妻で一男一女の母、またセミナーや講演を行っている。3回目の今日は、人前で話すのが苦手な大嶋さんが変えられた経験について聞いた。
「自分を見ていたら、悩むしかない。目をイエス様に」【インタビュー】大嶋裕香さん(2)
『神に愛された女性たち』(教文館)を刊行した大嶋裕香さんは、キリスト者学生会(KGK)の総主事・大嶋重徳(しげのり)さんの妻で、一男一女の母であり、セミナー、講演、執筆活動を行っている。2回目の今日は、これまでの信仰の歩みについて聞いた。
女性視点だからこそ、聖書の女性の内面が新鮮に【インタビュー】大嶋裕香さん(1)
大嶋裕香(おおしま・ゆか)さんの著書『神に愛された女性たち──西洋名画と読む聖書』(教文館)が刊行された。大嶋さんはキリスト者学生会(KGK)の総主事・大嶋重徳(しげのり)さんの妻で一男一女の母であり、セミナー、講演、執筆活動を行っている。
憂いの心の代わりに賛美の外套を ジーザス・レインズ・ジャパンのビジョン・キャスティング
「JESUS REIGNS JAPAN(ジーザス・レインズ・ジャパン)」が今年も8月15日に開催される。本番前の最後のビジョン・キャスティングが23日、本番の会場でもあるティアラこうとう(東京都江東区)で開かれた。
苦しむ人の暗闇を共に歩むには 聖学院大でスピリチュアル・ケア研究講演会
「2018年度スピリチュアル・ケア研究講演会」(主催:聖学院大学総合研究所)が20日、同大で開催され、学内外から約100人が集まった。「病院チャプレンの癒しの働き」と題して、聖路加国際病院の緩和病棟チャプレンである柴田実氏が講演を行った。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.