【米クリスチャニティ・トゥデイ】牧師の誘惑──罪は目に見えるが、その根は見えない(対訳)

「イエスが直面した第二の誘惑はまさに、人々の注目を浴び、大きな称賛を勝ち得る何かをして見せることでした」とナウエンは言う(56頁)。この誘惑にあるのは、「重要人物でありたい」、「人より優秀でありたい」という欲だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
What’s wrong with seeking applause?
Satan’s second temptation for Jesus was an invitation to demonstrate his power for greatest effect. “The second temptation to which Jesus was exposed,” writes Nouwen, “was precisely the temptation to do something spectacular, something that could win him great applause.” The root temptation here is the desire to be the hero, the answer person, to be good at everything, or at least better than others.

牧師の多くは、すべての人を幸せにし、新しいプログラムやシリーズ説教、カウンセリング、資金集めなどの牧会活動のすべてを成功させようとして燃え尽きてしまう。成功を望むことは悪いことではない。危険なのは、成功それ自体が目的になってしまうことだ。「認められたい」、あるいは「人よりよく見られたい」といった欲求の裏には、失敗や拒絶されることへの恐れが存在する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Many in ministry burn themselves up trying to make everyone happy and trying to make every attempt at ministry successful, whether it is a new program, sermon series, counseling, or fund-raiser. Again, at first glance, wanting to be successful does not seem wrong. What is wrong and dangerous is the pursuit of success for its own sake. The pursuit of affirmation. Or simply the desire to look better than others. Often the driving force behind this is the fear of failure or rejection from someone.

カーク・バイロン・ジョーンズ著『嵐の中に休む』(邦訳なし)によれば、燃え尽きの背後には、「自分は無敵である」という幻想(または妄想)、「なくてはならない存在である」という幻想、そして人間性の否定という3つの力が存在する。「華々しいことをしたい」、平たく言えば「ヒーローになりたい」という誘惑にかられると、限界があることを認められず、失敗できないと思い込む。「私たちのミニストリーは神のミニストリーであり、その成長は神が責任を負ってくださる」と私たちの大部分が信じているのに、期待どおりの効果を上げられないと自分を非難するのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In the book, Rest in the Storm: Self-Care Strategies for Clergy and Other Caregivers, Kirk Byron Jones writes on the three driving forces behind burnout and these are the illusions (or delusions) of invincibility, indispensability, and the denial of our humanity. If we fall into the temptation of being “spectacular” or in more down-to-earth language the temptation to be the hero, then we often cannot be human, have limitations, and especially we cannot fail. While most of us believe theologically that “our” ministry is really God’s ministry, and he is responsible for the growth, our minds are filled with self- condemning language when a ministry effort falls short of our expectations.

「私たち自身は、癒す者でも、和解をもたらす者でも、いのちを与える者でもありません。私たちは自分が世話をする人々と同じく、世話されることを必要とする罪深い、破綻した、傷つきやすい人間です」とナウエンは言う(64頁)。「自分が仕えている人々に自分の罪や失敗を隠しているために、小さな安らぎと慰めを求めに、遠くの見知らぬ人のところに逃げ込まねばならないのだとしたら、どうすれば自分が人々から真に愛され、心に留められていると感じることができるでしょうか」(67~68頁)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We are not the healers, we are not the reconcilers, we are not the givers of life. We are sinful, broken, vulnerable people who need as much care as anyone we care for,” writes Nouwen. “How can priests or ministers feel really loved and cared for when they have to hide their own sins and failings from the people to whom they minister and run off to a distant stranger to receive a little comfort and consolation?”

私たちのマーブル・リトリートを訪れるクリスチャンの指導者に、「愛されていると最後に感じたのはいつですか」と質問することがある。続けて、「欠点があるゆえに愛されていると最後に感じたのはいつですか」とはっきり聞く。愛を感じられない理由の一つは、欠点を他者と共有できないことだ。「悲しむ人々は、幸いである、その人たちは慰められる」(マタイ5:4)とイエスは説いた。それには、「自分の欠点を認めたくない」という思いを克服することが必要だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
One of the questions we sometimes ask Christian leaders who come to Marble Retreat is, “When was the last time that you felt loved?” and then we further penetrate with the clarifying question, “When was the last time that you felt loved in your brokenness?” One of the hurdles to experiencing love in brokenness is not sharing your brokenness with others. “Blessed are those who mourn for they will be comforted,” said Jesus. This requires that we overcome the hurdle of not wanting to accept our own brokenness.

「私は、過去ではなく今現在、主の恵みを必要とする罪人だ」と自覚することが、癒やしの際には大切だ。教職者はこのことを説きながら、内心では「私はやや不十分だが、完璧でありたい」と信じている。この二つには大きな違いがある。罪を犯した牧師は、「なぜこんなことをしてしまったのか」と考え続けるが、罪を犯してしまう本当の理由は、教職者も赦(ゆる)しを必要とする罪人だからだ。しかし多くの教職者は、罪にとらわれると愕然(がくぜん)とする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
One of the therapeutic steps to healing is accepting that “I am a sinner in need of grace” (not, I was a sinner in need of grace). Often ministry leaders teach this, but inwardly they believe, “I am a bit inadequate, in need of perfection.” There is a big difference between the two. When a pastor comes because they have sinned and continue to ask, “Why? How could I have done this?” Underneath the real reasons that motivated that particular sin is the fact that Christian leaders are sinners in need of grace. Yet, many Christian leaders seem a little stunned when they sin, or when they get caught sinning.

ピーターは自分の人生を吹き飛ばしてしまった。「なぜ、どうして」と涙ながらに問い続けた。私たちは、罪を生む土台となった彼の生活を見つめ直すことから始めた。予想どおり、彼は生産性と称賛、人に必要とされることを追い求め、孤独と失敗を恐れ、他者とのつながりを持てず、常に正しくあろうとすることに疲れきっていた。よくあるように、最初の情事は同情と慰めから始まった。自分を偽らなくてもよい誰かがそばにいることの心地よさから、やがて説教奉仕をする複数の町に愛人を持つようになった。公の場に出るたびに、その後、「愛人に会いたい」という気持ちを抑えられなくなった。公の奉仕をすると、人から切り離されたように感じ、「不道徳であっても人とつながりたい」という気持ちが大きくなっていった。(次ページに続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Peter was in shock. He had just blown up his life. Through tears he just kept asking why and how. While the temptation was to focus specifically on the climactic sin, we first spent time unpacking the life he had created that set the stage for the sin. Predictably it was a life of production, of seeking admiration (even adulation), of being wanted and sought after. It was also a life of loneliness, of fear of failure, of not being known, of emotional and relational disconnection, of constant exhausting maneuvering to always look and sound good. The first affair started as many affairs do, with an empathetic ear and a gentle touch on the arm. The connection and a place to be real with someone was addictive. He eventually had mistresses in several cities where he often went to speak. He began to find that after each public appearance he had an overwhelming urge to see one of his girlfriends. An increasing disconnect was happening in his soul, especially when doing public ministry roles, which was feeding his longing for connection, even when those connections were illicit and shame inducing.
Share
1

2

3

Related Posts

  1. 世界福音同盟次期総主事にドイツ人神学者トーマス・シルマッハー氏 2020年11月3日

  2. 米国で「教会に属する人」の割合 初めて50%を下回る=ギャラップ社調査

  3. 香港のプロテスタント信徒らが黒服で礼拝に 中国で抑圧されているキリスト者を覚えて

  4. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】性的虐待で揺れる南部バプテスト連盟、改革推進派と慎重派で分かれる(対訳)

  5. 仏ノートルダム大聖堂で大規模火災 尖塔が崩壊

  6. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在⑤ 教会に集まるために世界は存在する(後編)

  7. WCCアブオム議長ら 〝深刻な危機〟に教会の役割振り返る 2020年11月11日

  8. パンデミックに沈む街に差し込むイエスの光(2)

  9. 【米CT】新型コロナウィルスは信仰にどのような影響を与えたのか 14カ国での調査結果

  10. 教皇 同性婚に一定の理解 歴代初の見解、欧州中心に反響 2020年10月22日

  11. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】教派に属さない教会が伸び、教団ブランドが弱体化(対訳)

  12. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】日曜日に教会に行く人の禁煙や投票行動(前編)

  13. バチカン銀行元総裁、公金横領と資金洗浄で禁錮8年11月 2021年1月23日

  14. 【CHRISTIANITY TODAY】新たな「死海文書」の発見によって明らかになった聖書翻訳の二つの特徴(前編)

  15. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】牧師の信じている8つの嘘(2)

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。