フィリピンのカトリック教会でミサ中に爆発 イスラム過激派によるテロか

フィリピン南部スルー州ホロ(Jolo)島にあるカトリック教会「カルメル山の聖母マリア大聖堂」で27日午前、ミサの最中、聖堂内部で爆発があった。兵士や警官らが駆けつけたところ、屋外の駐車場でオートバイも爆発した。ミサ出席者15人と兵士5人の合わせて20人が死亡、100人以上が負傷した。

同国の大統領報道官は、事件を「テロおよび殺人行為」と呼んで非難している。ロレンザーナ国防相は、「法に基づく最大の力で犯人を処罰する」との声明を出した。

紛争やテロが続くフィリピン南部では、政府と武装勢力の和平合意を受け、地域の安定を目指すイスラム自治政府が2022年に発足する予定。スルー州などフィリピン南部の5つの州では先週21日、そのイスラム自治政府への参加の可否を問う住民投票が行われたばかりだった。ホロ島のあるスルー州は反対票が上回ったものの、ほかの4州が賛成多数だった。

爆発が起きた教会内部(写真:フィリピン軍)

米テロ組織監視団体SITEインテリジェンス・グループ(SITE Intelligence Group)によると、27日に教会内と駐車場で自爆ベルトを起爆させたと主張する公式声明をイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が出したが、信ぴょう性は不明。イスラム系武装勢力は、自治政府に認められる権利が不十分としてテロを予告していた。軍や警察は今回の爆発を、投票結果に不満を持つ勢力によるテロの可能性があると見て捜査している。。ホロ島は、国際テロ組織アルカイダ系のイスラム過激派「アブサヤフ」が拠点としており、これまでにも同島で数々の爆発攻撃を行っており、同州や近隣のバシラン州でもテロ活動を続けている。

Share

Related Posts

  1. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】礼拝をやめるべきか、やるべきか──全米福音同盟会長と「クリスチャニティー・トゥデイ」最高責任者の声明(後編)

  2. 千葉県南房総ボランティア報告 岩村義雄(神戸国際支縁機構)

  3. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】あらゆる手話によって福音を(対訳)

  4. 【米CT】国会議事堂でトランプ支持者たちが暴徒と化す中、平和と安全を祈るキリスト教の指導者たち

  5. 2020年米大統領選、民主党候補者のキリスト教信仰

  6. 教皇フランシスコ「公式な招待状が届けば、北朝鮮に行くことはできる」

  7. 元フジテレビ・アナウンサーの中村江里子、長女が堅信式 新型コロナ下のパリのカトリック教会で

  8. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】今こそ教会が一致して、心砕かれた祈りを──死者2万人を超えたイタリアで(対訳)

  9. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】牧師の信じている8つの嘘(1)

  10. 〝教会はなぜ存在するか〟 「逃亡犯条例」改正反対運動と「福音宣言」の背景 香港紙「時代論壇」インタビューより 2020年8月25日

  11. 学術会議への人事介入めぐり 明治学院大学キリスト教研究所・国際平和研究所有志が声明 2020年10月4日

  12. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在⑧ 聖餐と洗礼に何が起きたのか(前編)

  13. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「FEBC」

  14. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】日曜日に教会に行く人の禁煙や投票行動(後編)

  15. 教皇フランシスコ、プレゼピオについての書簡を発祥の地で発表

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。