• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT
  • 【米クリスチャニティ・トゥデイ】2018年 今日の英語圏で最も影響力のある説教者12人(対訳)

【米クリスチャニティ・トゥデイ】2018年 今日の英語圏で最も影響力のある説教者12人(対訳)

調査への協力者は、ノミネートされた1000人の説教者を、7つの基準(聖書解釈の質、内容の適切さ、説教者の人間性、神学、説教の形式、効果的なコミュニケーション、話し方)で評価するよう求められた。結果、「今日の英語圏で最も影響力のある説教者」に選ばれたのが上記の12人だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Survey respondents were asked to assess preachers based on seven criteria: biblical/exegetical quality, relevance, personal character, theology, sermon form, effective communication, and delivery. The 12 on the list were the top-rated among 1,000 nominees.

トリニティ-神学校助教(説教学)のジャレッド・E・アルカンタラは語る。「これまでもそうでしたが、今後の需要を満たすためには、今よりもなおいっそう、聖書的、解釈的、神学的に練度の高い説教を語ることが求められています。多様なコミュニティ-に対して、時代に合った方法で、時代を超えた真実を伝えていくことが、現代では必要不可欠なことなのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“To meet the demands before us, we will need the same biblical, exegetical, and theological proficiency that we have always needed in the past, but we will also need more improvisational, cultural, and intercultural proficiency than we have right now,” said Jared E. Alcantara, assistant professor of homiletics at Trinity Evangelical Divinity School. “This historical moment forces us to learn how to preach timeless truths in timely ways before diverse communities.”

ランキングに入った牧師の4分の1(エバンス、モス、ウェスト)はアフリカ系アメリカ人だ。CNNのジョン・ブレイクは、この3人の説教スタイルを「黒人教会のスタイル」と説明する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A quarter of the pastors on the list?Evans, Moss, and West?are African American. CNN’s John Blake described their style in relationship to the black church tradition:

「モスの説教は、本人が『ブルーノート・ゴスペル』と呼ぶ、黒人教会の激しい預言的な説教です。モスは、グロリア・ゲイナー(ディスコ音楽で知られる歌手)、フラナリー・オコナー(米国南部を舞台にした短編小説で知られる作家)、イザヤ書のすべてを一つの説教の中で引用します。ウェストのパワフルな話し方は、『ゆっくり開拓→ぐんと成長→精力的に活動→撤退』という黒人教会の発展モデルを体現するものです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Moss’ approach to preaching is steeped in what he calls the “blue note gospel,” a message shaped by the fiery prophetic tradition of the black church. He’ll quote Gaynor’s disco anthem, a passage by author Flannery O’Connor and the Book of Isaiah all in one sermon. West’s powerful delivery embodies the “start slow, rise higher, strike fire and retire” approach of the black church as well.

トップ12人の説教スタイルが幅広いことから、訴求効果のある説教をする方法は一つでないことが分かる。神は多様な人を通して、多様な方法で語られるのだ。グロアー所長は語る。「多様な説教の見本に触れてインスピレーションを得ることが、神学生にとっては非常に重要です。それぞれが自分の説教スタイルを見つけることが大切なのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Gloer emphasized the importance of exposing seminary students to a range of preaching styles for inspiration and example. The broad list demonstrates that there’s no single way to preach effectively, and that God speaks through many voices and approaches. “Each student must find their own voice,” he said.

しかしながら、今日のトップ説教者はきわめて大きな影響力と名声を持っているため、特定の教職者が配信する説教が、牧師や教会員の高い人気を集めがちだ。ストリーミング動画や説教のポッドキャストのおかげで、今は誰もが人気説教者の説教を簡単に聴くことができる時代なのだ(スタンリー、スウィンドル、パイパー、ケラー、ベッグの説教が、iTunesのキリスト教ポッドキャスト上位15位に入っているのは偶然ではない)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But today’s top preachers also convey a degree of clout and celebrity, and aspiring pastors and churchgoers alike can be drawn to a particular teacher’s offerings?which are more widely accessible than ever thanks to streaming video and sermon podcasts. (It’s no coincidence that Stanley, Swindoll, Piper, Keller, and Begg all appear among the top 15 most popular Christian podcasts on iTunes.)

インターネット、特にソーシャルメディアのせいで、説教者には以前よりもっと「時事ネタや政治問題などを説教にうまく取り込まなければならない」というプレッシャーがかかっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As CT has noted, the Internet, particularly social media, has also upped the pressure for preachers to address current events and navigate political issues in their sermons.

しかし結局のところ、大きな影響力を持つ説教者は、より崇高な使命に召されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But ultimately, the most effective preachers have an even higher calling.

グロアー所長が発表したプレスリリースによればこうだ。「薄っぺらな会話がエンドレスに飛び交うこの時代、言葉の持つ重要性とその力を取り戻さなければなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“In a world where talk is cheap and there seems to be no end to it, the preacher has to recover the priority and power of the word,” Gloer said in a press release.

ヘブライ人の理解では、言葉というものは、ものを言うためのものであり、同時に(言う対象に)何らかの影響を与えるものです。言葉には、祝福する力もあれば、呪う力もあります。言葉をもって人を傷つけることも、癒やすことも両方可能です。言葉は、対象を建て上げることも、破壊することもできるのです。ある人の知っている言葉を見れば、その人の世界の見方が分かるものです。言葉は、説教者の道具です。言葉こそ、説教者に大きな力を与えるものなのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The Hebrew understanding of words is that they both say something and do something. They have the power to bless and to curse, to wound and to heal, to build and to destroy. In fact, the worldview you function with is predicated on the words you know. Words are the tools of the preacher and that gives them incredible power.”

ケイト・シェルナット 2018年5月2日

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。

出典URL:
https://www.christianitytoday.com/news/2018/may/tim-keller-john-piper-andy-stanley-most-effective-preachers.html

Share

Related Posts