箱舟の細部に至るまで精密に描写 マンガ絵本聖書ものがたり『ノアの箱舟』 パネル展も開催中

 

マンガ絵本聖書ものがたり『ノアの箱舟』(日本キリスト教団出版局)のパネル展が19日から4月1日まで、教文館ギャラリーステラ(東京都中央区)で開催されている。入場無料。

マンガ絵本聖書物語『ノアの箱舟』

『ノアの箱舟』は、マンガと絵物語のハイブリッドのようなスタイルの絵本。聖書の言葉を忠実にたどり、箱舟の細部に至るまで精密に描写されている。それだけでなく、画面の中に仕込まれたさまざまな仕掛けで、子どもだけでなく大人も楽しめる。また、聖書をまったく知らない人でも、ノアの物語を身近に感じることができる作品だ。

「ノアは神さまに命じられて、大きな箱舟をつくり、家族とたくさんの動物をのせます。やがて雨が降りはじめ、大洪水となって……。」

ノアが箱舟を造ることになった背景から始まり、箱舟に乗り込んでからは、時間の経過を分かりやすく伝え、その中で起きた出来事を聖書に沿って追っていく。ちょっととぼけた表情の登場人物と可愛い動物たちが画面いっぱいに描かれており、どのページもじっくり見入ってしまう。同時に、神様が求める人間との関係がどのようなものかなど、読み終わった時に「ああ、そうか」と心にストンと受け止められる。

ノアの物語をポップに描いたのは、月刊誌「信徒の友」(日本キリスト教団出版局)の教会スケッチなどでおなじみのイラストレーター、金斗鉉(きむ・とうげん)さんと、金さんが主宰するアトリエKIMのスタッフ、具本曙(ぐ・ぼんそ)さんと金徳造(きむ・とくぞう)さん。

金斗鉉さんは日本基督教団・浦安教会教会員。1953年、韓国ソウルに生まれ、71年に来日。広告代理店のグラフィック・デザイナーを経て、現在はフリーランスのイラストレーターとして活躍している。『聖書人物おもしろ図鑑』(日本キリスト教団出版局)のイラストや絵本『かぐやひめ』(小学館)の絵などを担当。ライフワークとして、「絵が描けない人のためのワークショップ」や「幼稚園の先生、お母さんのための絵の教室」を開催している。

具本曙さんは、韓国聖南高校の漫画創作部と京都精華大学マンガ学部マンガ学科ストーリーマンガ・コースを卒業した後、昨年、下関で水彩展を金斗鉉さんと共同開催。現在、金斗鉉さんの仕事を手伝いながら作品づくりをしている。金徳造さんは、「こころの友」(日本キリスト教団出版局)で3年間、4コマ漫画「ひかりの子」を連載。ほかに、ゲームやコミック・イラストを中心に活動し、現在はキリスト新聞社のライト・ノベル企画に参加している。

昨年、クリスマス商戦の中で行われた展示会でも、多くの人がサンプル画に見入るなど、同書は注目を集めていた。特に人気だったのは舟の中を細かく描いた絵で、身じろぎもせず長時間眺める人もいたほど。シリーズ化もすでに決まっており、現在開催中のパネル展では、続刊『クリスマス』(仮題)のラフ画や制作過程も同時公開されている。

金斗鉉、具本曙、金徳造作
『マンガ絵本 聖書ものがたり ノアの箱舟』
A4版、26頁
2018年10月6日初版発行
日本キリスト教団出版局
1200円(税別)

Share

Related Posts

  1. 「ありのまま生きる」とは? 牧師から「患者」となった著者が閉鎖病棟で見た光景 沼田和也『牧師、閉鎖病棟に入る。』

  2. フェリス女学院大学学院長の鈴木佳秀氏、『VTJ旧約聖書注解 出エジプト記19~40章』刊行

  3. ロッカー牧師が世界の人々との出会いを語る 『すべての壁をぶっ壊せ! Rock’n牧師の丸ごと世界一周』

  4. ヨハネの黙示録がついにコミックに!みんなの聖書マンガシリーズ第6巻発売

  5. クリスチャン精神科医との対話 『精神障害とキリスト者──そこに働く神の愛』

  6. 【新刊レビュー】『日本キリスト教歴史人名事典』 ほかの大事典と比べてみた

  7. 【書評】 『どう読むか、新約聖書―福音の中心を求めて』 青野太潮

  8. 実体験を綴った『牧師、閉鎖病棟に入る』 出版記念インタビュー開催

  9. 「戦争の事実に触れ、絵が心に浮かび、気がついたら絵本に」 みなみななみ「絵本で読む平和展」

  10. 日本出版 クラブ・ライブラリー特別展 造本装丁コンクールで受賞した『聖書協会共同訳』も展示

  11. 神はどんなときも共にいる 娘を天に送った母の心の軌跡 中村佐知著『まだ暗いうちに』

  12. コロナパンデミックの中、牧師たちが復活の意義を問う『イースターへの旅路 新版・教会暦による説教集』

  13. 介護はイエスさまの心です。 マンガ『こちら陽だまり荘 介護士 美奈子の日誌』

  14. 聖書は人生のスパイスだ!芸術新潮×MAROさんによるトークイベント開催

  15. 三浦綾子展「二つの原点──『氷点』と『銃口』」相田みつを美術館

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。