• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT , 海外
  • 【米クリスチャニティ・トゥデイ】世界中に響く「祝福」:100の聖歌隊が広げる賛美の輪 – パンデミックの中、馴染みのある祝祷をモチーフにした賛美が人気沸騰

【米クリスチャニティ・トゥデイ】世界中に響く「祝福」:100の聖歌隊が広げる賛美の輪 – パンデミックの中、馴染みのある祝祷をモチーフにした賛美が人気沸騰

新型コロナウイルスのパンデミックにより米国の国境が閉鎖される2週間前、カリ・ジョーブと夫コディー・カーンは、エレベーション・ワーシップのスティーブン・フュートリック、クリス・ブラウンらと、賛美歌を創るセッションを持った。モチーフとなったのは、祝福を祈る有名な箇所、民数記6章24–26節だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Just a couple of weeks before the coronavirus pandemic shut down the US, Kari Jobe held a songwriting session with her husband, Cody Carnes, and Elevation Worship’s Steven Furtick and Chris Brown. Together, they set to music one of the Bible’s best-known benedictions, Numbers 6:24–26:

 

主があなたを祝福し、あなたを守られるように。

主が御顔を向けてあなたを照らし

あなたに恵みを与えられるように。

主が御顔をあなたに向けて

あなたに平安を賜るように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Lord bless you

and keep you;

the Lord make his face shine on you

and be gracious to you;

the Lord turn his face toward you

and give you peace.

 

3月1日にノースカロライナ州シャーロット近郊のエレベーション教会でこの賛美歌を紹介したとき、ジョーブはこの歌詞は「神である父が私たち子どものことを想う気持ち」を表しており「あなたとその家族や子孫に対する祝福の言葉です」と会衆に語った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When they introduced “The Blessing” at an Elevation Church campus near Charlotte, North Carolina, on March 1, Jobe told worshipers that the lyrics represent “the heart of the Father over us as his kids” and invited them to receive the song as “a blessing over you and your family and your children.”

Kari Jobe | Hillsong Churchカリ・ジョーブ (出典:Hillsong.com)

 

その後数カ月の間にパンデミックが広まり、多くのクリスチャンがこの歌を聞き、歌いだすことになることなど、思いもよらなかったことだろう。わずか5か月の間にこの賛美歌「ザ・ブレッシング(祝福)」は、100を超える世界各地のオンライン聖歌隊によってカバーされ、大きな反響を呼んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
They had no idea how many Christians would want to hear and sing out those words as the pandemic spread in the months to come. In just five months, “The Blessing” has become a chart-topping hit and viral sensation covered by more than 100 virtual choirs around the globe.

「聖句から取られたこの曲のメッセージは、時代を超えて届くものです。この曲が私たちの心や魂に響いたように、人々の心と魂にも響けばいいな、と思いリリースを出来る限り急ぎました」「不確実性、未知性に満たされたこの世界で、この曲が私たちをささえるものになると神様は知っておられたのだと思います」とジョーブはクリスチャン音楽メディア「クリスチャン・ビート」に語った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Because this song is based on Scripture, the message is timeless, and we wanted to release it as quick as we could knowing the effect it could have on people ’s hearts and spirits immediately, as it did ours,” Jobe told The Christian Beat. “God knew it would be something we could hold onto during a season of our lives that ’s full of uncertainties and unknowns.”

3月6日にエレベーション教会でのライブパフォーマンスが12分の動画としてプレミア公開されると、その再生回数は2100万回(注:元の記事執筆時)を超えた。ピッツバーグにあるアレゲニー・センター・アライアンス教会のアラン・ハンナ副牧師もその視聴者の一人だ。彼はその後、この曲をカバーする最初のオンライン合唱団に関わることになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The 12-minute video of the live performance at Elevation premiered on March 6 and has over 21 million views. One of those early viewers was Alan Hannah, assistant lead pastor at Allegheny Center Alliance Church in Pittsburgh, who helped organize the first virtual choir to cover the song.

以前にも、ナッシュビルのスタジオシンガーが携帯電話で録音した「It is Well With My Soul(邦題:しずけきかわの岸辺を)」のYouTube動画(再生回数130万回超)を見て影響を受けていたハンナは、同じピッツバーグにあるアンプリファイ教会のジェイソン・ハワード牧師と共に、近隣の賛美リーダーに声をかけ、「ザ・ブレッシング」を録音して送るよう呼びかけた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Inspired in part by the Nashville studio singers whose cellphone recordings of “It is Well With My Soul,” garnered 1.3 million views on YouTube, Hannah and fellow Pittsburgh pastor Jason Howard of Amplify Church contacted local worship leaders to participate by recording themselves singing “The Blessing.”

復活祭の日曜日にリリースされた完成版には、30近くの教会が登場した。ハンナは、この動画の狙いについて「一つの教会として集い、不安と恐怖の最中にあるこの町への祝福を歌うことです」と語った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Nearly 30 churches contributed to the final version, which was released on Easter Sunday. The idea was to “come together as a church and sing this song over our city as a blessing in a time of uncertainty and fear,” Hannah said.

ピッツバーグ版「ザ・ブレッシング」(出典:Youtube.com)

この動画は世界的な影響をもたらした。投稿から24時間も経たないうちに、ピッツバーグ版「ザ・ブレッシング」はイギリス・バーミンガムにあるガス・ストリート教会牧師のティム・ヒューズ、レイチェル・ヒューズの目に留まった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Their compilation launched a global trend. Within 24 hours of its premiere, “The Pittsburgh Blessing” caught the attention of Tim and Rachel Hughes, lead pastors at Gas Street Church in Birmingham, England.

ヒューズはイギリスを代表するような教会によるオンライン聖歌隊を作るために、様々な教会や関係団体に連絡を取った。イギリス版「ザ・ブレッシング」は5月3日に公開された。ティム・ヒューズはプレミア・クリスチャニティのインタビューに応え、その過程について「徐々に作品が完成していく様子は、とても美しいものでした」と語った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Hugheses reached out to the churches and ministries in their networks to assemble a virtual choir that would represent the United Kingdom. The UK Blessing premiered on May 3. “It’s been a beautiful thing seeing it come together,” Tim Hughes told Premier Christianity.

インタビューに応えるティム・ヒューズ牧師(出典:Youtube.com)

それ以来、100以上のオンライン聖歌隊がカバー動画を作成し、それぞれの場所に対する神の祝福を宣言してきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Over 100 virtual choirs have since created versions of the song, declaring God’s blessings over cities, countries, and whole continents.

カバー動画が作られたのは次の国だ。(注:元記事が書かれた段階のリスト)
アメリカ、イギリス、オーストラリア、ビルマ、チリ、カナダ、フランス、ガーナ、インド、インドネシア、アイルランド、イタリア、レバノン、マダガスカル、マレーシア、メキシコ、オランダ、ナイジェリア、ルーマニア、スペイン、シンガポール、 南アフリカ、韓国、スウェーデン、ベトナム、ジンバブエ。

ほかにもアラブ圏版「ザ・ブレッシング」では、中東、北アフリカ、アラビア半島、エジプト、南スーダンなど、アラブ語圏16カ国の歌い手が登場している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Beyond the US and England, compilations have been made in Australia, Burma, Chile, Canada, France, Ghana, India, Indonesia, Ireland, Italy, Lebanon, Madagascar, Malaysia, Mexico, the Netherlands, Nigeria, Romania, Spain, Singapore, South Africa, South Korea, Sweden, Vietnam, and Zimbabwe. “The Arab World Blessing” features singers from 16 Arab-speaking countries in the Middle East, North Africa, the Arabian Peninsula, Egypt, and South Sudan.

アラブ圏版「ザ・ブレッシング」(出典:Youtube.com)

このプロジェクトは教会に一つの共通のメッセージにおいて団結する機会を与えた。オーストラリアで「こんなことが起こったのは初めてです」とオンライン聖歌隊の主催者は書いている。動画に登場した教会の数は300にのぼる。オーストラリアの風景や野生生物、食事を詰めるボランティア、ダンサー、そして先住民の人々の映像が組み込まれた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The project has given churches the chance to unite behind a common message. In Australia, “this is the first time this has happened,” the organizers of the choir wrote. Three hundred churches participated in the video, which featured images of the Australian landscape and wildlife, volunteers packing meals, dancers, and First Nations people.

https://youtu.be/OOt7baaVSbE
オーストラリア版「ザ・ブレッシング」(出典:Youtube.com)

ニューヨーク・オンライン聖歌隊の動画では、新型コロナウイルスが猛威を振るった様子や、人種差別や暴力への抗議の様子が映し出された。映像には、ドローンで撮影された野外病院、医師、抗議の光景がニューヨークの有名なシンボルに並んで登場している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In New York City, the virtual choir video acknowledged the city’s role as the epicenter of COVID-19 deaths and also the late-spring protests over racial inequities and violence. The video included drone footage of New York City landmarks juxtaposed with images of field hospitals, doctors, and protesters.

ニューヨーク版「ザ・ブレッシング」(出典:Youtube.com)

またニューヨーク版「ザ・ブレッシング」では、100の教会、125人の歌い手が8つの言語で賛美をしている。クリスチャン・カルチュラルセンターやリディーマー・プレスビテリアン教会など、市内で最も大きな教会も参加している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“NYC Blessing” included 125 singers from 100 churches singing in eight languages, including some of the largest churches in the city, like the Christian Cultural Center and Redeemer Presbyterian.

この動画の呼びかけ人、ボニー・アンドリュース(トランスフォーム・シティーズ教会の創設者)は、インドからニューヨークにやってきてからまだ1年足らずだ。ロックダウンが実施される前、フェリーに乗っていた彼は毎日ニューヨークのために祈っていた。彼はこのプロジェクトを、エレミヤ29章7節のメッセージである街への愛の行為、嘆きと希望の歌だと捉えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The video’s organizer, Bonny Andrews, founder of the ministry Transform Cities, came to the New York City from India less than a year ago. Before the lockdown, he used to pray for the city every day on his ferry ride. He sees the project as an act of love for the city, in the spirit of Jeremiah 29:7, a song of lament and hope.

ニューヨーク版「ザ・ブレッシング」の目標は、それぞれの文化固有の歌で地域に祝福を届けるよう世界中の人々に呼びかける事だ、と彼は語った。
「私たちはインターネットを歌で満たしたいと思っています。説教では届くことの出来ないところに歌には届くことができるからです。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The goal of “NYC Blessing,” Andrews said, is to inspire cities around the globe to sing blessings over their communities using songs that are unique to their cultures. “We want to fill the Internet with song, because a song can go where a sermon cannot,” he said.

「ザ・ブレッシング」の言葉には、困窮する地域社会のための祝福の行為が続いた。ニューヨーク版「ザ・ブレッシング」に関わった教会は、地域の人々に食事を提供し、最前線に立つ医療従事者のためにマスクと個人用保護具を贈った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Accompanying the words of “The Blessing” have been acts of blessing for communities in need. The churches involved in “NYC Blessing” have served meals to community members and secured masks and personal protective equipment for frontline health care workers.

イギリス版「ザ・ブレッシング」に登場したカトリックや正教会からアッセンブリーズ・オブ・ゴッドや英国国教会など65の教会は、新型コロナ・ウイルスによる封鎖が起こって以来、40万食の温かい食事を提供してきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The 65 churches represented in “The UK Blessing”—ranging from Catholic and Orthodox to Assemblies of God and Church of England congregations—have served 400,000 hot meals since the beginning of the COVID-19 lockdown.

「教会は建物では決してありません。教会は地域のために働くものであり、それゆえに地域に順応するべきものです。教会には言葉を地域社会に届けるだけではなく、それを地震の姿で伝える必要があるのです」とヒューズは言った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The church is never about a building. The church is for its community, and so it adapts. The church doesn’t just proclaim these words over its community, it demonstrates it,” Hughes said.

アイルランドの教会はこのアイデアを取り入れ、オンライン聖歌隊を通じてアイルランドらしさを表現している。「Be Thou My Vision(邦題:こころみの世にあれど)」に声を合わせたのは国内各地から集った300を超える教会だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Irish churches took the idea and crafted a virtual choir with the inflection of the Emerald Isle. Over 300 churches from every county provided footage of members singing “Be Thou My Vision.”

アイルランド・オンライン聖歌隊「こころみの世にあれど」(出典:Youtube.com)

動画の説明にはこう書かれている。「私たちはこの運動の発想を尊重しながら、同時に私たちの国のユニークな歴史と文化を尊重したいと思いました。私たちが慣れ親しみ、共有している歌を選んだのはそのためです。この曲は、それぞれの宗派とあらゆる文化背景をもつ人々が、私たちの土地、すべての労働者、そして彼らが奉仕する人々に祝福を歌い知らせるプラットフォームとして用いることのできる曲です。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We wanted to honour that inspiration, whilst at the same time, honouring the unique history and culture of our island. So we chose a song that would resonate across the island, with every denomination and cultural grouping, one that could be used as a platform to sing a Blessing over our land, all our key-workers, and those they are caring for,” organizers wrote in the YouTube description.

賛美歌が人気を呼ぶとき、キリスト教系のラジオで紹介されてから教会での礼拝プログラムに組み込まれるまでに、数か月の時が過ぎることが多い。しかし人気曲のリスト(CCLI調べ)で2位だった「ザ・ブレッシング」は、ユーチューブ動画でカバーされたことでトップに躍り出た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Worship songs are typically a slow burn, taking months to transition from popularity on Christian radio to being incorporated on church set lists. But “The Blessing,” now No. 2 on Christian Copyright Licensing International’s most popular songs list, jumped to the top thanks to the viral YouTube covers. (CT also covered the global appeal of the No. 1 song on the list, “Way Maker.”)

「ザ・ブレッシング」の人気が急速に広がった要因の一つには、つかわれる言葉が比較的易しく、他言語への翻訳も容易なことがある。歌詞は民数記6章の言葉が繰り返されており、コーラス部分は「アーメン」だけ、そして最後にブリッジ部分が3度繰り返される。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The Blessing” was able to spread quickly in so many languages in part because the words are relatively simple and easy to learn or translate. It repeats the passage from Numbers 6 as its only verse with a chorus of amens and three bridges at the end.

「ザ・ブレッシング」の最初の動画が3月に公開されて以来、聖書箇所の検索サイト「バイブル・ゲートウェイ」では民数記6章24–26節の検索数が伸びている。「ザ・ブレッシング」に登場する箇所や、その関連箇所への検索数は、世界平均で73%増加している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Since the initial video of “The Blessing” premiered in March, Bible Gateway has seen growing interest in Numbers 6:24–26. Engagement in the passage and related searches for “blessing” are up 73 percent worldwide over last year.

「世界中のさまざまな人々が家族や教会、国々に祝福を宣言しているのを見て、私は何度も泣きました」「それは、私たちがみな失望、恐怖、そして行先が見えない中で苦しむなかで、多くの平和をもたらしています」とジョーブは語る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I have cried so many times as I’ve watched different people all over the world declaring the blessing over their families, their churches and their nations,” Jobe said. “That brings so much peace, especially in a season of disappointment, uncertainty and fear like we have all been waking through this year.”

5月、エレベーション・ワーシップは舞台の上で、世界の人々と共演することを通じて「ザ・ブレッシング」が世界各地へ広がっていることを紹介した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Back in May, Elevation Worship acknowledged the global appeal of “The Blessing” by performing the song with a live global choir.

エレベーション・ワーシップとグローバル聖歌隊(出典:Youtube.com)

 

執筆:メーガン・フォウラー

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2020/july/blessing-song-virtual-choir-kari-jobe-pittsburgh-uk.html

Share

Related Posts

None found