クリスチャニティー・トゥデイ 教会・教派

【CHRISTIANITY TODAY】牧師が信徒のそばにいない「不在のミニストリー」(対訳)

投稿日:2018年9月24日 更新日:

Print Friendly, PDF & Email

 

電話が鳴ったのは勤務時間を大きく過ぎた時刻だった。子どもたちはすでに寝つき、家は静かだった。誰の電話か分からなかったが、牧師は夜遅くの電話は取るものだということはよく知っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The phone call came in well past my normal office hours. My children were already in bed, and the house was quiet. I didn’t recognize the number, but pastors know from experience that late-night calls should almost always be taken. The voice on the other line was urgent. A distraught mother had discovered that her teenage daughter had become sexually active with her boyfriend.

電話の向こう側の声はせっぱ詰まっていた。10代の娘が恋人と性的関係を持っていたことを知って取り乱した母親の声が「すぐ来てください」と言う。「娘との話し合いの場に牧師にいてもらうことがどうしても必要なほど事態は深刻だ」と言い張る母親の度重なる依頼を丁寧に断り、次の日にまた電話するように言って電話を切った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Will you come over and meet with us?” she asked. “In the morning,” I replied, “I can meet you tomorrow morning.” Dissatisfied, the mother doubled-down on her request, reiterating the severity of her daughter’s revelation and the imperativeness of my presence. “I need you to come tonight,” she pressed. “If you would still like to meet tomorrow, please give me a call,” I responded, and politely ended the call.

「先生、お会いしたいのですが」という言葉を私たち牧会者が聞かない週はまずない。これが私たちの召しそのものだという人も多いだろう。人が必要とする時にその場にいること。悲劇やいさかい、病や心痛のさなかにある人と共にそこにいること。私たちは牧師室で、病院で、食卓で、あるいはお茶を飲みながら、どんな時も、曜日を問わず人と会う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Pastor, I need to meet with you.” For those of us in pastoral ministry, a week seldom passes when those words are not uttered to us. In the opinion of many, this is the central aspect of our calling: to be present when they need us. To be there when tragedy strikes, or conflict erupts, when illness descends, or heartbreak occurs. We meet with them in our offices, at hospitals, around dining room tables, or over coffee. We meet with them at all hours and on any given day.

特に牧会の重荷を分かち合える同労者がおらず、独りで働く牧会者の場合、たとえ休暇中でも邪魔をされ、緊急事態対応のために大至急戻ってこなければならないこともある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Especially for solo pastors who don’t have the luxury of sharing the pastoral load, even vacation time is interruptible as the pastor is forced to rush home in time to deal with a sudden emergency.

こうしたことは多くの牧会者にとって議論の余地なく仕事の一部であり、最初に職に就いた時点で分かっていたことだ。しかし、このような状態は健全といえるだろうか。さらに重要なことは、これは聖書的だろうか。「牧会者は常にその場にいなければならない」という過度な要求は、「イエスの代理となる人にいてほしい」、「その代理を牧会者にしてほしい」と望む〔信徒の〕思いと結びついているのではないか。(次ページに続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
This is an unquestionable part of the job description for many pastors, an aspect of our calling we agreed to when we first signed up for duty. But is it healthy? Or more importantly, is it biblical? I am concerned that these calls for our constant presence are often intimately connected with two inordinate needs that deserve honest questioning: our parishioners’ desire to be in the presence of a surrogate Jesus, and the desire for pastors to be one.

-クリスチャニティー・トゥデイ, 教会・教派
-

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
CHRISTIANITY TODAY

CHRISTIANITY_TODAY

「クリスチャニティー・トゥデイ」(Christianity Today)は、1956年に伝道者ビリー・グラハムと編集長カール・ヘンリーにより創刊された、クリスチャンのための定期刊行物。96年、ウェブサイトが開設されて記事掲載が始められた。雑誌は今、500万以上のクリスチャン指導者に毎月届けられ、オンラインの購読者は1000万に上る。

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.