映画「ザ・スター──はじめてのクリスマス」親子試写会 マリアの声に知念里奈さん

 

2017年のクリスマス・シーズンに全米公開され、全世界興行収入60億円を突破したアニメ映画「ザ・スター──はじめてのクリスマス」のDVDが10月3日から販売される。今月6日にはソニー・ピクチャーズ試写室で、夏休み中の親子を対象とした試写会が開催された。

マリアのもとに聖霊がやって来て、「神の子を身ごもる」と告げるところから話は始まる。そして、この映画のもう一つの主役となるのが動物たちだ。生まれてからずっと粉ひき小屋で育ったロバのボー(ボアズ)は、生きている意味を見いだせないまま日々を過ごしていた。

「いつか外の世界を見てみたい。外に出たら、もっと役に立つロバになるんだ」

その日を夢見ていたある日突然、チャンスが巡ってきた。小屋を脱出して、自由の身になり、マリアと出会ったのだ。

出産のため、ベツレヘムへ向かうヨセフとマリア。そこに、ヘロデ大王から「新しい王を殺せ」と命令されてやって来た2匹の犬(サディアスとルフス)が襲いかかろうとする。それを知ったボーは、動物たちとマリアの後を追う。

主題歌「The Star」をマライア・キャリーが歌うほか、ザラ・ラーソンやペンタトニックスらの歌が彩りを添え、時おりユーモアも織り込みながら場面が進んでいく。子どもから大人まで楽しめる映画だ(86分)。

知念里奈さん(写真:ソニー・ピクチャーズ提供)

マリア役の吹き替えを担当したのは、歌手で女優の知念里奈(ちねん・りな)さん。クリスチャンの知念さんへのインタビューは、いのちのことば社が販売するスペシャル・ギフトパックの特典に掲載されているが、その一部をご紹介する。

──出演が決まった時の気持ちをお聞かせください。

1年の中でも特別で、いちばん好きな日であるクリスマスを題材にしたお話。参加させてもらうご縁と、その巡り合わせが嬉しくて感謝しました。

──マリアは、身重ながらも遠くの地へ旅に出かける、強くたくましい女性。ご自身と似ている部分などはありましたか。

私自身が似ている部分を探すのは畏(おそ)れ多く、難しいですが、この中で描かれているマリアは、若くて、とても明るく、困難も笑顔に変えて生きていく強い女性。聖書を読んで私がイメージしてきたマリアよりも、身近に感じることができました。ちょうど吹き替えの頃、私自身も出産を控えていたので、女性として子どもを守り、強く生きる姿にとても共感しました。

──知念さんのいちばん印象に残っているクリスマスのエピソードを教えてください。

クリスマスは、家族みんなで教会の礼拝に出て賛美歌を歌い、お祝いします。

──印象的だったシーンはありますか。面白かったところ、たいへんだったところなど、見どころを教えてください。

アニメーションの動作や唇の動きに合わせるのに苦労しましたが、スタッフの皆さんのアドバイスのおかげでいろいろ挑戦でき、楽しくやらせていただきました。「私はマリア」とロバのボーに話すシーンがあるのですが、普段はあり得ないロバへの自己紹介というシチュエーションと、改めて「マリアってどんな声をしていたのだろう。私でいいのかな」と思うと、とても難しく感じました。でも、とにかくロバのボーのキャラクターがかわいくて、終始笑顔で取り組むことができました。

──これから鑑賞される皆様へメッセージをお願いします。

ユーモアあふれるストーリーに、ポップで楽しい音楽。その中に大事なクリスマスのメッセージが詰まっています。お子様から大人まで、皆さんで一緒に見てほしい素敵な作品です。今年のクリスマスにぜひご覧ください。

22日の親子試写会は、午前10時から(満席)と午後3時半から(若干の空席あり)の2回。申し込みの上、来場のこと。詳しくはライフクリエイション(03・5341・6927)まで。

ザ・スター──はじめてのクリスマス

映像特典(計約70分※音声解説除く)
・一緒に歌おう・クリスマスの精神を持ち続けよう・声のスターたち・イエスが生まれた世界・Life Is Goodにあわせて・降誕のとき・リリック・ビデオ(5種)・きら星アートのつくり方(3種)

封入特典
・オリジナル・クリスマスカード・セット(3枚)・ぬりえセット(3枚)・クリスマス・メッセージ入りブックレット(8頁)

 

Share

Related Posts

  1. キリスト教美術展2018 教派を超え、信仰を美術に

  2. 【インタビュー】映画「教誨師」 監督・佐向大さん(前編)

  3. 【インタビュー】ジャズ・ピアニスト出口誠さん、美樹子さん夫妻(後編) 出会いはアメイジング・グレイス

  4. 【映画評】 「チベット」という物語の形とゆくえ 『ラモとガベ(原題)』

  5. 晴佐久神父ら「性」をテーマにした無料上映会とトークショー

  6. 【鬼滅のイエス】第三夜 砕かれた「猪の子」は置かれた場所で咲いちゃうぜ MARO

  7. 第45回日本カトリック映画賞 『コンプリシティ 優しい共犯』(近浦啓監督)に決定

  8. 【インタビュー】ジャズ・ピアニスト出口誠さん、美樹子さん夫妻(前編) ニューアルバム「Ave Maria」への思い

  9. 「敬天愛人」は聖書から? 「西郷どんとキリスト教」守部喜雅氏

  10. 【映画評】 『デッド・ドント・ダイ』 ゾンビと永遠のいのち 2020年7月16日

  11. 9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「FEBC」

  12. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(8)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その4

  13. NHK連続テレビ小説「エール」とキリスト教(6) 特高ににらまれていたクリスチャン

  14. NHK連続テレビ小説「エール」のキリスト教考証(2)関内家と双浦環裏話 西原廉太(立教大学文学部長、立教学院副院長、キリスト教学校教育同盟理事長)

  15. 潜伏キリシタンの信心具を調査 長崎県、来年度から全容把握へ

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。