クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】クリスチャンでいるのが困難な国トップ50(後編)

前編を読む)

クリスチャンにとって最も危険な国のうち5つが、「サヘル地帯」にある。サヘルとは、サハラ砂漠とアフリカのサバンナの間に水平に広がる半乾燥放牧地帯と農業地帯を指す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Five of the most violent countries for Christians are located in the Sahel, a horizontal belt of semi-arid grazing areas and farmland located between the Sahara Desert and the African savannah.

サヘル地帯(地図:Felix Koenig)

過激派イスラム反政府グループとテロリストは近年、サヘル地帯で増え広がっている。ムスリムの羊飼いとクリスチャン農民の争いも、結果として暴力に発展する。政府構造が弱体化していると、その危険が高まる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Militant Islamist rebel groups and terrorists have proliferated in the Sahel in recent years. Conflict between Muslim herders and Christian farmers has also resulted in violence. And weakened government structures leave the population vulnerable.

アフリカで最大のクリスチャン人口を誇るナイジェリアにはもう後がない。全体の順位では12位だが、暴力のランクでは、パキスタンに次いで2位、信仰が理由で殺害されるクリスチャンの数では1位だ。オープン・ドアーズは2020年のリストで、殉教したナイジェリア人が1350人いると明かした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Nigeria, where Africa’s largest Christian population has no cheeks left to turn, ranked No. 12 overall but is second behind only Pakistan in terms of violence, and ranks No. 1 in the number of Christians killed for reasons related to their faith. Open Doors tallied 1,350 Nigerian martyrs in its 2020 list.

クリスチャンが殺される国

1 ナイジェリア 1350人
2 中央アフリカ共和国 924人
3 スリランカ 200人
4 コンゴ民主共和国 152人
5 南スーダン 100人
6 ブルキナファソ 50人
7 エジプト 23人
8 パキスタン 20人
9 非公開の国 20人
10 コロンビア 16人

(オープン・ドアーズの調査期間:2018年11月~19年10月)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1. Nigeria: 1,350
2. Central African Republic: 924
3. Sri Lanka: 200
4. Democratic Republic of Congo: 152
5. South Sudan: 100
6. Burkina Faso: 50
7. Egypt: 23
8. Pakistan: 20
9. [name withheld]: 20
10. Colombia: 16
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Open Doors reporting period: November 2018 to October 2019

中央アフリカ共和国(全体では25位)は、クリスチャンに対する暴力では4位(クリスチャンが暴力に直面する国トップ10は前編の最後に掲載)。ブルキナファソ(全体28位)は5位。7位のカメルーン(全体リストに48位で初登場した)と9位のマリ共和国(全体29位)は、3位のエジプト(全体16位)や6位のコロンビア(全体41位)、10位のスリランカ(全体30位)とともにトップ10入りした。サヘル地帯のニジェール(全体50位)も5年ぶりにリスト入りした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Central African Republic (ranked No. 25 overall) ranks fourth in violence against Christians. Burkina Faso (No. 28) ranks fifth. Cameroon (No. 48, its first time on the list) and Mali (No. 29) join Egypt (No. 16), Colombia (No. 41), and Sri Lanka (No. 30) in rounding out the top 10. (Another Sahel country, Niger (No. 50), rejoined the list for the first time in five years.)

スリランカは、昨年の46位から30位へと、16もランクアップしたが、それは、昨年のイースターの同時多発テロ事件により、カトリック教会とプロテスタント教会、そしてホテルで250人を超す死者が出たからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sri Lanka rose 16 spots from No. 46 last year, primarily due to the Easter suicide bombings which killed over 250 people at Catholic and Protestant churches, and hotels.

しかし、この年いちばん大きく劇的に数を増やしたのはブルキナファソで、トップ50圏外(61位)だった昨年より33も順位を上げた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But the year’s largest and most dramatic jump was in Burkina Faso, which jumped 33 slots after not even qualifying for the top 50 last year (it would have been No. 61).

何十ものブルキナファソ人の司祭や牧師が誘拐されたり殺されたりした。また、200以上の教会が閉鎖を強制された。国連は、50万人もの人々が家から強制退去させられたと見積もっている。アフリカ戦略研究センターの報告によると、過激派の襲撃は2017年より4倍になり、暴力による死者が19年には60%増えた。オープン・ドアーズは、その中に50人のクリスチャンを数えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Dozens of Burkinabe priests and pastors have been kidnapped or killed. Over 200 churches have been forced to close. The United Nations estimates 500,000 people have been displaced from their homes. The African Center for Strategic Studies calculates that extremist attacks have quadrupled since 2017, and deaths from violence increased 60 percent in 2019. Open Doors counted 50 Christians among that number.

一方、ナイジェリアでは、過激派イスラム教徒によるフラニ族遊牧民へのやり方が、村の襲撃(国際危機グループによれば、彼らの襲撃はボコ・ハラムの6倍ひどい)から誘拐へと変化したため、サヘル地帯だけでなく世界的なクリスチャンの殺害数を下げることとなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Meanwhile, a transition in Nigeria from village raids to kidnapping by militant Muslim Fulani herdsmen—whose attacks were six times as deadly as Boko Haram’s, according to the International Crisis Group—resulted in an overall decrease in Christians killed in the Sahel, as well as worldwide.

この戦術変更により、世界的な殉教者数は前年の4305人から、2020年の報告では2983人まで減った(「毎年10万人が殉教する」としている他の機関と違って、オープン・ドアーズはより慎重な推定をすることで知られている)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Due to this shift in tactics, worldwide martyrdoms fell to 2,983 in the 2020 report, down from 4,305 the year before. (Open Doors is known for favoring a more conservative estimate than other groups, who often tally martyrdoms at 100,000 a year.)

今年、オープン・ドアーズの報告で新たに加わったジャンルが「クリスチャンの誘拐数」で、世界中で1052人あった。ナイジェリアはそのリストのトップであり、224人。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Abduction of Christians is a new category tracked by Open Doors in this year’s report, with 1,052 tallied worldwide. Nigeria tops the list, with 224.

さらにナイジェリアは、新しく加わったジャンルの「強制結婚」(世界中の630件のうち130件)、「襲われたクリスチャンの家庭数」(3315件のうち1500件)、「略奪されたクリスチャンの店」(1979件のうち1000件)でも首位になった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Nigeria also leads the newly tracked categories of forced marriages (accounting for 130 out of 630 worldwide), attacked Christian homes (1,500 out of 3,315), and looted Christian shops (1,000 out of 1,979).

新たに加わった別のジャンルは、再びアジアに目を向けさせる。

「クリスチャンがレイプやセクシャル・ハラスメントを受ける国」の上位7カ国のうち4カ国が、アラブ半島で移民労働者を受け入れている国だ。サウジアラビア(13位)、カタール(27位)、クウェート(43位)、アラブ首長国連邦(47位)で、ナイジェリアは8位だった。世界では8537件あったとされるが、オープン・ドアーズは「これは氷山の一角にすぎない」と警告する。多くの事件が人目につかない場所で行われ、報告されることもないからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Of the top 7 nations where Christians are raped or sexually harassed, 4 are recipients of migrant workers in the Arabian Peninsula: Saudi Arabia (No. 13), Qatar (No. 27), Kuwait (No. 43), and the United Arab Emirates (No. 47). Nigeria is eighth. Worldwide there were 8,537 recorded cases, but Open Doors warns this tally is just the tip of the iceberg, as many assaults occur in private and are not reported.

インドは、「殴打や殺害予告を含む肉体的・精神的虐待」という新たなジャンルで1位になった。インド半島で過激派ヒンズー至上主義が増加し、世界で1万4645件報告されたうちの1445件を占めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
India ranks first in the new category of physical or mental abuse, which includes beatings and death threats. The continuing rise in the subcontinent of a militant Hindu nationalism contributed to 1,445 of the reported 14,645 cases worldwide.

オープン・ドアーズの二つのジャンルで、中国は違反者のボスだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
China is the chief violator in Open Doors’s other two previously tracked categories.

北京では、無実のクリスチャン1147人が信仰のゆえに投獄されたり拘束されたりしている。世界では合計3711人で、これは去年の3150人より増えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Beijing has jailed or detained without charge 1,147 Christians for faith-related reasons, out of a total of 3,711 worldwide. This number rose from 3,150 last year.

教会が襲撃され、閉鎖された国

1 中国 5576件
2 アンゴラ 2000件
3 ルワンダ 700件
4 ミャンマー 204件
5 ナイジェリア 150件
6 エチオピア 124件
7 ブルンジ共和国 100件
8 マリ共和国 100件
9 パキスタン 58件
10 ブルキナファソ 50件

(オープン・ドアーズの調査期間:2018年11月~19年10月)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1. China: 5,576
2. Angola: 2,000
3. Rwanda: 700
4. Myanmar: 204
5. Nigeria: 150
6. Ethiopia: 124
7. Burundi: 100
8. Mali: 100
9. Pakistan: 58
10. Burkina Faso: 50
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Open Doors reporting period: November 2018 to October 2019

しかし、襲撃され、閉鎖を強制された教会の数は、1847件から9488件へと一気に増加した。このうち中国は5576件を占める。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But attacks and forced closures of churches have skyrocketed from 1,847 to 9,488, with China accounting for 5,576.

アンゴラは2位で2000件、ルワンダは3位で700件(どちらも総合でトップ50には入っていない。アンゴラ68位、ルワンダ71位)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Angola was second with 2,000 and Rwanda was third with 700. (Neither ranks among the top 50 persecution countries; Angola would be No. 68, Rwanda No. 71.)

「いくつかの国家では、先に挙げたような暴力行為を正しく把握することが難しい」とオープン・ドアーズは警告する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Open Doors cautioned that in several nations, the above violations are very difficult to document precisely. In these cases, round numbers are presented, always leaning towards conservative estimates.

ドイツに本部を置き、世界福音同盟(WEA)の後援を受けている国際信教の自由研究所によって、オープン・ドアーズの調査は認定と監査がされている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Its research is certified and audited by the International Institute for Religious Freedom, a World Evangelical Alliance-backed network based in Germany.

オープン・ドアーズは、中東で小さな変化を見つけた。5人のクリスチャンのうち4人が高レベルの迫害を受けているという。これは、シリア(11位)とイラク(15位)でクリスチャン数が減少している主な理由だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In the Middle East, Open Doors noted little change, with 4 of 5 Christians experiencing “high” levels of persecution. The main and continuing trend is the dwindling number of Christians from Syria (No. 11) and Iraq (No. 15).

シリアでは、2011年に内戦が起きた時から75%もクリスチャン人口が減り、2200万人から74万4000人になった。イラクは、2003年の湾岸戦争からクリスチャン人口が87%減り、1500万人から20万2000人になった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Syria has lost 75 percent of its Christian population since the outbreak of civil war in 2011, down to 744,000 last year from an estimated 2.2 million. Iraq has lost 87 percent of its Christian population since the Gulf war in 2003, down to 202,000 last year from an estimated 1.5 million.

オープン・ドアーズは、「世界で最も激しい迫害にあっている宗教がキリスト教だと言える」という。同時に、「世界のムスリム人口と比べる資料がない」とも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Open Doors believes it is reasonable to call Christianity the world’s most severely persecuted religion. At the same time, it notes there is no comparable documentation for the world’s Muslim population.

世界のすべての国が調査員と現場スタッフによって監視されているが、詳細な監視は100カ国に限られ、さらに高いレベルでの迫害(オープン・ドアーズの100ポイント満点の基準で40ポイント以上)が記録されている73カ国には特別な注意が払われている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
All nations of the world are monitored by its researchers and field staff, but in-depth attention is given to 100 nations and special focus on the 73 which record “high” levels of persecution (scores of more than 40 on Open Doors’s 100-point scale).

アビー・アハメド首相

2020年のウォッチ・リストで唯一良い知らせがあるとすれば、それはエチオピア(39位)だ。高レベルの迫害にあっているクリスチャンの世界総計から2500万人減った。宗派間の争いが増えたにもかかわらず、ノーベル賞を受賞した福音派の首相(アビー・アハメド)が平和改革を試みる中で、「アフリカの角」にあるその国は28位から39位へと順位を下げた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The only good news in the 2020 watch list comes from Ethiopia (No. 39), where recent reforms removed 2.5 million from Open Doors’s global total of Christians facing high levels of persecution. Despite increasing sectarian strife as its Nobel Prize-winning evangelical president makes peace and attempts reforms, the Horn of Africa nation declined in rank from No. 28 to No. 39.

オープン・ドアーズはまた、パキスタンのアーシア・ビビ事件を前向きに捉えた。パキスタン最高裁から冒涜(ぼうとく)罪で死刑判決を受けた、5人の子どもを持つクリスチャン女性が、2019年5月にカナダへ移民することを許されたのだ。彼女は9年間、刑務所に入れられていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Open Doors also noted the positive case of Pakistan’s Asia Bibi. In May 2019, the Christian mother of five was allowed to emigrate to Canada after the Supreme Court of Pakistan overturned her death penalty conviction for blasphemy. She had been in prison for nine years.

「迫害に苦しむクリスチャンは統計には記録できません」とオープン・ドアーズは言う。「何百万もの人がこの数字の裏にいるからです。それぞれにそれぞれの物語があります。そこには深い苦しみ、そして同時に勇気と強い信仰があるのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The suffering of persecuted Christians cannot be recorded in statistics,” stated Open Doors. “Millions of people are found behind the numbers. Each one of them has their own story.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“This often includes deep suffering, but also courage and strong faith.”

執筆:ジェイソン・キャスパー

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:
https://www.christianitytoday.com/news/2020/january/top-christian-persecution-open-doors-2020-world-watch-list.html

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.