• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT
  • 【米クリスチャニティ・トゥデイ】クリスチャンでいるのが困難な国トップ50(前編)

【米クリスチャニティ・トゥデイ】クリスチャンでいるのが困難な国トップ50(前編)

 

毎日、世界で8人のクリスチャンが信仰のために殺されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Every day, 8 Christians worldwide are killed because of their faith.

毎週、182の教会やキリスト教系の建物が襲撃されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Every week, 182 churches or Christian buildings are attacked.

毎月、309人のクリスチャンが不当に服役させられている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
And every month, 309 Christians are imprisoned unjustly.

以上は、超教派の宣教団体「オープン・ドアーズ」が毎年集計する、クリスチャンが信仰のゆえに迫害を受けている国トップ50の最新版、2020年版「ワールド・ウォッチ・リスト」(以下WWL)の報告だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
So reports the 2020 World Watch List (WWL), the latest annual accounting from Open Doors of the top 50 countries where Christians are the most persecuted for their faith.

デイビット・カリー氏(「オープン・ドアーズ」のホームページより)

「これは放っておけることではない」と言うのは、米国オープン・ドアーズCEOのデイビッド・カリー氏。1月15日、ワシントンD.C.で行われた2020年版のリスト発表の場でのことだ。「人々が声を上げているのだから、私たちにはその叫びを聞く義務がある」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We cannot let this stand,” said David Curry, president and CEO of Open Doors USA, during the 2020 list’s unveiling in Washington, DC, this morning. “People are speaking out and we have an obligation to hear their cry.”

リストに挙げられた国では、2億6000万人ものクリスチャンがひどい迫害に苦しんでいるが、その数字は昨年の2億4500万人より1500万人増えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The listed nations comprise 260 million Christians suffering high to severe levels of persecution, up from 245 million in last year’s list.

イエスに従うのが厳しい国

1 北朝鮮
2 アフガニスタン
3 ソマリア
4 リビア
5 パキスタン
6 エリトリア
7 スーダン
8 イエメン
9 イラン
10 インド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Where It’s Hardest to Follow Jesus:
1. North Korea
2. Afghanistan
3. Somalia
4. Libya
5. Pakistan
6. Eritrea
7. Sudan
8. Yemen
9. Iran
10. India

トップ50から漏れたメキシコチャド共和国コンゴ民主共和国などの23カ国を加えると、世界では、8人に1人の割合でクリスチャンが迫害を受けていることになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Another 50 million could be added from the 23 nations that fall just outside the top 50—such as Mexico, Chad, and the Democratic Republic of the Congo—for a ratio of 1 in 8 Christians worldwide facing persecution.

昨年は40カ国が「とても高い」レベルの迫害がある国だとされたが、今年その数は45となり、5カ国増ている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Last year, 40 nations scored high enough to register “very high” persecution levels. This year, it reached 45.

オープン・ドアーズは1992年から世界中でクリスチャンへの迫害を監視してきた。このウォッチ・リストができた2002年から、北朝鮮は1位の座を譲っていない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Open Doors has monitored Christian persecution worldwide since 1992. North Korea has ranked No. 1 since 2002, when the watch list began.

2020年版のリストは、18年11月1日から19年10月31日まで、60以上の国々にいるオープン・ドアーズ職員から集めたデータを基にしている。「このリストは、キリスト教迫害に関する、最も広域にわたる草の根データを提供しているが、それ以上に、これは警告を発するものだ」とカリーは言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The 2020 version tracks the time period from November 1, 2018 to October 31, 2019, and is compiled from reports by Open Doors workers in more than 60 countries. The list “provides the most comprehensive grassroots data on Christian persecution,” said Curry. “But it is much more than that. It is sounding an alarm.”

昨年の「クリスチャニティー・トゥデイ」に掲載された迫害国リストの記事「主イエスに従うことが最も難しい上位50カ国」では、インドが初めてトップ10入りし、中国が43位から27位になったことを伝えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Last year, CT noted “Asia Rising” as India entered the top 10 for the first time while China rose from No. 43 to No. 27.

そのトレンドは続いており、アジアのクリスチャンの5人に2人はひどいレベルの迫害にあっている。前期には3人に1人だったのに比べて、この比率は高くなっている。中国の取り締まりは、国の認可を受けた教会にも、地下教会にも行われ、監視体制はさらに厳しくなり、オープン・ドアーズが集計する、迫害に直面するクリスチャンの合計数に1600万人を加えることとなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
That trend continues, as 2 in 5 Asian Christians now face high levels of persecution, up from 1 in 3 the previous reporting period. China’s crackdown on both state-sanctioned and underground churches and its growing surveillance network added 16 million to Open Doors’s tally of Christians facing persecution.

北京の地下教会(写真:Huang Jinhui)

「中国政府はクリスチャン住民に対して不公平な人権犯罪を行い、国から宗教的な感情をぬぐい去ろうとしている」とカリー氏は語る。「それでも、これから紹介する中国人クリスチャンは、私と共にこう証言するだろう。『クリスチャンが直面している迫害、つまり過剰な監視、教会襲撃、そして服役によってさえ、キリスト教を取り除くことは不可能だ』と」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The Chinese government is committing unparalleled human rights crimes against Christian citizens and seeking to wipe religious sentiment from its country,” stated Curry in a press release ahead of today’s event. “Yet, as the Chinese Christians who will join me will testify, the persecution Christians face—including extensive surveillance, raids on churches, and imprisonment—have not succeeded in eliminating Christianity.

「一方、クリスチャンの地下コミュニティーは一体となって、世界の目が中国人の苦境に向くようにと活発に働いている」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Instead, the underground Christian community has banded together and is actively working to call the world’s attention to the plight of the Chinese people. We will join them in that call.”

この発表には、カリー氏と一緒に中国人牧師のジャン・ヅー氏も出席して、こう述べた。「クリスチャンへの迫害は1979年以来、私が見てきた中で最悪です。クリスチャンには世界中に兄弟姉妹がいます。これが政府にとって脅威だと思われているのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
At the DC rollout, Curry was joined by Chinese pastor Jian Zhu. “The persecution of Christians is the worst I have seen since 1979,” he said. “Christians have a worldwide brotherhood, and the government sees this as a threat.”

ロバート・デストロ氏(写真:U.S. Department of State)

この日の発表では、米国国務省の民主主義・人権・労働担当国務次官補であるロバート・デストロ氏が次のように発言した。「宗教に対する迫害はきっぱりとやめるべきです。しかしながら、ご存じのとおり、これは長い期間が必要な命題です」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“It is time for religious persecution to stop once and for all,” said Robert Destro, Assistant Secretary of State in the US State Department’s Bureau of Democracy, Human Rights, and Labor, at today’s rollout. “But as we all know, that is a long-term proposition.”

このWWL(北朝鮮がますます迫害を悪化させるにつれて、どのように1位を続けているかを記録するもの)を毎年発表している目的は、迫害されているクリスチャンに対して、彼らが忘れられていないことを示し、より効果的な怒りを覚えるためだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The point of the annual WWL rankings—which have chronicled how North Korea now has competition as persecution only gets worse and worse, is to aim for more effective anger while showing persecuted believers that they are not forgotten.

今年のトップ10にはあまり変化がなかった。北朝鮮に続くのはアフガニスタン(2位)、ソマリア(3位)、リビア(4位)、パキスタン(5位)、エリトリア(6位)、スーダン(7位)、イエメン(8位)、イラン(9位)、インド(10位)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
This year the top 10 is relatively unchanged. After North Korea is Afghanistan (No. 2), followed by Somalia (No. 3), Libya (No. 4), Pakistan (No. 5), Eritrea (No. 6), Sudan (No. 7), Yemen (No. 8), Iran (No. 9), and India (No. 10).

WWLリスト

オープン・ドアーズは、迫害を6つのジャンルで分類する。個人、家族、教会に対する社会と政府による圧力だ。そして、女性に対しても特別に注意を払っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Open Doors tracks persecution across six categories—including both social and governmental pressure on individuals, families, and congregations—and has a special focus on women.

しかし、暴力のジャンルだけを取り出すと、トップ10の順位は劇的に変化する。そのリストに残るのはパキスタンとインドだけだ。(後編に続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But when violence is isolated as a category, the top 10 persecutors shifts dramatically—only Pakistan and India remain.

クリスチャンが暴力に直面する国トップ10

1 パキスタン
2 ナイジェリア
3 エジプト
4 中央アフリカ共和国
5 ブルキナファソ
6 コロンビア
7 カメルーン
8 インド
9 マリ共和国
10 スリランカ

(オープン・ドアーズの調査期間:2018年11月~19年10月)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Top 10 Countries Where Christians Face the Most Violence:
1. Pakistan
2. Nigeria
3. Egypt
4. Central African Republic
5. Burkina Faso
6. Colombia
7. Cameroon
8. India
9. Mali
10. Sri Lanka
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Open Doors reporting period: November 2018 to October 2019

 

Share

Related Posts

おすすめ