• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT
  • 今回の大統領選における福音派のトランプ支持は前回よりも厚い ―― 「祈り・賛美・愛国心」を掲げた集会で見えてきたもう一つの注目点 (1)

今回の大統領選における福音派のトランプ支持は前回よりも厚い ―― 「祈り・賛美・愛国心」を掲げた集会で見えてきたもう一つの注目点 (1)

ANAHEIM CALIFORNIA, May 25, 2016/shutterstock.com

9月15日、エリック・トランプ氏が登壇するトランプ支持の福音派集会にジョアン・ロバーツさんの姿があった。彼女が政治集会への参加はこれが初めてだ。
ジョアンさんはドナルド・トランプ大統領のために毎日祈りを捧げてきた。これまでずっとオンラインでメッセージを聞いてきたポーラ・ホワイト・ケイン師(テレビ伝道師)やジェンテゼン・フランクリン師など、彼女が信仰の師と仰ぐ人々が「ジョージア州のトランプ集会に来るらしい」と聞いたとき、彼女は遠く離れたアトランタ郊外の会場まで車で1時間かけて参加することにした。彼女は3人の子どもを持つ母親で、病院でマネージャーとして働いており、南部バプテスト連盟の信徒でもある。

「神、家族、銃、トランプ」というスローガンが書かれた明るいピンクのシャツを身に着けた彼女は、周りの雰囲気にもぴったりと溶け込んでいた。
週末に行われたトランプ支持の福音派集会には500人以上が参加し、地元の政治家、開催団体である共和党関係者、さらにはジョージア州のブライアン・ケンプ知事もサプライズで登壇した。集まった参加者にはロバーツさんのような人も多い。退役軍人、現役を引退した夫婦、バイカー、大学生、ホームスクールで子どもを育てる母親など、様々なクリスチャンたちが、自分たちの支持を表明する必要を感じて集まったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eric Trump speaks at an Evangelicals for Trump event on September 15.
Joann Roberts had never been to a political rally before.
She prays for President Donald Trump every day and watches messages from his faith advisers online, including televangelists Paula White-Cain and Jentezen Franklin. When Roberts heard they would be speaking at a campaign event in Georgia, the Southern Baptist mom of three took off from her job as a hospital administrator and made the hour-long drive to a field in the far-flung Atlanta suburbs.
Wearing a neon pink shirt printed with the slogan “God, Family, Guns, and Trump,” she fit right in.
The 500-plus crowd at this week’s Evangelicals for Trump rally included local politicians, GOP organizers, and even an unannounced visit by Georgia Gov. Brian Kemp, but most were people like Roberts. They were veterans, retired couples, bikers, college students, and homeschool moms, all Christians who felt like this year they needed to do something more to show their support.

数名のボランティアが手指消毒剤とマスク(着用必須ではないが、参加者の約4分の1が着けていた)を配布していたが、話を聞くと政治運動に参加するのはこれが初めてだという。彼らはトランプ支持を広げるために家々を訪ねて回ったり、自宅の客室から人々に電話をかけたりして頑張ったよと語り合い、互いの教会や選挙区についての情報を交換し、MAGA(アメリカを再び偉大に、のスローガン)と書かれた互いの持ち物を褒め合っていた。ある女性が着けていた「トランプ2020」と書かれたマスクについて尋ねると、彼女は晴れやかな顔で答えた。「これを買ったのはエース・ハードウェアっていうお店!すごく売れてるのよ!」
ジョージア州のクリスチャンたちが何よりも重要視しているのは、トランプ大統領が「保守派の(最高裁判所)裁判官任命」「宗教の自由擁護」「中絶反対」という公約を貫いたことだ。首にボランティア用のストラップをぶら下げ、赤いチェック柄の服を着たフレッド・エンゲルさんは「彼は本当に約束を守ったんですよ。この68年間、そんな政治家は誰一人として見たことがありません」と語った。
反トランプ派はこの大統領を「口論好きで傲慢(ごうまん)、そして残酷だ」と批判しているが、エンゲルさんのようにトランプ大統領を「家族を大事にする人物だ」と見なす有権者も居る。このジョージア州カミングで行われた集会にも、トランプの3人の子ども(イヴァンカ、ドン・ジュニア、エリック)が登壇し、それぞれ献身的な支持姿勢を見せた。エリック氏が、聖書には「人は常に不完全である」と書いてあり、神に用いられなければならない存在だ、と発言すると、観衆は声を合わせて「アーメン」と応えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Several volunteers distributing hand sanitizer and masks (not required, but around a quarter wore them) said this was their first time working with a political campaign. They traded stories about going door to door for Trump and turning their guest rooms into makeshift call centers. They compared churches and voting districts. They offered compliments over their MAGA gear. “I got it at Ace Hardware,” one woman beamed when asked about her Trump 2020 mask. “They can’t keep them in stock!”
More than anything, these Georgia Christians gushed over what they had seen during Trump’s presidency: a leader who came through on his pledge to appoint conservative justices, defend religious freedom, and oppose abortion. “He really just kept his promises,” said Fred Engel, wearing a red plaid shirt and a volunteer lanyard around his neck. “I don’t remember a single politician in my 68 years who did that.”
While detractors critique the president as divisive, arrogant, and cruel, voters like Engel instead view Trump as a family man, with the devoted support of Ivanka, Don Jr., and Eric, who came out to stump for his father at the Cumming, Georgia, rally. The crowd offered up a collective “amen” when Eric suggested that “in the Bible, it’s always an imperfect person” used by God.

トランプ大統領の次男である同氏はこうも語っている。「私の父が大統領になったのには、なにかの理由があると思います。そこには崇高な存在、天の神が関わっていらっしゃると思います。だからこそ福音派のコミュニティーは彼の支援のために集うのです。」
これまでも福音派白人層はトランプ氏を支持してきたが、今回の選挙は前回とは少し様相が異なっている。トランプ支援イベントで開会の祈祷を行ったチャック・アレン牧師は言う。
「4年前の大統領選で、ほとんどの福音派、少なくとも牧師の多数がトランプに投票したのは、(トランプを支持しているからではなく)ヒラリー・クリントンに反対していたからだと思います。それから4年が経った今、多くの人はドナルド・トランプを支持したうえで投票しようとしています。そこには大きな違いがあります。」
エリック氏の言う(4年前の投票理由に反ヒラリーの流れがあった)ことについては、世論調査からも見て取ることが出来る。(米シンクタンク)ピュー研究所が行った2016年の事前調査では、「トランプに投票する」と答えた福音派白人層の大多数は、その理由として「トランプ候補への支持」ではなく「クリントン候補への反対」を挙げている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I believe my father was put here for a reason,” the younger Trump son said. “It was because of a higher deity and entity, and that’s why the evangelical community has rallied around him.”
Despite the white evangelical turnout for Trump before, it wasn’t quite like this last time.
“I believe most evangelicals—most pastors for certain—four years ago probably voted against Hillary Clinton. Four years later, many if not most are voting for Donald Trump,” said Chuck Allen, a local pastor who prayed to open the event. “That’s a significant difference.”
Polls back him up on the first part. A majority of white evangelicals who planned to vote for Trump in 2016 were driven more by their opposition to Clinton than by the appeal of Trump as a candidate, Pew Research showed.
But now, while Trump’s evangelical opponents are more vocal against the president’s polarizing rhetoric and America First policies, supporters instead say they have reason for more enthusiasm. They cite Trump’s conservative stances in office and the spiritual backing of several evangelical leaders who have had an open door to pray with him at the White House throughout his first term.

これまで国を分断するレトリックを用いながら、アメリカ第一主義を押し進めてきたトランプ大統領に反対する福音派信徒もいる。しかし支持者たちが支持を強めているのには理由がある。そのなかでも度々挙げられる一つは、トランプ大統領が保守的な立場を堅持していること、そしてもう一つは、彼がこの4年間、福音派主義者の指導者たちからの応援を受けながら、ホワイトハウスで祈り会を行ってきたことだ。
トランプは福音派と共に歩むことで大統領の座を得た。福音派がトランプ氏を支持したのは「彼が信仰的な行動を取っているからではなく、この信仰共同体の益となる行動を取っているからです」と社会学者ジェラルド・マルティ氏は分析している。大統領は今年前半、多少の批判を受けることもあったが、福音派白人層の半数以上(59%)は現在も「非常に強く」大統領を支持している。(全体では29%)
トランプ氏の選挙対策チームは、福音派から最大限の支援をうけるべく動いている。これをうけて福音派はアウトリーチを拡大させ、年初めから大統領選挙戦(11月)の口火を切るイベントをマイアミで行い、そこには大統領自身も登壇した。その後も、多くの地域でMAGA(トランプ大統領のスローガン)集会や「祈り、賛美、愛国心」を掲げたイベントが開催されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As sociologist Gerardo Martí wrote, Trump has made inroads with evangelicals “because he engages in actions in support of religiously defined group interests rather than as a result of statements of belief or piety of behavior.” Even with some slips over the first half of the year, more than half of white evangelicals (59%) still “very strongly” approved of the president as of this summer, compared to 29 percent of Americans overall.
The Trump campaign has set out to maximize that support. It amped up its evangelical outreach, beginning with a kickoff event in Miami at the start of the year featuring No. 45 himself and continuing with hundreds of local MAGA meetups and dozens of “prayer, praise, and patriotism” events ahead of the November election.

(2に続く)

 

執筆者:ケイト・シェルナット

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2020/september/evangelicals-for-trump-faith-voters-campaign-rally-georgia.html

Share

Related Posts

おすすめ